アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:マニラ

今回の磯仁様レポートはアンヘレス。定番のGOGOだけがヌキ処ではないようで。

 

◎ぶらりと立ち寄った店で

午前中にする事も無いのでマッサージでもと思い入店。

マッカーサー・ハイウェイ側からウォーキングストリートに入って、すぐ右手にあるマッサージ屋。店構えからしてまずまずまともだったので。


受付カウンターにはオバサンが一人、横にマッサージ嬢と思しき25才程の娘が一人。

ウェルカムで迎えられ、メニュー表を見ながらオバサンの説明を聞き、取り敢えずボディマッサージ1Hを選択、料金は400ペソでした。

そこにいたマッサージ嬢が担当らしく、すぐに左側のマッサージ室に案内されます。

入りがけにオバサンが「ハッピーになるよ」って???

 

◎隣の客は

部屋はマッサージ台が並んでおり、カーテンで仕切るタイプの狭いスペースでした。

どうやら先客が隣にいるようで、何やら音楽がガンガン鳴っていましたが、その担当のマッサージ嬢とお客が英語で話しているのが丸聞こえです。どうやらファランのようです。


さて、着替えも渡されないので服を脱いでパンツ一丁になっていると娘が登場、うつ伏せから施術を開始します。

ゆっくりと揉んでもらっていると、ふと隣りの会話が止んでしーんとした後、しばらくしてお互いがフフフッと笑っている・・・って何なんだ??と思いながらもマッサージに集中。


歩き疲れていた為か、やっぱりマッサージは気持ち良いな・・と半ば夢うつつの頃、どうやらお隣さんは施術が終わったようで、と同時に音楽も鳴り止みます。

どうやらスマホで音楽を鳴らしていたようです。お隣りがいなくなると途端に静寂に包まれます。

 

◎いきなりの襲来

と、ここで別の尾根遺産が部屋に入ってくるや、担当のマッサージ嬢と何やら話すといきなり、当方のパンツをズリ下げあそこを掴みシゴき始めるじゃないですか!

そして日本語で「ちん☆ん食べる!」だって!


こちらはうつ伏せでしたので何がなんだか・・・するとその娘は「キャハハハー」と雄たけびをあげながら部屋を出て行きましたよ。

今のは一体何だったんだ?と思っていると、マッサージ嬢が「今度は仰向けになって」と。


そう言いながら嬢はそこを指差してさっそくオプションの提示。あらら、真面目なマッサージだと思っていたのに。

受付のオバサンの言った意味が判りました。どうやらここはその手のお店だったようで・・・まあ嫌いじゃないですが。

 angeles-massage

◎値段交渉

さて娘、こちらが「いくらなの?」と聞くとHJで1,000ペソだそう。

「えーっ、高い!」と思わず言って「口ならいくら?」と聞くと、「自分は出来ない」と。

だってさっきちん☆ん食べるっていったじゃない?と返すと娘、「あれは別の娘」と言いながらその娘を呼びだします。


で、やって来た娘、お顔がエロくて真っ赤に塗った口紅がいかにも、という好きそうな顔!そして言い値が何と「3,000ペソ」だって!

高い!


ついでに聞いてみると☆番なら5,000ペソとこれまたビックリ!

「そこらのBARでも2,500ペソで全部出来るよ」と言うも娘は「BARの娘とは違う!」だって。

よって口と本番は却下して、エロい唇の娘には退出して貰います。


で、こちらのマッサージ嬢、「どうする?」と言うので「要らない」と言うも、「もうこんなじゃない!」と先っぽから先走り汁が出ているのを指差します。

うーん、見透かされちゃいました。


そこで再交渉の結果、娘から「マッサージ代込みで1,000ペソオンリー」との提示で了承。先客のファランもこれだったのですね。

 

◎そしてフィニッシュへ

話が決まると早速娘はオイルをそこに塗りたくってシゴき始めます。

ならばとこちらも嬢へのボディタッチを試みますが、嬢も心得ているのか、こちらの腰に近いところにいるのでどうにも触れません。


そうこうしているうちに嬢の手の動きが早くなってあっけなくフィニッシュ。嬢は最後の律動が終わるまでゆっくりと上下動を繰り返してくれます。まあこれはこれで気持ち良かったです。


終えた後はタオルで丁寧に拭ってくれました。これにてマッサージは終了。受付にて1,000ペソ支払ってお店を後にします。

見ると先程のエロ娘の他にもう一人若い娘が。ここに住んでいるのか?娘はパジャマ姿でした。


三人ともちょっとブサイクではありましたが、昼間に抜きたい向きには手頃かとも思います。

薄手のカーテン一枚の仕切りだけで、向こうのお客に気を遣いながらの行為もなんだか淫靡な楽しさを感じるかも知れません。

 

◎管理人の補足

ちん☆ん食べる!はフィリピンでよく耳にするんですが、アレを聞くと私は萎えるんですよねぇ~日本人スレの象徴のように思えて。


他の東南アジア各地の夜遊びスポットで聞いたこと、ないんですがバンコクあたりならあるんでしょうか。

≪mas様のコメント≫
すみません。
 「チンチン食べる!」この言葉をアンヘレスで最初に教えた本人ですw


2010年1月~行くバー全てで日本語で「こんにちは」をこう言うんだ、そしたら日本人は喜ぶからと言いまくりました。


その後、数年間それを言い続けたらあっという間にこの日本語がアンヘレスに広まりました。


ウソのようなほんとの話です。証人は私の友人しかいませんけど。

磯仁様 申し訳ありませんでした。w


≪管理人の返信≫
mas様、コメントありがとうございます。


「チンチン食べる」はもう20世紀の終わり頃にはマニラで広がっていたように思いますが、アンヘでは知られていなかったんですかね。


≪mas様の再コメント≫
そうでしたか。
もしマニラで広がっていたのでしたら私と同じ発想の人がいたんですねw


私は1998年に初めてアンヘレスとマニラ(EDSA)に行きました。
(ちなみにマニラでも日本語は通じませんでした)

アンヘレスは現在のように東洋人は居りませんでした。

バーで見かけることもほとんどありませんでしたね。

欧米人、オーストラリアンばっかり。
懐かしいですね。


≪管理人の返信≫
そうですか、もうアンヘ歴が20年にもなるのですね!


私の初アンヘは2004年でしたが、まだ当時でもアンヘは退役白人が昼間から飲んでいる田舎街、という印象でした。


その頃はLAカフェでもまだ、東洋人は少数派でしたよね。
韓国人が多数、押しかけてくるようになってからマニラの様相も変わったように感じます。

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」の調査で、まらむ様から頂いた情報で訪れたのは、ツーリスト・ベルトにある某マッサージ店。

HJがセットになったパッケージがある、と。

◎潜入

受付でパッケージ料金P1300を支払います。

80分でマッサ+手コキなら、悪くないかと。


「セラピストは実物を見て選べる?」とダメモトで訊いてみたらOKだと。


入店は平日の15時頃。選択肢は3名。いずれも推定20代ですが、容姿は並。

キャリア1年だというフィリピーナ。施術レベルはお世辞にも上手とはいえず。
20160914_191708

旧ブログでも書きましたが、マニラにはマッサージ屋はあまたあれども、施術レベルは大抵、賞賛に値しません。

抜きありのマッサージ屋なら、尚更でしょう。

 

◎メインは

オイル・マッサージがひと通り終わって(全然、疲れがとれた感じはしませんでした)うつ伏せ状態のまま、尾根遺産の手が股間に。


袋のウラをツー、ツッーと爪で刺激してきます。

さらに両手の爪で、尻をスーーーっと撫でます。

気持ちいいというより、くすぐったい!!


次に両の掌でサオを撫で回します。こちらも腰を浮かせ協力します。

キモチよかぁ!


仰向けにされた頃には屹立しきったMyロッド。

ここで尾根遺産、いきなり「抜くならプラスP300よ」ですと?!


「なぜ?受付でパッケージP1300払ったよ!」

「あれはここまでのマッサージの分。

抜くならチップを貰わないと出来ないわ。」


まらむ様からP1600と聞いていたので、こういう意味か、と納得。

しかし、まずまず気持ちいいとはいえども、単純なHJだけではなかなかイけない私。


「脱いでくれる?おっぱい触らせて、お願い!」

「それならP300じゃなくてP1000よ」

「P1000は高いよ!」ととりあえず拒否。


「カワワ ナマン アコ」
(かわいそうでしょ、わたし)

マッサージの間、身の上話を色々聞いたのが却って仇になってしまったか?!値切ってみたものの、頑として譲りません。

 

◎後悔

どうせこのコスパでは、夜遊びガイドのご購入者様にはお勧めできないし、 だったらここで切り上げるのも一手です。


しかし、愚息はとうに臨戦態勢。このままでは生殺し状態だし、その晩はヌく予定もなかったので承諾。


トータルP2300になってしまいました。

半分以上、ドブに捨てた気分。


尾根遺産のテクニックがもう少しあるとか、向こうも感じてくれて、とかあれば満足感も違ったものになるでしょうけれど。


タッチNGでもHJだけでイける自信があればP1600で済むわけで、それならばアリ??


しかし当時およそP1600=¥3600でしたから、インドネシアなら430,000Rpくらい。30$としてベトナム・ドンなら600,000程度。


それでタッチNGのHJのみと考えてしまうと、虚しさだけが残りました。

オトコの夜遊びガイド」は現在11都市をカバーしておりますが、スラバヤとジョグジャカルタの2ケ所は人件費抜きだとしても大赤字なので、今後の改訂は予定しておりません。


マニラも採算的には全く合わないので改訂を躊躇していたのですが、マイルで席が取れたので久々の遠征。

◎回想マカティ

私が足繁くマニラに通い出したのは2003年のこと。

エドコンやブルゴスのGOGOの雰囲気は今も当時とさほど変わりませんが、ブルゴスの入口にあった「新宿ラーメン」がすでに無いのは寂寥感が。


タクシーで「新宿ラーメン」に乗り付けて、腹ごしらえして、さぁ出撃! だったのに。

マカティの高級店「イリュージョン」がクローズしていたのにも寂しさが。
20160914_191905

◎回想エルミタ

エルミタでは Red Rooster がクローズ。あそこで出会った尾根遺産、いい娘でした。

再開発で閉鎖予定、とは聞いていましたが、近隣他店は継続営業しているのに。


02年、初めてマニラでの夜遊びに挑戦。

「夜の歩き方」を片手に最初に向かったのは「マニラ・ランデブー」(LAカフェと同類の店)。


あの当時は海外風俗経験値が少なくて、「暗黒魔界」に踏み込んでしまった!みたいな印象でした。


フィリピン料理が口に合わなくて、ランチは「けん太」か、LAカフェ近くのアラビア料理店でした。


そしてランチ後は涼みを兼ねてLAカフェ。

当時のLAカフェは、韓国人とかいなくて日本人もまだ少数派。

白人のたまり場にお邪魔してる、的な。


尾根遺産たちもガッついてなくて、フランス人とサッカー談義に花を咲かせ、アメリカ人にゴチになったり。


GOGOでは、ロハス大通り沿いにあった「CAOS」にもよく通いました。

馴染みの尾根遺産は、ドリンクやチップもねだってこなくて、気立てのいい娘でした。


置屋はスピーディとかジャプラックを覗いて、最終的に牝馬でテイクアウト。あの尾根遺産も、スレてなくてヨカったっけ。


「お客がつかなかったら仕事後においで」とホテルの部屋番号を教えておくと朝の4時頃に来て、一戦交えて、彼女は眠りに。私は仕方なくTV観るだけ。


私が早朝便で帰国するときには、仕事終了後に見送りに空港にも来て。

◎そして、今

他国の風俗を知った今となってはなぜ、あれほどマニラに惹かれたのか、もっと早くジャカルタに行っていたら、とか考えることも。


でも先日、大河ドラマ「真田丸」のなかで、マニラから戻ってきた側室の「たか」がマハル ナ マハル キタと劇中で話していたのを観て、なんか妙に嬉しくて・・・・


やっぱり私の体内には、すでにもうフィリピンの遺伝子が組み込まれてしまっている?のかも。

今回の体験談は、Y様のマニラPart2

前回はブルゴスのGOGOで、なんとバージンをゲットされましたが、他には?

◎カラオケ置屋

夜8時半頃に、カラオキヤに行きました。

娘は15人ぐらいいて、お客はゼロでした。


前回は、娘は朝までいてくれなかったので、今回は見た目の良さよりも、人懐っこそうな感じの娘を選びました。


娘は26歳で、昔、京都で働いていたこともあり、少し日本語ができました。


娘と飲んだりカラオケして楽しんだ後、Take Outの話をしてOKとなったのでママと相談して、飲み代1,500ペソ、Take Out代3,800ペソとなりました。
DSCN1074

◎持ち帰り

ママにタクシーを呼んでもらい、店の前から娘と一緒にホテルに帰りました。


ホテルに着いてから、別々にシャワーを浴び(一緒に入りたかったのですが、恥ずかしいと断られました)、その後、即1回戦。
フェラは残念ながら、ゴム付きでした。


それが終わってから酒を飲んでいて、娘が寝入った様子だったので、寝ようかと思いましたがムラムラし始めたので、寝込んだ娘の布団に入り、2回戦しちゃいました。

こういうのも、ちょっと燃えますね。


その後、寝て、朝を迎えて、娘とバイバイしました。

今回は朝まで一緒にいてくれたので、良かったです。

◎管理人の補足

Y様、ありがとうございました。

あの店、どうみても繁盛はしてないのに、知る限りでもすでに10数年、彼の地で営業しているんですよね(私の初入店は2003年)。

常連様が支えているんでしょうね、きっと。

今回のマニラ体験談を寄稿下さったY様は、過去にも多数、レポを紹介しておりますが、ジャカルタ「素人釣り」のY様とは別人です。

 

◎GOGO店内

マカティのイリュージョン(*1)で楽しんだ後、ブルゴス通りのGOGOに行きました。何軒か見学した後###(*2)に入りました。

(注1)現在はクローズ

(注2)オトコの夜遊びガイド「マニラ編2015-16」のP24で邦人向けとしている店


娘は20人ぐらいいて、お客も結構入ってました。


娘の一人(20代後半)が猛アタックしてきて、バックスタイルでお尻でアソコを刺激してきて、ノリが良かったのでドリンクをおごってしばらく話しました。


この娘をTake Outしようと思っていましたが、ふとステージを見ると、若くて良さそうな娘がいたので、その娘に変更しました。


その娘は、なんと18歳。

ブルゴス通りは年齢高めと思っていたので意外でした。

 

バーファインはP5,900と言われましたが交渉して結局、P5,000で18歳の娘をホテルに連れて帰りました。

illusion

◎いざ対戦してみたら

時間も遅かったので、早々にことを始めたら、バージンと言われました。


本当?と思いつつ始めたらなかなか入らず、ようやく入ったら、きつくて短時間でいっちゃいました。


抜いたら、シーツに血が付いていて、本当にバージンだったのだなと思いました。


終わった後は、理由をつけて彼女は帰ってしまいましたが、その後、私は余韻に浸りながら、シーツの汚れをシミ抜きでひたすら取っていました。


バージンは初体験だったので貴重な経験をさせてもらいました。

 

◎管理人の感想

Y様、これは羨ましい!と申しますか、ヒキが強すぎますよぉwww


ヤンゴンでかつて斡旋していたバージンは邦貨で数十万円でしたよ。

このページのトップヘ