アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:置屋

マニラの連れ出し専門置屋(カーサ)は、英会話の覚束ないビギナーが行くと、P4,500から値引きしなくなった、と以前聞きました。

しかし、英語が流暢なベテラン様からは「P3,000でOKでした」という報告もありました。


P4,500以上なら、撮影だけで退散して来よう!
そう考えて臨んだ、今年2月の調査。置屋側の言い値はP3,500でした。


「2年前は、P2,500だったよね?」とトボけると「じゃあP3,000で」と簡単に値引いてくれました。
なので「じゃあ、やっぱり遊んでみるか」と。(苦笑


P4,500の実例?と言い値からして違うのは、英会話のスキルだけではなくて、落ち着きぶりとか立ち振る舞いで、ビギナーかどうか見抜かれているのではないでしょうか。


マニラ夜遊びのベテラン諸氏が「俺は★千ペソだったぞ!」とのたまうのも、そういう理由ではないかと。


manila-1703413_640

私がチョイスした尾根遺産は、子持ちの27歳。

置屋でのキャリアは1ケ月足らずで、これまで2名の中国人を除いて、お客はすべて日本人だったそう。


「日本人はみんな優しい。アラブは怖い!」

某国もマニラの風俗界では評判が悪いですが、アラブ系も「すぐ怒る、殴る」と複数の尾根遺産から聞きますね。


寄せ上げマジックを失った27歳子持ちのオッパイは、見事に垂れていて、しかも巨大な乳輪は真っ黒(涙

戦意が萎えるので、オッパイは見ずに、手さぐりだけで乳首を集中攻撃。


生フェラを固辞して代わり?にDKすると、それまでの薄かったリアクションがウソのように、喘ぎながら盛んに舌を絡めてきます。

そこからは、首筋とか肩を舐めただけでもビビッドに反応してくれて、楽しいこと!!


以前は【攻撃型】だった私も、最近は面倒になって受け身のまま終わることも多いのですが、久しぶりに満足度の高い一戦でした。


帰り際に何度も、彼女が繰り返した言葉は You, very good guy! でした。
こちらこそ、マラミン サラマット。

久しぶりにフィリピン関連のご購入者様体験談を。


まず超ベテランのM様(M様は複数いらっしゃいます)から昨年・今年と頂戴したメールを、編集のうえUPいたします。

CIMG2702


◎2014


マニラ編の情報は殆ど知っていましたが、エルミタのレッドルースターが日本人経営とは知りませんでした。

確かに、このタイプの店では一番、品揃えがいいと思いました。


****が置屋とも知りませんでした。 行きましたよ。
見学にチーママさんが対応してくれました。

女の質は? 
すでに接客している嬢は良かったかも。


LAは確かに、夜はオワってますが、まだ昼は素人のいい娘(売春じゃなく本当に出会いを求めている娘)が紛れていますよ。

昼がお勧めです。 

これからのマニラは素人との擬似恋愛に徹しようと思ってます。


今回は、ケソン、クバオが中心でした。


アジアナイトウォーカーさんの夜遊びガイド本は、確かに初心者には十分だと思います。
あれ以上の情報は危険が少し伴いますからね。


ブルゴスのボトムはトップレスですが、女は白人向けサル顔で?高いし、PlanBの方が日本人向けかな? 高いけど。


ブルゴスの遊び方は、夜1時2時ぐらいにいき、閉店4時までいて、気に入られて2-3人スネークアウトして、韓国焼肉でジンロをがんがん飲ませてから
安くかタダで3P,4Pというのがお勧めかな?


最近のマニラで気になるのが、どこでも子持ち率が95%ぐらいになってきてるような気がします。
そろそろ素人に転換したほうがいいと思ってます。


今回、ペガサス、クラスメイトでスパニッシュ系を連れ出しましたが、最高にきれいでしたが子持ちでした。


クバオのローカルでも、女の質は変わらないのではないかな?と思ったけど、飲み物は安いけどVIP代、やり代で結局はP5,000になるので、この遊び方も高いですね。(クラブより安いけど)


◎2015


エルミタの置屋バー街、あそこの尾根遺産は100%子持ちでしょう。 

ママ曰く、2-3ヶ月以内、ポン引き曰く、1年後に閉鎖、マンションになるらしいです。


アンヘレスのレベルあがってると思いました。(でも、子持ち率が90%)
あとでエドコンにいくと、「やっぱりいいな、高いけど」 と思いました。


今回はアンヘレスのチェリーをターゲットで遊びました。
本人とはホテルOKまで口説いたのに、ママさんストップで、非常に惜しい展開でした。


さすがは経験値豊富なM様、夜遊びの流儀にある種の風格を感じました。

ブルゴスに関しては、WFR様からもこんなレポートを頂戴しております。

マカティのブルゴスに滞在しましたが、新しい店ができて、それなりに盛り上がっていました。


ただしGOGOバーについては、バーファインが高いこともあり、スネークアウトを警戒してか、店側の監視が相当厳しくなっていました。


お姉さんから電話番号を教えてもらえないので、こっそり電話番号を書いた紙を渡したところ、店が終わった後、朝6時前に電話がかかってきて、本当にホテルにやってきたのには驚きました。

本当にホテルに来る、というのは、ベテランWFR様の手管あればこそ、のような気もしますが・・・


私はそのスネークアウト、以前から話は聞いておりますがTRYしたことはありません。朝4時の閉店後、というのが、どうにも。 。 。

※元のブログでは有料記事でしたが、情報が古くなったと考え一般公開いたします。

フィリピンでも、訪れる邦人は多くないであろう、地方都市イロイロ


実は2年前に、この街の夜遊び開拓をされたP様から情報を頂いておりました。


ブログ公開せず、私自身が行ってみて、というP様のご要望だったのですが、その後、機会もなく・・・


情報は鮮度が命。

このままではせっかくの夜遊び情報が腐ってしまうので、有料記事としてなら、P様の意向を多少は汲めるかな、と。
(P様、活用できず申し訳ございません)


イロイロ風俗は、摘発でだいぶ下火になったそうですが、それでも2年前の時点で、置屋はショートP1,000、高級置屋でもP1,500、ロングは倍額、だそうです。


philippines-festival-1312613_640

夜遊びと言えば Smallville だと誰もが言うので、最初に行ってみました。


結果はなんというか・・・。


確かにディスコやらバーやら、いわゆるナイトライフなお店がたくさんあるのは間違いないんですけど、まるでお台場みたいな雰囲気なんですよ。


健全な香りがプンプンで、いかがわしい私には眩し過ぎました(笑)


一応、セクシー尾根遺産をお持ち帰りできる店もあるらしいですが、そんなお店を探すこと自体が苦痛になるほど居心地が悪かったです。


すぐに見切りをつけてタクシーをつかまえ「セクシーマッサージを受けられる店、知ってるか?」と聞いたところ、「King Spaという店があるけど、たぶん高いよ」との答え。


とりあえず行って値段を聞いてみたら、マッサージ代P1,900、スペシャルは別料金だそうです。おそらく総額でP3,000超えますね・・・。確かに高い。


「ブンブンしたいなら、レッドハウス(置屋)のほうがいいよ」と運ちゃんが言うので、そのまま置屋を案内してもらいました。


場所は、私が泊まった 88 Plaza Hotel 近辺です。


昔はこの近辺にたくさんの置屋があったらしいのですが、今は数軒しか残っていないそうです。


店構えが普通の民家なので、自力で探すのは難しいですね。怪しげな色のライトが灯っているので、なんとなくはわかりますけど・・・。


それに、それぞれのお店がけっこう離れているので、何軒か周るには結局タクシーに乗らないと厳しいです。


値段は店によって違って、安いところはショートP1,000。高級置屋のホワイトハウス(というレッドハウス(笑))はP1,500でした。チップをP500あげてもSPAより安いですね。ロングは倍額だそうです。


ホワイトハウスでお持ち帰りした尾根遺産に聞いたところ、P1,500中、女の子の取り分はわずかP500。そのかわり、衣食住の面倒をみてくれるんだそうです。


タクシーで行くと店が運転手に紹介料を払わなければいけないので、P1,500以下に値段交渉するのは難しいとのこと。


次に来るときは、途中でタクシーを降りて歩いてきたほうがいいよ、と尾根遺産がアドバイスしてくれました。フランクでいい娘ですよね。


ちなみに18歳のムチムチ嬢です。明日もあの娘と遊ぼうかな(笑)

今回はWFR様から頂戴した、タイ&フィリピンという2大メジャーSPOTの近況です。



①チェンマイ

6年ぶりでしたが、ほとんど以前と変わらない風景でした。変わったところといえば、ホテルがすべてWIFI対応になったくらいでしょうか。


昼間はバイクでMPをあちこち回りましたが、質も量もいまいちで実際に入る気分にはなれず、夜はただオープンバーを回って飲み倒し、酔ったら帰って寝るという生活でした。


トゥクトゥクのおじさんを何人か捕まえて、置屋の場所を聞いたのですが、既に無くなってしまったのか、知らないとの回答でした。

のんびりするにはいいですが、遊ぶならバンコクの方が良いかもしれません。

bangkok-2300620_640

②バンコク

昼間は買い物したり、知り合いと会ったりで忙しくしていましたが、夜はソイカウボーイへ。

中はうるさいので外でまったり飲んでいたら、珍しく日本人女性の2人組がいたので、店のシステムなどを教えてあげたりしながら、一緒に飲んでました。


結局、バーでは飲みだけで終了し、テルメーに行ったら、日本人が大量にいたので、目の前にいた相手とさっさと話をつけて引き上げました。

21歳の女子大生でしたが、英語も相当話せ、いい感じでした。


③マニラ

深夜発早朝着のセブパシでバンコクからマニラへ移動。

ベイカフェを定期的に観測するもいまいち。

夜は日系KTVを巡回し、ひたすら知り合いにお布施を配っていました。


日本人女性が経営する店に行ってみたところ、カラオケは無く静かな雰囲気で、総額500Pで飲み放題と良心的な店でした。

そこで会った日本人の居酒屋オーナーから、いろんな面白い話を聞くことができました。

japanese-2358861_640


WFR様、ありがとうございました。


チェンマイのMPって、クオリティが低下したんですかね?それと置屋が無くなった? のは気になります。

トゥクトゥクのおじさん達が言うのだから、間違いはないでしょうし。そうしますとチェンマイの風俗全体が衰退の一途、とも考えられますね。


それからソイカに邦人女性、ですか・・・・Gダイに連載中の【とんぼ】さんみたいなツワモノが、他にもいらっしゃるんですねぇ。


かつてこのブログで【くのいちナイトウォーカー】と紹介したとんぼさん、少し前に久しぶりにお会いしたんですが、私が未開拓なままの台湾取材とかもされて、ご活躍のようで、師匠?としては嬉しい限りです。


ソイカもテルメもそうなんですが、【日本人がうじゃうじゃ】している場所に行くのが、もうイヤなんですよね、私。


もちろんその行為を否定するわけじゃないですよ。私だって、アジア風俗デビューはエドコンですから、最初は誰もが通る道だと。


何と例えたらいいか、、、【恥ずかしさ】の基準が、私のなかで変化した、とでも申しますか。

かつては海外でも“群れている”ことが安心感だったのに、今は逆なんですよね。


ひとくちにマニラ風俗と言っても、GOGOもあれば置屋もあり、ベイカフェは健在ですし、日本人向けKTVは数知れず。


そんななか今回は、お馴染み磯仁様の、今度はマニラのMP「STAR FLEET」の体験談です。


フィリピーナの実物画像があったために、FC2では有料記事としましたが、今回は一般公開いたします。


STAR 4

土曜日の午前11時10分に入店しました。

エレベーターで3Fに上がり、最初に真っ直ぐに行った先にあるDELUXEの受付に行くも受付は空で、その前にある娘の待機所にも娘は一人も居りませんでした。


直ぐに寄って来た男性スタッフが、こっちと言って階段を下りて2Fへと案内してくれます。

2Fには既に男性客が5-6人、既に皆さん娘さんを指名したようで、受付で支払中でした。

横に侍る娘さんらは皆スタイルが良く、すらりとした長身でスリム、しかもかなりの美形です。


で、案内された娘さんの待機所には何と一人だけがぽつんと座っておりました。

さすがに容姿は残り物という感じで、悪くは無いのですが、良くもありません。これでは選べません。


するとスタッフが「こっちでちょっと待って」とラウンジへ案内してくれます。

待つこと数分、再び案内されて行くと、中には新たに6-7人の娘さんが座っております。

部屋にはガラスの窓ガラスは無くなっており、代わりにすだれのようなものがそこに垂れ下がっているだけです。以前からの壁の覗き窓はそのまま残っております。

STAR 6

すだれ越しに左の娘から順に眺めていくと、皆、視線に目を合わせて思い思いのアピールをして来ます。

中で優しそうな美人顔の娘さんを指名し、受付にて2,000Pを支払います。この料金には部屋代とマッサージ 90分の代金が含まれているとの説明を受けます。

支払いを終えるとあちらで靴を脱ぐように言われ、サンダル履きになり、娘さんの案内で奥の部屋へと向かいます。靴は預かって貰います。


彼女、年は23才で、3才になる子供がいるそう。マニラ近郊から毎日バスで片道2時間半かけて通っているそうです。

顔は美形で優しそうな顔、肌は白くて小柄です。


STAR 9

まずはシャワーということでお互い服を脱ぎますが、初日ということもあり、とにかく久しぶりのフィリピン娘を抱きたいという気が逸っていたせいで、服を脱ぎ終えた彼女を後ろから軽く抱きしめて前を向かせ、そのままベッドへと押し倒します。

彼女も嫌がらずに受け止めてくれましたのでそのままプレイを続行します。


首筋から胸へと唇を這わせ、彼女の柔らかくて白い肌を堪能します。

胸はやや小振りながらも張りのある形の良い乳房。乳輪、乳首は小さくて淡い薄茶色、とても子供を産んだとは思えない感じです。

お腹も弛みは無く、もちろん子供を産んだとは見えない綺麗さです。

そのまま乳房を揉みながら、もう片方の乳首を含んで口で転がします。


彼女も片手でこちらのモノを握りながら先をこねくり回すようにしてくれ、充分に固くなったところで彼女がスキンを装着してくれて、まずは立ったまま正上位で挿入。

彼女の柔らかい肌に包まれながらゆっくりと前後に動き、彼女のふくよかな体を堪能します。

最後は激しく突いてそのまま満足のフィニッシュです。


STAR 14

終えた後一緒にシャワー、彼女はソープを塗りながら丁寧に背中まで洗ってくれます。

シャワー中に目の前にあるマットを指差して「マットプレイが出来るの?」と聞くと、「少し」とだけ言って素知らぬフリをします。

どうやら一戦終えた後だけに、もうマットはやりたがらないようです。


で、残り時間は再びベッドに移り、うつ伏せになって、アロマオイルを塗りながらのマッサージ。

が、腕はヘタと言うよりただ単にオイルを塗りながら、軽く指先でつまんで押す程度のものでした。しかも30分もしないうちに「終わり」だって。

二戦目のお誘いどころかマッサージもおざなりなもので、且つ90分どころかトータルでも一時間程の早上がりでした。これは残念。


再びシャワーで洗って貰い、着替えて終わりです。

最後にお礼の2,000Pと、ほんの少しの+αを子供にね、と言って渡してお別れです。彼女、にっこりと受け取ってくれました。

確かに美形で肌も白く、体型も小柄ながらもスタイルも良くて綺麗な娘ではありましたが、やはりマット洗いなどのトータルのプレイがあってこそPresidentialの謂れなのかも知れません。


部屋を出て再度靴を脱いだところへ行くと、靴担当のボーイが両足を丁寧にタオルで拭いてくれ、靴下まで穿かせてくれます。

ここで最後にやっと「President」な気分を味わってお店を後にします。


帰り際にPresidentialの娘の一人が駆け寄って、日本語で話しかけて来ました。

流暢な日本語でしたので、元は日本向けのお店に勤めていた娘さんなのかも知れません。

このページのトップヘ