アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:風俗

マニラの連れ出し専門置屋(カーサ)は、英会話の覚束ないビギナーが行くと、P4,500から値引きしなくなった、と以前聞きました。

しかし、英語が流暢なベテラン様からは「P3,000でOKでした」という報告もありました。


P4,500以上なら、撮影だけで退散して来よう!
そう考えて臨んだ、今年2月の調査。置屋側の言い値はP3,500でした。


「2年前は、P2,500だったよね?」とトボけると「じゃあP3,000で」と簡単に値引いてくれました。
なので「じゃあ、やっぱり遊んでみるか」と。(苦笑


P4,500の実例?と言い値からして違うのは、英会話のスキルだけではなくて、落ち着きぶりとか立ち振る舞いで、ビギナーかどうか見抜かれているのではないでしょうか。


マニラ夜遊びのベテラン諸氏が「俺は★千ペソだったぞ!」とのたまうのも、そういう理由ではないかと。


manila-1703413_640

私がチョイスした尾根遺産は、子持ちの27歳。

置屋でのキャリアは1ケ月足らずで、これまで2名の中国人を除いて、お客はすべて日本人だったそう。


「日本人はみんな優しい。アラブは怖い!」

某国もマニラの風俗界では評判が悪いですが、アラブ系も「すぐ怒る、殴る」と複数の尾根遺産から聞きますね。


寄せ上げマジックを失った27歳子持ちのオッパイは、見事に垂れていて、しかも巨大な乳輪は真っ黒(涙

戦意が萎えるので、オッパイは見ずに、手さぐりだけで乳首を集中攻撃。


生フェラを固辞して代わり?にDKすると、それまでの薄かったリアクションがウソのように、喘ぎながら盛んに舌を絡めてきます。

そこからは、首筋とか肩を舐めただけでもビビッドに反応してくれて、楽しいこと!!


以前は【攻撃型】だった私も、最近は面倒になって受け身のまま終わることも多いのですが、久しぶりに満足度の高い一戦でした。


帰り際に何度も、彼女が繰り返した言葉は You, very good guy! でした。
こちらこそ、マラミン サラマット。

※元のブログでは有料記事でしたが、情報が古くなったと考え一般公開いたします。

フィリピンでも、訪れる邦人は多くないであろう、地方都市イロイロ


実は2年前に、この街の夜遊び開拓をされたP様から情報を頂いておりました。


ブログ公開せず、私自身が行ってみて、というP様のご要望だったのですが、その後、機会もなく・・・


情報は鮮度が命。

このままではせっかくの夜遊び情報が腐ってしまうので、有料記事としてなら、P様の意向を多少は汲めるかな、と。
(P様、活用できず申し訳ございません)


イロイロ風俗は、摘発でだいぶ下火になったそうですが、それでも2年前の時点で、置屋はショートP1,000、高級置屋でもP1,500、ロングは倍額、だそうです。


philippines-festival-1312613_640

夜遊びと言えば Smallville だと誰もが言うので、最初に行ってみました。


結果はなんというか・・・。


確かにディスコやらバーやら、いわゆるナイトライフなお店がたくさんあるのは間違いないんですけど、まるでお台場みたいな雰囲気なんですよ。


健全な香りがプンプンで、いかがわしい私には眩し過ぎました(笑)


一応、セクシー尾根遺産をお持ち帰りできる店もあるらしいですが、そんなお店を探すこと自体が苦痛になるほど居心地が悪かったです。


すぐに見切りをつけてタクシーをつかまえ「セクシーマッサージを受けられる店、知ってるか?」と聞いたところ、「King Spaという店があるけど、たぶん高いよ」との答え。


とりあえず行って値段を聞いてみたら、マッサージ代P1,900、スペシャルは別料金だそうです。おそらく総額でP3,000超えますね・・・。確かに高い。


「ブンブンしたいなら、レッドハウス(置屋)のほうがいいよ」と運ちゃんが言うので、そのまま置屋を案内してもらいました。


場所は、私が泊まった 88 Plaza Hotel 近辺です。


昔はこの近辺にたくさんの置屋があったらしいのですが、今は数軒しか残っていないそうです。


店構えが普通の民家なので、自力で探すのは難しいですね。怪しげな色のライトが灯っているので、なんとなくはわかりますけど・・・。


それに、それぞれのお店がけっこう離れているので、何軒か周るには結局タクシーに乗らないと厳しいです。


値段は店によって違って、安いところはショートP1,000。高級置屋のホワイトハウス(というレッドハウス(笑))はP1,500でした。チップをP500あげてもSPAより安いですね。ロングは倍額だそうです。


ホワイトハウスでお持ち帰りした尾根遺産に聞いたところ、P1,500中、女の子の取り分はわずかP500。そのかわり、衣食住の面倒をみてくれるんだそうです。


タクシーで行くと店が運転手に紹介料を払わなければいけないので、P1,500以下に値段交渉するのは難しいとのこと。


次に来るときは、途中でタクシーを降りて歩いてきたほうがいいよ、と尾根遺産がアドバイスしてくれました。フランクでいい娘ですよね。


ちなみに18歳のムチムチ嬢です。明日もあの娘と遊ぼうかな(笑)

フィリピンで、夜遊び情報の少ない都市を開拓してみよう!

そう思い立って狙いをつけたのがカガヤンデオロでした。


リサーチした印象は、風俗不毛の地ではないな、と。しかしお店の詳しい所在地がわかりません。


収集できた情報の要点を、原文表記のままでまとめますと、


・カガヤンデオロのKTV, DISCOには全裸ストリップがある。

・1店が込み込みロング1500,残りの店は2000,2500,3500とバラバラな料金

・釣れだし(*原文のまま)料金は16店全店込み込みで、バーファインの店は皆無

・日本人駐在員が利用するショートポリシー(基本2時間と3時間)は3軒

・デビソニア地区の殆どのKTVバーは 通行の多い商店街の雑居ビルにある

こんな程度でした。しかも申し上げにくいのですが、主たる情報源のブログは、わかりづらくて。


そもそもデビソアは誤りで、正しくはディヴィソアDivisoria だし、「釣れだし」みたいな初歩的な誤変換が散見されると、失礼ながら、内容の信憑性も疑わしく感じてしまいます。


「連れ出し料金は全店コミコミで、バーファインの店は皆無」だとして、読者の皆さん、この文章で意味が通じますか?
私は???でしたけど。


念のため、一般的にバーファインとは「営業時間内に、指名嬢を早退させて連れ帰る際の、お店への違約金」ですよね。

実際にカガヤンデオロで何軒も回りましたが、どこでもみな店員・ママさんは「連れ出しする?」の意味で「バーファイン?」と聞いてきましたよ。


言わんとすることはつまり、バーファイン(お店に払う)と嬢への謝礼(普通は連れ出した後に払う)の「合計額をお店に先払いするシステム」という意味でしょう。

実際そのとおりでしたから。 
追加チップは客次第。交通費も客次第。UP TO YOUと説明を受けました。


以下、カガヤンデオロのミニ旅行記です。
「地球の歩き方」でも割愛されている都市ゆえ、カガヤンデオロとはどんな場所なのか、も盛り込んでお届けいたします。

CIMG2740

セブ発カガヤンデオロ行きのセブパシフィックは、小さめのプロペラ・エンジン機。

チェックイン時に体重を計測され、ヘビーな私は家族連れに挟まれて通路寄りの席。


いざ滑走路へ。と、ここでエンジン音が変!

緊急でメンテ要員が駆けつけて来ましたが、直らず。一旦建物内に戻されて、待たされること90分で再搭乗。


もう異音はしないな・・・と安心したのも束の間、「現地が豪雨のため、このまま待機します」ですと(涙


ああ、これでは先が思いやられる。前途多難の予感。。。哀しいかな、こういう時の予感は当たるんですよね。

(つづく)


≪eggman様のコメント≫


いつも貴重な情報有難う御座います。 eggmanと申します。
初めてコメント致します。


私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが、バーファインについて 一言だけ書かせていただきます。

バーファインには、基本的に連れ出し料とSX料が含まれています。
ですから カガヤンデオロのスタイルが本当のスタイルです。

バーファインには、女性の取り分が含まれています。

いつの頃か バーファインと別にチップを請求する様になりました。
これも恐らく日本人が悪いのでしょう。

15年前迄はアンヘレスでもバーファインと帰りのトライシクル代P100で良かったんですけどね。今後も貴重な情報楽しみにしております。


≪管理人の返信≫

eggman様、はじめまして。コメントありがとうございます。


> 私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが


うわぁ! 大ベテラン様じゃありませんか・・・私の2倍!


> いつの頃かバーファインと別にチップを請求する様になりました
> これも恐らく日本人が悪いのでしょう


そうなんですか?・・・私がマニラ・デビューした頃にはすでに今の状況でしたので、それが当然だとばかり思っておりました。


どうか今後とも大所高所からのご指導、よろしくお願い申し上げます。

今日は「アングラ」なセブ島夜遊び情報を。


実は、ビギナー向けとは申せませんが、「セブシティで」「2000P以下で」「しかもロングで」遊ぶことが可能です。
若さではビキニバーに敵いませんが、コスパはなかなかでは? と。


この尾根遺産たちは、路上でお客を待っている道待娘ですが、管理者も横にいます。

言い値2000P でしたが、「高いなぁ」と私が立ち去ったらずっと後をついてきて「ディスカウントOK!」と。


遊ぶ気はハナからなくて、この記事の取材目的だったので、値切り交渉しませんでしたが、1500Pまでは下がるでしょう。

↓ まずは尾根遺産たちの実物動画をご覧ください。


どうですか?10代の頃は結構イケていたろう、と思いますが。

動画内のやりとりでおわかりのように、ショートでもロングでも値段は一緒だそう。


この場所に行くのは、実は2度目で、前回(1年半前)は推定40代の邦人が私のすぐあとに来ていました。

ネットで「三門」=Gate3と呼ばれていた地点です。今も健在であることが確認できました。

では場所の説明です。

20131004133146873

地図の左下、大通りからオールド・カーラ・ロードに折れて、Veco Roadとの分岐点付近に、金属製のフェンスが並んでいます。
そのフェンス前で立ち止まれば、声をかけてくるはずです。


タクシーでの行き方ですが、多くの場合、南側から北上するでしょうから、バニラッド・タウン・センターと伝えれば連れていってくれます。


そのVanilad Town Center の手前(南)、オールド・カーラ・ロード入口の真向かいに、巨大な「ジョリビーJolibee」の看板がありますので目印に。
この看板はガイサノ・カントリー・モールの端に立っています。

北側(A.S.フォーチュナSt.側)から向かう場合は、ガイサノ・カントリー・モールと告げてください。


オールド・カーラ・ロードに入ると雰囲気がガラッと変わります。
繰り返しますが、ビギナー向けではありません!
アングラ風俗ですから、何があっても自己責任ですよ!


もうひとつのチョイスもついでに。


セブシティのウォーターフロント・ホテルにある、カジノの入口とカジノ内にもフリーランサーが出現します。人数は数名ですが、今回再訪時もいました。
(注:空港横のウォーターフロントHには出現しません)


早い時は21時くらいでもいましたが、大体23時以降かと。
内部のスロット・エリアをブラついていると、視線を合わせて微笑んできます。
(一般フィリピーナはそんな態度はとりません)


言い値はST1500~2000Pでしょう。500Pは値切れると思います。

今回はWFR様から頂戴した、タイ&フィリピンという2大メジャーSPOTの近況です。



①チェンマイ

6年ぶりでしたが、ほとんど以前と変わらない風景でした。変わったところといえば、ホテルがすべてWIFI対応になったくらいでしょうか。


昼間はバイクでMPをあちこち回りましたが、質も量もいまいちで実際に入る気分にはなれず、夜はただオープンバーを回って飲み倒し、酔ったら帰って寝るという生活でした。


トゥクトゥクのおじさんを何人か捕まえて、置屋の場所を聞いたのですが、既に無くなってしまったのか、知らないとの回答でした。

のんびりするにはいいですが、遊ぶならバンコクの方が良いかもしれません。

bangkok-2300620_640

②バンコク

昼間は買い物したり、知り合いと会ったりで忙しくしていましたが、夜はソイカウボーイへ。

中はうるさいので外でまったり飲んでいたら、珍しく日本人女性の2人組がいたので、店のシステムなどを教えてあげたりしながら、一緒に飲んでました。


結局、バーでは飲みだけで終了し、テルメーに行ったら、日本人が大量にいたので、目の前にいた相手とさっさと話をつけて引き上げました。

21歳の女子大生でしたが、英語も相当話せ、いい感じでした。


③マニラ

深夜発早朝着のセブパシでバンコクからマニラへ移動。

ベイカフェを定期的に観測するもいまいち。

夜は日系KTVを巡回し、ひたすら知り合いにお布施を配っていました。


日本人女性が経営する店に行ってみたところ、カラオケは無く静かな雰囲気で、総額500Pで飲み放題と良心的な店でした。

そこで会った日本人の居酒屋オーナーから、いろんな面白い話を聞くことができました。

japanese-2358861_640


WFR様、ありがとうございました。


チェンマイのMPって、クオリティが低下したんですかね?それと置屋が無くなった? のは気になります。

トゥクトゥクのおじさん達が言うのだから、間違いはないでしょうし。そうしますとチェンマイの風俗全体が衰退の一途、とも考えられますね。


それからソイカに邦人女性、ですか・・・・Gダイに連載中の【とんぼ】さんみたいなツワモノが、他にもいらっしゃるんですねぇ。


かつてこのブログで【くのいちナイトウォーカー】と紹介したとんぼさん、少し前に久しぶりにお会いしたんですが、私が未開拓なままの台湾取材とかもされて、ご活躍のようで、師匠?としては嬉しい限りです。


ソイカもテルメもそうなんですが、【日本人がうじゃうじゃ】している場所に行くのが、もうイヤなんですよね、私。


もちろんその行為を否定するわけじゃないですよ。私だって、アジア風俗デビューはエドコンですから、最初は誰もが通る道だと。


何と例えたらいいか、、、【恥ずかしさ】の基準が、私のなかで変化した、とでも申しますか。

かつては海外でも“群れている”ことが安心感だったのに、今は逆なんですよね。


このページのトップヘ