アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:GOGO

最近郊外に移転したというカガヤンデオロの空港。
正式名は Laguindingan International Airport

これで国際空港かよ?

ハートヤイ空港を彷彿させる、小じんまりした風情で、周囲に建物の影も少なく、メーターTAXIも見当たらず。
(後でわかりましたが、空港敷地外に何台かいました。メーターを使ってくれるか不明ですが)


一服しているとすぐに、客引きが寄ってきます。
「City Center までいくらだ?」「600です」
「アンビリーバブル!いらない」「じゃあ500で」
「高い!乗らないよ!」


出口付近に並んでいるクーポンTAXIの看板に「CITY P199」と書いてあるのは確認済みなんだよ、まったく・・・


で、カウンターでP200を払って案内された先にはセダン型のタクシー。すでに先客が3名。
ゥゲッ! 乗合なのかよ・・・


市街地までのアクセス道路は、新設らしく一直線だが、凸凹で乗り心地が悪いあたり、さすがフィリピン・クオリティ(涙

地方都市だからと甘く見ていたが、(夕方だからか)市街地に入るとマニラ以上?の大渋滞。

結局ホテルまで90分間も、狭い後部座席に3名掛け状態。これならP500払って、専有のほうがマシかもしれない・・・

20131230113338aed

ディヴィソリアというのはSt.名ではなく地区名で、直線距離的には、エリア内のホテルから徒歩でも出撃できる程度。(縮尺をご参照)


しかし16軒はあるというKTV&ディスコがどのSt.にあるのかわからない以上、しらみ潰しにすべてのSt.をグルグル回っていると、トータルでは相当な距離を歩く羽目になりました。


上記の地図は、文字通り私の「汗の結晶」です。
マーカー空白地帯も、歩いた結果の空白なのですから。

上のエリアを計4日間探索したのですが、潰れて看板だけの店を含めても、16軒はなかったですね。
数軒は他のエリアなのでしょうか?


ただ、タクシーで直接お店に乗りつけていたら存在に気づけないであろう、
道待娘の発見に成功しました!


地図のマーカー8番のあたり。Rizal St. 沿いの2区画くらい。
1人でポツンと立っていることもあれば、3名で固まっていて、ポン引きが横にいるケースも。


レベルは、道待娘としては悪くない印象。
界隈のKTV、ディスコ(といっても実態はGOGO)のダンサーと遜色はありませんでした。


試しに1度、料金を訊ねたらST1,000 LT1,500 との回答でした。粘れば値切れるかもしれません。


ただし私の宿泊したホテルは、3☆なのにセキュリティが甘く、GOGOから持ち帰って、コトが終わり尾根遺産を帰した際、「帰していいか?」の確認TELがありませんでした。


某ディスコのママさんいわく、「ロングは止めなさい! 盗人が多いんだから」 とのこと。

(つづく)

ひとくちにマニラ風俗と言っても、GOGOもあれば置屋もあり、ベイカフェは健在ですし、日本人向けKTVは数知れず。


そんななか今回は、お馴染み磯仁様の、今度はマニラのMP「STAR FLEET」の体験談です。


フィリピーナの実物画像があったために、FC2では有料記事としましたが、今回は一般公開いたします。


STAR 4

土曜日の午前11時10分に入店しました。

エレベーターで3Fに上がり、最初に真っ直ぐに行った先にあるDELUXEの受付に行くも受付は空で、その前にある娘の待機所にも娘は一人も居りませんでした。


直ぐに寄って来た男性スタッフが、こっちと言って階段を下りて2Fへと案内してくれます。

2Fには既に男性客が5-6人、既に皆さん娘さんを指名したようで、受付で支払中でした。

横に侍る娘さんらは皆スタイルが良く、すらりとした長身でスリム、しかもかなりの美形です。


で、案内された娘さんの待機所には何と一人だけがぽつんと座っておりました。

さすがに容姿は残り物という感じで、悪くは無いのですが、良くもありません。これでは選べません。


するとスタッフが「こっちでちょっと待って」とラウンジへ案内してくれます。

待つこと数分、再び案内されて行くと、中には新たに6-7人の娘さんが座っております。

部屋にはガラスの窓ガラスは無くなっており、代わりにすだれのようなものがそこに垂れ下がっているだけです。以前からの壁の覗き窓はそのまま残っております。

STAR 6

すだれ越しに左の娘から順に眺めていくと、皆、視線に目を合わせて思い思いのアピールをして来ます。

中で優しそうな美人顔の娘さんを指名し、受付にて2,000Pを支払います。この料金には部屋代とマッサージ 90分の代金が含まれているとの説明を受けます。

支払いを終えるとあちらで靴を脱ぐように言われ、サンダル履きになり、娘さんの案内で奥の部屋へと向かいます。靴は預かって貰います。


彼女、年は23才で、3才になる子供がいるそう。マニラ近郊から毎日バスで片道2時間半かけて通っているそうです。

顔は美形で優しそうな顔、肌は白くて小柄です。


STAR 9

まずはシャワーということでお互い服を脱ぎますが、初日ということもあり、とにかく久しぶりのフィリピン娘を抱きたいという気が逸っていたせいで、服を脱ぎ終えた彼女を後ろから軽く抱きしめて前を向かせ、そのままベッドへと押し倒します。

彼女も嫌がらずに受け止めてくれましたのでそのままプレイを続行します。


首筋から胸へと唇を這わせ、彼女の柔らかくて白い肌を堪能します。

胸はやや小振りながらも張りのある形の良い乳房。乳輪、乳首は小さくて淡い薄茶色、とても子供を産んだとは思えない感じです。

お腹も弛みは無く、もちろん子供を産んだとは見えない綺麗さです。

そのまま乳房を揉みながら、もう片方の乳首を含んで口で転がします。


彼女も片手でこちらのモノを握りながら先をこねくり回すようにしてくれ、充分に固くなったところで彼女がスキンを装着してくれて、まずは立ったまま正上位で挿入。

彼女の柔らかい肌に包まれながらゆっくりと前後に動き、彼女のふくよかな体を堪能します。

最後は激しく突いてそのまま満足のフィニッシュです。


STAR 14

終えた後一緒にシャワー、彼女はソープを塗りながら丁寧に背中まで洗ってくれます。

シャワー中に目の前にあるマットを指差して「マットプレイが出来るの?」と聞くと、「少し」とだけ言って素知らぬフリをします。

どうやら一戦終えた後だけに、もうマットはやりたがらないようです。


で、残り時間は再びベッドに移り、うつ伏せになって、アロマオイルを塗りながらのマッサージ。

が、腕はヘタと言うよりただ単にオイルを塗りながら、軽く指先でつまんで押す程度のものでした。しかも30分もしないうちに「終わり」だって。

二戦目のお誘いどころかマッサージもおざなりなもので、且つ90分どころかトータルでも一時間程の早上がりでした。これは残念。


再びシャワーで洗って貰い、着替えて終わりです。

最後にお礼の2,000Pと、ほんの少しの+αを子供にね、と言って渡してお別れです。彼女、にっこりと受け取ってくれました。

確かに美形で肌も白く、体型も小柄ながらもスタイルも良くて綺麗な娘ではありましたが、やはりマット洗いなどのトータルのプレイがあってこそPresidentialの謂れなのかも知れません。


部屋を出て再度靴を脱いだところへ行くと、靴担当のボーイが両足を丁寧にタオルで拭いてくれ、靴下まで穿かせてくれます。

ここで最後にやっと「President」な気分を味わってお店を後にします。


帰り際にPresidentialの娘の一人が駆け寄って、日本語で話しかけて来ました。

流暢な日本語でしたので、元は日本向けのお店に勤めていた娘さんなのかも知れません。

「モーニング」先週発売号から「島耕作」のジャカルタ編が始まりました。


毎号買っているわけではなく、時々マンガ喫茶でまとめ読みするのですが、秋元康に続いて弘兼憲史もジャカルタにフォーカスしたことで、インドネシアへの理解が少しでも深まることに期待します。


長年にわたる「島耕作」シリーズのなかでも、私が一番好きなのはフィリピン編です。「課長 島耕作」10~12巻ですから、1990年頃です。

でも改めて読んでみると、今でも“フィリピンの人々”を理解する入門書として秀逸ではないかと。


republic-of-the-philippines-2077194_640

いくつかのエピソードが並行して描かれますが、例えば


島の仕事仲間、バツイチ子持ちの五十嵐はフィリピン・パブで知り合ったステラに惚れ込み、結婚を決意。

最初は反抗した息子も、日本語が覚束ないステラを家族に迎える気に。


ところが一旦フィリピンに帰ったステラの様子を窺いに、トンドの貧民街に行った島は、ステラに夫も子供もいると知り、愕然。

さらに他社の駐在員(島の隣人)の現地妻も、同じステラだと判明。


五十嵐にどう報告しようか悩む島耕作。

その時、嫉妬に狂ったステラの夫が隣室に押し入って、ステラを射って、島も絶対絶命・・・のところ、瀕死のステラが夫を射殺、そして自分も息絶えます。


エピソードのなかで、五十嵐から毎月5万円の仕送りをもらいながら、それを「初芝電産からの給与」だと夫に説明していたステラ。


その行為を「五十嵐への裏切りだ」と責める島に、ステラはこう言い放ちます。


「持っている者が、持っていない者に分け与えるのは当然でしょ」
「あと1年で家が買えるの! それまで見逃して」
「カトリックだから、離婚はできないの」


息を引き取る間際、ステラの最後の言葉は「本当に五十嵐さんを愛してたのよ」でした。


惚れやすいフィリピーナ
したたかなフィリピーナ
愛あふれるフィリピーナ
たくましいフィリピーナ
家族が何より大事なフィリピーナ


こうした気質が非常にうまくストーリーに取り込まれています。


並行するもうひとつのエピソードは、秘書のローラと島の関係。

あまた登場する島耕作シリーズの「相手役」のなかで、ローラは私が一番好きなキャラです。


屋台で食事しながら、島に説教されて涙するローラ。

やはり食事中に突然停電になり、暗闇でキスしてきたローラ。

印象的なシーンがいくつも。


出会った女性とすぐにハメまくる(笑)島耕作ですが、このローラとは最後までプラトニックなんですよね。


私がアジアの尾根遺産にハマった、その入口がフィリピンだったのは、この島耕作「フィリピン編」の影響もあったと思います。


20160914_191742

現地に少しでも溶け込もうと、レストランではなく、屋台やトロトロで現地飯ばかり食べる島耕作の姿勢は、アジアナイトウォーカーとなって以降の私のスタンスになったり。


同僚のイタズラで島の部屋に送り込まれたGOGOのフィリピーナが、島が手を出さずに帰そうとすると、怒るんですね。

「そういう商売の女性にも、別な種類のプライドがあるんだなぁ」と感心したり。


研修で日本に来たローラが島と、歌舞伎町を歩いていたら、酔客に「いくらでヤラせてくれるんだ」と絡まれるシーンでは、日本人のフィリピン人に対する偏見に、チクチクと居たたまれなくなったり。


ステラの夫に銃を突き付けられたものの、九死に一生を得た島耕作は、その後仕事絡みで恨みを買い、車中でマシンガンの掃射を浴びます。

そこで同僚:樫村は息を引き取り、負傷した島は帰国することに。


それでもマニラを発つ際に、島耕作がつぶやくんですね。

「いろんなことがあった1年だけど、やはりこの国が、人々が好きだ」と。


私も全く一緒ですね。


おカネ関連で、いろいろイタい目に遭わされたことも、現地のルーズさとか理不尽さにキレたことも、多々あります。


それでもフィリピンが、フィリピーナが嫌いになれない私です。


そして今後、どんなジャカルタが描かれるのか期待しています。


≪追記2013/04/01≫

上の記事は火曜日にUPしたものですが、3/28発売号を見てビックリ!!!


まさかジャカルタ編にあのローラが登場するとは・・・・だって、ローラはフィリピーナですよ?!


弘兼先生も、ローラには思い入れがあるんだなぁ~

島耕作の最後の?仕事に、わざわざ絡ませるんだから。


大町久美子と結婚したんだから、ローラとは最後までプラトニックのままでいてほしいんだけど、島耕作にそんなこと、期待するのは無理だろうなあ(苦笑

どうなるんでしょう、今後の展開は。

今回はブログの過去記事ではなく、「地球の遊び方」にかつて投稿したマニラ・マカティ地区の夜遊びレポートです。

DSCN1005

マニラに通い始めた頃に何度か訪れたブルゴスでしたが、数年ぶりに再訪してみました。

懐かしい通りの変遷を感じながら歩いてみようと、新宿ラーメン付近でタクシーを降りました。予想に反して、「変わってないなぁ」という印象でした。


歩き始めて間もなく、かなり美形の尾根遺産が近寄ってきました。

おっ!ベイ・カフェでもなかなか見つからないようなハイレベルです。

年齢は見た感じ22~24歳、以前はこのブルゴス界隈のGOGOで働いていたと。こんな美形が【道待娘】だとは。

言い値はP1,500、近くのラブホなら3時間でP380だそうですが、ホテル代は込みでいい、と。

おいしそうな尾根遺産が割安でいただけるなら、と気持ちがグラつきましたが、目的地が別にあったので後ろ髪を引かれながらバイバイ。


界隈をひとまわりし、ほとんどの店が健在?なことを確認。ひと気の少ないカラヤアン通りで一服していました。(喫煙派の私は、だからマカティが嫌いです。)

ふと見ると、遠くに色っぽい衣装の尾根遺産が数人。どうやらお客の見送りに出てきた様子。男性がタクシーで去ると、建物内に戻っていきました。

 「あれ?あんな所にお店があったっけ?」と行ってみたら、そこはL&Bというホテル。道理で気がつかなかったわけです。入口に派手なネオンもありませんし。


どんな遊び場なのか、探りを入れてみました。扉を開けるとすぐ、さっきの尾根遺産たちが立ち話していました。どうやら韓国系カラオケのようです。

店内にいたママさんに尋ねたら、1時間で個室料金がP400、娘を1名つけるのにP500だと。この他に酒代が必要です。

良心的な邦人向けカラオケより割高ですが、個室に行くということは、何らかのオプションは交渉次第かな、と推測しました。

 「ホテルにテイクアウトは出来るの?」と聞いたらNoとは言わず「それは娘と直接話して。でも閉店する午前3時以降よ。」という回答でした。


この夜はMPドン・ペドロが最終目的だったので、カラオケはパスして退店。

マニラにはまだまだ(私にとって)未知の遊び場もあまた存在するのでしょう。

DSCN1009

≪追記2019≫
もともと私はマカティよりマラテ・エルミタが肌に合ったんですね。おまけにスモーカーなので、マカティを投宿先にすることはごく稀でした。

「オトコの夜遊びガイド」シリーズはご出張者様向けなこともあって、ある意味「仕事だから仕方なく」マカティに調査に赴いていました。

投稿の最後に登場したMPパラシオ・ドン・ペドロにしても、パラニャーケのMPと比較するとレベルの劣化は歴然でしたし。

オトコの夜遊びガイド改訂に関連して、プエルトガレラについてはGOODニュースとBADニュースが。


朗報としては、バタンガスまでのアクセスが改善されたこと。高速道路の全線開通で、これまでの半分、1時間前後で行けるように。


残念なのは、ディスコ(GOGO)が昨年秋に一斉値上げし、バーファインP1,500、尾根遺産にP1,500、総額5割増しになってしまいました。


DSCN0773

マニラ風俗では、エスコートについても収録しました。

(現行版には収録しておりません)

現地携帯でのやりとり(会話&SMS)をするので、多少の英語力が必要になりますが、サイト内の画像には、美形フィリピーナが何人も!


なかにはショートで1万ペソ超の尾根遺産もいて、彼女らは現役モデルだとか。


画像だけでなく、プロフィールも載っていたので一部を紹介します。


Pretty Nursing student, she's 21 years old with a 5ft 5-1/2 inches in height,
light complexion and a very curvy 35-24-35 body figure.
She's hot and want to give a good time. F


Pretty HRM student from one of those well known Universities.
She's 20 years old stands at 5ft 2 inches with a curvy 34-25-34 body figure.
Light complexion. F


末尾のFはP6,000を意味します。EEならP5,500です。アルファベットで、Aから何番目か、ですね。

3サイズがcm表記ではないのが、ちょっとわかりづらいですね。


どうです? ソソられませんか?

このページのトップヘ