アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:LAカフェ

今日はM様から頂戴しました、マニラ夜遊び情報です。

manila-2256321_640

マニラに行ってきたので、情報をフィードバックさせて頂きます。


①マカティ

ブルゴスは基本的には昼間しか行きませんでしたが、全体として寂しい雰囲気でした。

一番北側にある「Wow wow wow」という店は、日曜日は終日ハッピーアワーで、LD120、BF1,500でした。


ドン・ペドロ(注:既に閉店)は定点観測的に時間をずらして覗いたのですが、レベルはいまいちでした。


KTVは、土曜日の夜12時ごろに日本橋亭グループのUPSTAGEに行きましたが、客で一杯で盛り上がっていました。


ちなみに平日は、90分500Pですが、土日は食べ放題の食事付で90分1,000Pです。

DSCN1011


②置屋(CASA)

「オトコの夜遊びガイド」の地図を参考に、日曜日の15時頃、ヒル・プヤット通りの二差路からEに向かって歩きましたが、赤い扉は見つからず、きょろきょろしていたら、おじさんに呼び止められました。


扉が黒く塗られていたので気がつかなかったようです。


名刺をもらって中に入ると、中に10人くらいいましたが、年齢は高めでした。


金額を確認したところ、前と同じと言われたので、試しに2,000Pかと言ったところ、2,500Pだと言われました。

コミッションなしであれば、2,500Pまでは簡単に下がるようです。


その後、Cへ歩いて行きましたが、目標の建物についたものの、人がおらず入れなかったのですが、ようやく外から人が来て中に入れました。


人数は5人、値段は2,500Pとのことでした。

両方とも自力で行くのは無理だと思います。写真が大変参考になりました。


③マラテ

LAカフェは夕方4時頃行ったところ、かなり人数がいました。個人的には、昼間の方が明るくて見やすいので好きです。


日本橋亭グループのHANATABAというKTVに行ったのですが、落ち着いた雰囲気で女性のレベルも高く、気に入りました。


ステージでの生演奏もあるようなので、今度は遅めの時間に行ってみようと思います。料金は90分500Pでした。


ハイアットの前の日本橋亭のあるビルに、YOKOという高級店がオープンすると聞いたので行ってみたのですが、10月中旬までオープン延期でした。

manila-1703413_640

M様、こちらこそいつもありがとうございます。


アジア各地(今年だけで何ケ国目でしたっけ?)を飛び回られて、その精力的な活動ぶりには、ただただ感嘆するばかりです。

Eの赤色扉が黒くなっていたとは、、、ご足労をおかけしました。


LAカフェには私も先週、やはり午後4時前後に行きました。


あまり混雑していない、あのくらいの時間帯が私は好きで、今回は24歳、カビテから週2ペースで来ているという尾根遺産を釣り上げて楽しみました。


日本橋亭グループさん、さすがにキレイどころを揃えているようで。

YOKOは6月までにOPENと聞いていたんですが、延びてたんですね。


今回は磯仁様からいただいた、マニラ/エルミタのローカル・カラオケに関するレポートを。

manila-2791498_640

≪ KIMURA RESUTAURANT&KTV ≫
 
滞在中2日目、3日目と訪問しました。時間は共に夜8時半過ぎ。


場所はLAカフェからダイアモンドホテル方向へ向かって2,3軒先にあります。とても小さな入口(軒先)ですので、注意しないと見逃してしまいます。


ここは事前の下調べで訪れた方の評判が良かったのと、オーナーさんのブログを読んで、事前にここのオーナーさん(在フィリピンの日本人)にメールでいくつか問い合わせたところ、懇切丁寧に教えて下さったので、迷い無く訪問しました。


実はマニラ滞在中に時間を持て余したらどうしようと思い、こちらを考えていたのですが、当方にとってはぴったりでした。


こちらは比人向けのローカル・カラオケです。一階は主にフィリピン人向け、二階は日本人用と思いきや、一階が一杯なら二階にもフィリピン人が多く訪れます。


初日は安全の為ホテルからタクシーで訪問。LAカフェの近くで車が止まると早速人が群がって来ます。タクシーを降りてまっすぐここへ、そこでやっとポン引き達は諦めて踵を返します。


ガードマンに扉を開けてもらうと中から「いらっしゃいませー」の大合唱。中は薄暗く、でも、とても混んでます。迎えてくれた娘に導かれて二階へ。二階はソファ席です(一階はプラスティックのイス席)。


オーナーさんを呼んでもらいごあいさつ。60才を超えた優しい方です。


まずはご一献でビールで乾杯。女の子にショーアップしてもらい、二人選んで席に付いてもらいます。オーナーさんからのリクエストの娘も加わり、結局深夜まで飲んでしまいました。


ここの良いところは飲み物が安いのと、ひとつ注文する度にお客が伝票を確認、サインすることです。たくさん飲んでたくさん食べ、飲ませても、えっ?と言う位の金額で収まります。


帰りは強面の男性スタッフに同乗してもらい、ホテルまでタクシーで帰還です。とても明朗、安心、安全です。


ここが気に入った理由は、何と言っても女の子が擦れていない、この一点に尽きます。


当方、日本やフィリピンにていくつもの比パブ、カラオケに入ったこともありますが、多くの娘は擦れていて、その口のきき方や所作に少なからず不愉快な思いをしたことも多々ありました。

(逆にその中で擦れてない娘に当たった時ほどうれしいことはなかったですが。)


その点でここはお奨めです。ほとんどの娘は地方から出てきて初めての夜のお勤めがここで、話せるのはフィリピン語、またはビサヤ語等地方語、英語のみで日本語を話せる娘はごくごく少々です。

しかも日本語をしゃべる娘も擦れていない。昔フィリピン・パブで純情そうな娘に当たった頃の懐かしい思い出を甦らせてくれるところです。


翌日も訪問。二階は誰もいなかったので、満席だった一階に席を設けてもらい、昨日付いてくれた娘を呼んで飲みます。

回りは比人のグループだらけですが問題ありません。飲んでカラオケ歌って騒いでいるのを見るとこちらも元気になります。


時々後ろのピノイからちょっかい出されましたが、これもご愛嬌かと。また、一階は二階に比べて飲み物等割安でした。


結論として、女の子の連れ出し等一切無い健全なカラオケですが、お奨めです。特に日本人でしたら大歓迎されます。



*2011年の体験談です。

昼過ぎにマラテのハイアット・カジノの横を歩いていたら、前方からモデルっぽい印象のフィリピーナが。スレ違いざまに、日本語で声をかけてきました。


私が今更申すまでもなく、「海外で」「日本語で」話しかけてくる現地人には注意が必要ですよね。

“コイツ、美人局かな?” と警戒したのですが、同時に “面白いブログのネタになるかも?” と考えてしまったんですね。


ブロガーの「職業病」みたいなものでしょうか。


「早く次の記事を書かないと・・・」「次回のネタはどうしよう。。。」この1年、そんな【強迫観念】?に縛られていたように思います。


DSCN0842

↑ この尾根遺産の素性を探ろう! とまずロビンソンでお茶。


日本語がかなり出来るのは、日本人の愛人をしていたからだそうで。


普段は中華料理屋のウエイトレスをしていて、今日は休日。ハイアットで演奏しているバンドに友人がいて、会いに来た」と。


どう見ても未成年ではないし、話の流れでIDも確認したので、とりあえず美人局ではないかな、と。

しかし麻薬とかのセットアップの可能性もあるゾ、なんて思いながら、「職業病」の誘惑に負けてしまいました。


尾根遺産「バンコクで習ったマッサージをしてあげるわ」とか言ってたのに、部屋に入るなり、『さあ、2回戦は出来るでしょ?!』 とベッドに。。。


1回で無事お帰りいただきましたけど。

まぁ、LAカフェで拾ったようなものか、なんて考えてました。

DSCN0844


翌日の午後3時くらい。
またハイアット脇のマビニ通りを歩いていたら、昨日は「中華料理店の週イチの休日」だったはずの尾根遺産がまた立っています。


やっぱりウソかよ!


しかし尾根遺産、私が邪険にしてもずっと後ろをついてきます。


田舎の実家へ帰るのに、タクシー代が無いの!P100助けて、お願い!!」とか言って・・・

すれ違うヒト達の「この2人、何してんの?」みたいな視線がどうにも恥ずかしくて、ポケットを探り始めた私に「P200!!、ねっ?」と追い打ちまで。

あ~あ、何やってんだ、オレ。


おまけ。


同日午後6時過ぎ。タクシーでアドリアティコ通りを南下していたら、日本料理店の前に、「田舎に帰った」はずの尾根遺産が、、、


明らかに日本人狙いのウソツキ女ですので、マニラに行かれる方はご注意下さい。(恥

フィリピンのトピックは他のブログにお任せ状態だったので、先月下旬にマニラの名所【LAカフェ】(画像)が当局のガサ入れで営業停止になったことを、コメントいただくまで知りませんでした。不覚、、、


LAcafe3

私の初LAカフェは2003年のこと。当時はまだ、ファランが客層の主流でした。


フランス人と「ジダンとアンリはどちらが凄い選手か?」なんて語り合ったのが懐かしいです。

徐々に邦人のシェアが高まり、そして数年前からは韓国シェアが圧倒的になっていたと聞きます。


ミス・ユニバーサルにしても2004年あたりから、韓国人の団体がバスを連ねて来るようになり、セブ島は「英語留学」と称して遊び呆けている韓国人の若者で溢れています。


かつての日本人の姿は、ここ数年すっかり韓国人にとって代わられた感があります。


誤解のないようお断りしておきますが、私は決して差別論者ではありませんし、それどころか韓国男性を日本男児も見習うべきだとさえ思っています。


ただエドコンに入り浸りだった頃、娘たちから散々韓国人客の悪評を聞いていたので、それを思い出してしまいました。


殴られて鼻を骨折したとか、ホテルに行ったら大勢待ち構えていてマワされたとか。


何度かGOGO娘たちの住まい(数名で同居していることが多い)にもお邪魔しましたが、彼女たちの話題は当然のことながら、「昨日のお客はこうだった」とかになりますから。


GOGOの娘たちには『拒否権』があって、客の連れ出しに応じなくても良いのです。


だからお客が韓国人とわかるとペイバー(連れ出し)拒否をする娘が続出し、その結果、笑い話のようですが「日本人」を名乗る韓国人までいたのです。


話題を戻しましょう。


前にも書きましたが、ゲイランの道待娘は絶滅の危機に瀕しています。最盛期のゲイランに行かなかったことが、私は未だに残念でなりません。


ソウルの長安洞の床屋・トキバスなども以前の姿を取り戻すことはないでしょう。


無くなってから「行っておけばよかった」なんて後悔しないよう。


あるうちに 一度は行けよ 世界遺産

そもそも私がアジア尾根遺産にハマったきっかけは、マニラ訪問でした。一時はまるで熱病に罹ったかの如く行きましたねぇ。


manila-1703413_640

ピークは2003年。普通の週休2日サラリーマンにもかかわらず、年間17回の訪比。


金曜夜に成田を発ち、日曜朝に現地を発つというハード・スケジュールも何度か。
いやあ~、我ながら完全にビョーキでした。


しかも短い滞在だからと欲張って、1日2回戦、3回戦とかしていたわけで。


フィリピンに関する情報サイトは、タイに次いで多数ありますが、素晴らしいブログを発見しました。


「フィリピン幼稚園」いやあ、スゴイですよ、ここは。

デビューしたてのMyブログですが、いつの日かあんな風に充実させたいものです。


マニラ風俗にもジャンルはありますが、総じた特徴として、ホテルの部屋に連れ帰って遊ぶ形態がほとんどです。そこがマカオやジャカルタと大きく異なります。


マニラの著名な遊び場、エドコン、ブルゴス、LAカフェ、、、みんなテイクアウトです。

1日のうち、昼と夜とで別の娘と遊びたかった私は、日本からバスタオルを1枚持参していたことも。


ハウスキーパーに「もう1度、タオル・チェンジ!」と頼むのが恥ずかしかったんです。


その点、マカオなんて夜総会もサウナも賓館も、いわば「店舗型」ですから、例えば旅行に「連れ」がいても、外で遊びが完結すれば問題ありません。


同じことはジャカルタにも言えます。ローカルな置屋でも別室が用意されています。

しかもトラベルとかマリオボロとかは、ホテルが置屋を併設しているような形式なので、個室が広くてキレイです。


しかもなぜか個室のベッド脇には大きな鏡が!?

ムスリムの方々は、そういうプレイ・スタイルがお好きなんでしょうかねぇ。

DSCN1015

マニラの「店舗型」といえば、パラニャーケにある「エアフォースONE」(画像)。


正確にはエアフォースONEというのは隣のカラオケの店名で、正式名はflight168ですが、タクシーに指示するのに、名前が通っているのでそのままエアフォースONEと私も呼んでいます。


あ、もうひとつ思い出しました。ソープ形式の「ニューマゼラン」。


「フィリピン夜の歩き方」に体験談が載っていたので探しにいきましたが、想像以上にチープな外観だったので遊ばずに帰りました。


考えてみると私などは、中国語やインドネシア語が出来ないわけで、ロングで連れ帰っても朝までコミュニケーションがとれず、もどかしい状況になります。


その点フィリピーナは英語ができるので、風俗の形態も日本人に適していますね。


しかもビジネスライクな中華系と違って、朝まで優しく接してあげると、フィリピーナはすぐに「あなたがスキ、だってやさしいから」となりますしね。



≪Dalawa 様のコメント≫

ども、初めましてm(_ _)m
その「フィリピン幼稚園」から流れてきました。


私はフィリピンとタイにしか行った事がありませんが、アジア各国(と地域?)どこでも遊べるんですね(^_^;)
フィリピン、タイ、シンガポール位しか知りませんでした


シンガポール在住日本人の友人が、夜な夜な現地で情報収集にいそしんでくれているようで、何かっつーと「来い」と言うのですが、いかんせんチェーンスモーカーなもので…タバコのせいで、タイにも行けなくなったし…
一番自分に合った風俗は、タイの日本人向けカラオケなんですけどね…


これからも頑張って下さい。これからもちょくちょく覗かせていただきます。(^_^)


≪管理人の返信≫

Dalawaさん、ご訪問ありがとうございます。面白いお名前ですねぇ~。

マビニ通りを走るジプに乗りこんで、ジモティーの怪訝そうな視線を浴びながら「バヤド、ダラワ」と言っていた日々を懐かしく思い出しました。

私もスモーカーですので、お気持お察しいたします。


≪プゴ 様のコメント≫

初めまして。地球の遊び方から、流れてきました。

記事にあるLAカフェは、先月中頃にステーション5の急襲摘発を受けサラード(閉鎖)しました。
リム新市長が返り咲いて私も泣いた、、、悪名高き?92年以来の風俗取締に、再び着手したようです。

U-18が半分もいたのでは仕方が無いですね。それでなくたって、、、


92年以前は、私のような貧乏人でもマニラ下町の風俗は天国でした。特にチャイナ・タウンは。東南アジアの中華街には、必ずと言っていいほど付き物の商売ですからね。
マニラの中華街にも、架橋好みのチークスを揃えたサウナや裏サウナが何軒もありました。よく中華街の食堂で昼飯を食べ、腹ごなしに裏サウナなどへ寄り涼んだものでした。w


最近ではマニラは素通りで、今はビサヤ・ミンダナオが主ですが、80年代は散財しましたのでマニラと聞くと懐かしいです。

どうか、マイナーなローカル風俗の話題も取り上げて頂けたら嬉しいです。


≪管理人の返信≫

プゴ 様、コメントと最新情報、ありがとうございました。

ハイアットで朝からカシノ三昧していて、流れが悪いときには昼間から尾根遺産のいるLAカフェで気分転換! という手が使えないのですねぇ。


プゴ様は私の知らない時代の、華やかなりしマラテを堪能されていらしたのですね。
羨ましい! 大先輩ですね。


実は次回フィリピンに行く機会があれば、初ミンダナオに挑戦したいと思ってました。

カガヤン・デ・オロとか、まだスレていない原石と出会える可能性があるかと。その際はどうかご教示よろしくお願い申し上げます。


ご期待に沿えるよう、順次マイナーな夜遊び場にも触れていきたいと思いますので、また時々のぞきにいらしてください。

このページのトップヘ