アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:マッサージ

※元のブログでは有料記事でしたが、情報が古くなったと考え一般公開いたします。

フィリピンでも、訪れる邦人は多くないであろう、地方都市イロイロ


実は2年前に、この街の夜遊び開拓をされたP様から情報を頂いておりました。


ブログ公開せず、私自身が行ってみて、というP様のご要望だったのですが、その後、機会もなく・・・


情報は鮮度が命。

このままではせっかくの夜遊び情報が腐ってしまうので、有料記事としてなら、P様の意向を多少は汲めるかな、と。
(P様、活用できず申し訳ございません)


イロイロ風俗は、摘発でだいぶ下火になったそうですが、それでも2年前の時点で、置屋はショートP1,000、高級置屋でもP1,500、ロングは倍額、だそうです。


philippines-festival-1312613_640

夜遊びと言えば Smallville だと誰もが言うので、最初に行ってみました。


結果はなんというか・・・。


確かにディスコやらバーやら、いわゆるナイトライフなお店がたくさんあるのは間違いないんですけど、まるでお台場みたいな雰囲気なんですよ。


健全な香りがプンプンで、いかがわしい私には眩し過ぎました(笑)


一応、セクシー尾根遺産をお持ち帰りできる店もあるらしいですが、そんなお店を探すこと自体が苦痛になるほど居心地が悪かったです。


すぐに見切りをつけてタクシーをつかまえ「セクシーマッサージを受けられる店、知ってるか?」と聞いたところ、「King Spaという店があるけど、たぶん高いよ」との答え。


とりあえず行って値段を聞いてみたら、マッサージ代P1,900、スペシャルは別料金だそうです。おそらく総額でP3,000超えますね・・・。確かに高い。


「ブンブンしたいなら、レッドハウス(置屋)のほうがいいよ」と運ちゃんが言うので、そのまま置屋を案内してもらいました。


場所は、私が泊まった 88 Plaza Hotel 近辺です。


昔はこの近辺にたくさんの置屋があったらしいのですが、今は数軒しか残っていないそうです。


店構えが普通の民家なので、自力で探すのは難しいですね。怪しげな色のライトが灯っているので、なんとなくはわかりますけど・・・。


それに、それぞれのお店がけっこう離れているので、何軒か周るには結局タクシーに乗らないと厳しいです。


値段は店によって違って、安いところはショートP1,000。高級置屋のホワイトハウス(というレッドハウス(笑))はP1,500でした。チップをP500あげてもSPAより安いですね。ロングは倍額だそうです。


ホワイトハウスでお持ち帰りした尾根遺産に聞いたところ、P1,500中、女の子の取り分はわずかP500。そのかわり、衣食住の面倒をみてくれるんだそうです。


タクシーで行くと店が運転手に紹介料を払わなければいけないので、P1,500以下に値段交渉するのは難しいとのこと。


次に来るときは、途中でタクシーを降りて歩いてきたほうがいいよ、と尾根遺産がアドバイスしてくれました。フランクでいい娘ですよね。


ちなみに18歳のムチムチ嬢です。明日もあの娘と遊ぼうかな(笑)

所用を済ませて、バコロド最終夜(月曜)。
再度ゴールデン・フィールドに出撃。


土曜日と月曜日では、同じBARなのに印象が全然違いました。
アングラ感が薄れ、広々と明るい店内。 なんで???


2軒でショー見物をし終えた23時過ぎ。
「フィールド」中央部の、オープン・スタイルのカフェっぽい場所に、土曜日とは違って、遠目にも若い尾根遺産の姿が。


近寄っていくと、例の日本語を話す女性が手招きします。
腰かけているのは、パッと見で【危険年齢】な小柄の尾根遺産。

bacolod2

正体を暴くべく、飲み物を2人分注文して話してみました。
飲み物はP40~60で、確かにGOGO(P100~200くらい)より割安。


童顔そのものながら、本人申告は24歳?!
昼間はセールス・レディをしていて、夜ここに来るのは週2回だけだ、と。


その手の自己申告は怪しいケースも多いのですが、小1時間しゃべっても辻褄は合っていて、言っていたことは本当のよう。
(ウソつきフィリピーナの場合、往々にして辻褄が合いません)


お持ち帰りはショートP1,500、ロングP2,500、「ママに」先払いだ、と。
GOGOより割安なので納得したのですが・・・


翌日、タクシーで聞いたら「ロングでP1,500が相場」なんだそう。
私はフッかけられたことに (涙

運転手によれば、ママの配下には30名くらいいるようです。


bacolod4

プランタ・ホテルに入ると、「ここは初めて」とキョロキョロ落ち着かない彼女。
物腰や会話の端々に、不慣れさが垣間見えました。


バコロドにホテルの選択肢はそう多くないので、このホテルが初めてということは、経験値も少ないのでしょう。


フィリピーナの24歳ともなれば、オッパイは垂れてきてボディの各所にシワが目立ち始めますよね?

彼女もそうでした。顔は1☆歳でも通用しそうなのに。

一戦を終えて、若干の交通費を渡して、ホテル入口までお見送り。


「今度いつ来てくれるの?」


以前は嬉しかったこのセリフ。


でもアジアナイトウォーカーとなって以降、同じ尾根遺産にリピートするよりも新規開拓が優先なので、そういう点で昔のような【楽しさ】を感じられなくなりました。


別れ際、トライシケルを捕まえて乗り込むその時、おもむろに振り返った彼女が、抱きついてきて路上キス!


かつてなら、後ろ髪を引かれて再訪したかもしれません。
でもアジアナイトウォーカー的に、バコロド再訪は 「なし」 ですね。


相場を教えてくれた、夜遊び好き運ちゃんの情報では、私が釣り上げたゴールデン・フィールド中央部のカフェではなく、その近くにもっと格安な道待娘たちがいるそう。


言い値はショートでP1,000だけど、P700が相場とのこと。
ただし 「泥棒が多いから要注意な!」 と。


他には割高なSPAもあるのだそう。


入会金?がP500、マッサージがなんとP1,400、本番料は交渉で、言い値P1,500、妥結目標P1,000。

SPAなのに、車でコテージ?に移動してヤルらしいです。



≪levin様のコメント≫

アジアナイトウォーカーさん、こんにちわ。

バコロド初めてでしたら、無理もありませんが、ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。

だから、飲み物頼まなくても、若しくは向かいの売店で直接買って持ち込みしても問題なしです。

何かと中間搾取というか、間に入ってマージン取りたがる輩も、彼女にまとわりついてきます。
ふらふらしたヒモもどきやトライの運転手もそうですね。


因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。

ACやwifi付きで快適な部屋だと感じれば、次の昼から入り浸りで1日中居て、3回位やってもP500でokでした。ただ、飯や菓子類は与えますけど。

バコロドに限らず、地方都市のフリーの子なら、ショート500でokです。高くても、700ですね。


≪管理人の返信≫

levin 様、ご教示ありがとうございます。
バコロド、というマイナーな場所なのに、ホントお詳しいですねぇ~


> ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
> あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。


ウゲッ! そうなんですか。
でも私の選んだ尾根遺産、いくら?と聞いたときも自分で答えず、ママ?の方を向いて、ママが答えましたよ。

だから「手配下」という認識だったのですが、違うのですね。


> 因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。


だとすれば、私の払ったP1,500からママもどきがマージン取っても、それでも私は「美味しい客」だったわけですね。
「今度いつ来るの?」と言うはずですね。


私がボラれたのはもう、取り返しはつきませんから、彼の地をこれから訪れる同朋が、私の経験を参考にしてもらえればまぁ、ヨシ としましょう。

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

FC2ブログでは公開しなかった、磯仁様のマニラMPレポート。今回は2013年10月のSTAR FLEETでの一部始終です。
STAR 2

平日の午後1時半に入店しました。階段を降りてまずは3階のPresidential Suiteを覗いて見ます。

すだれの前に立ち中を覗くとソファに娘さんは5-6人程。皆、化粧をしたり携帯を見たりと思い思いの格好で寛いでおりました。

直ぐにボーイがやって来て中に一声掛けると、皆一斉に恰好を正してこちらを向きます。

選べそうな娘は中に一人、ですが他も見たかったので再度4階へと戻ります。階段を上がり奥のDELUXEと向かいます。

前回もいた受付の親切な初老の男性にあいさつし、すだれ越しに覗くと、こちらのソファにもこの時間、娘さんは6人程。

混合玉石なのですが、中で一番手前に座って、にっこりと微笑んで視線を外さない娘に目が止まり、その娘さんを迷うこと無く指名しました。

受付でスタンダードの部屋の料金700Pを支払い、念の為に再度娘さんへの謝礼を尋ねると、やはり前回と変わらず1,200Pと紙に書いて教えて呉れました。
STAR 7

その後奥の部屋へと案内されます。服を脱いでバスタオル一枚になり、ベッドで娘さんを待ちます。放置されること約10分、ノックに続いて娘さんの登場です。

つっかえ棒でドアを閉めてからまずはごあいさつ。歳は23才、やや太目ながら笑顔に愛嬌がある娘さんです。

まずはマッサージです。マッサージはオイルかローションを選択出来ます。

うつ伏せになって足のマッサージ、時々太腿の付け根の奥に手先を伸ばす時にそれに指先が当たります(わざと当てている?)。

次にふくらはぎのマッサージ、この時こちらの足先は彼女の股で挟む格好に。マッサージはお世辞にも上手いとは言えないですが、まあ本番への前技のようなものでしょうか。

足先までマッサージを終えたところで次は背中、肩、ひと通り終えたところで本番のお誘い。もちろんOKすると彼女、さっそく服を脱いで全裸になり、ベッドへ。さあ、プレイ開始です。

仰向けになったこちらへ覆い被さるようにして首筋への軽いキスから左右の乳首舐め、チロチロと下を這わしながら舐め回します。なかなかです。

次に今度は下へと降りて、顔を股間に埋めると、袋の皺をなぞるように舌先で弾くようにしながらチロチロと舐めます。そして袋吸いから竿の根元から竿先へと舐め上げます。

先を咥えるようにしてスキンを被せながら一気に根本までスキンを口で被せていきます。そのままフェラ、お見事です。

充分に固くなったところで彼女、ジェルを塗り付けてから上へ。ゆっくりと腰を沈めながら深く入ったところでゆっくりと腰を動かします。

その腰の動きに任せて、こちらは彼女のやや小振りながら張りのある乳房を揉み上げます。

高まってきたところで彼女の腰の動きも早くなり、そのままフィニッシュ。まあ満足できました。

彼女、終えた後に「GOOD?」と聞いて来たので、こちらも「GOOD!」と答えます。


終えた後、綺麗に拭いて貰ってからバスタオル一枚で奥のシャワーへ。着替えて再度部屋へ戻り、ちょっとお話します。

聞くと今日は最初のお客なのだそう。ここは二交代制で、朝番はAM11:00-PM8:00迄、交代で夜番はPM8:00-AM05:00!までだそう。

でも、夜は泥酔したお客が多くて嫌なので、昼に出勤しているのだそう。お客は一日当たり1,2人程度だそう。

チップは聞いていた1,200Pに、ちょっと少ないかなと思いながら100Pを足して、彼女の番号に擦ってあげてから渡すと彼女も大喜び。チップの額はこれで充分か?と聞くと充分と喜んで呉れました。


一緒に部屋を出て手をつないで廊下を歩き、受付の前でお別れです。彼女、手を振って見送って呉れました。

中のソファには先程の倍のフィリピーナが。ここもやはりタイミングなのでしょうね。


最後は受付の男性がエレベーターの前まで見送ってくれてここを後にしました。まずは満足の行くこのお店、健在でした。

ひとくちにマニラ風俗と言っても、GOGOもあれば置屋もあり、ベイカフェは健在ですし、日本人向けKTVは数知れず。


そんななか今回は、お馴染み磯仁様の、今度はマニラのMP「STAR FLEET」の体験談です。


フィリピーナの実物画像があったために、FC2では有料記事としましたが、今回は一般公開いたします。


STAR 4

土曜日の午前11時10分に入店しました。

エレベーターで3Fに上がり、最初に真っ直ぐに行った先にあるDELUXEの受付に行くも受付は空で、その前にある娘の待機所にも娘は一人も居りませんでした。


直ぐに寄って来た男性スタッフが、こっちと言って階段を下りて2Fへと案内してくれます。

2Fには既に男性客が5-6人、既に皆さん娘さんを指名したようで、受付で支払中でした。

横に侍る娘さんらは皆スタイルが良く、すらりとした長身でスリム、しかもかなりの美形です。


で、案内された娘さんの待機所には何と一人だけがぽつんと座っておりました。

さすがに容姿は残り物という感じで、悪くは無いのですが、良くもありません。これでは選べません。


するとスタッフが「こっちでちょっと待って」とラウンジへ案内してくれます。

待つこと数分、再び案内されて行くと、中には新たに6-7人の娘さんが座っております。

部屋にはガラスの窓ガラスは無くなっており、代わりにすだれのようなものがそこに垂れ下がっているだけです。以前からの壁の覗き窓はそのまま残っております。

STAR 6

すだれ越しに左の娘から順に眺めていくと、皆、視線に目を合わせて思い思いのアピールをして来ます。

中で優しそうな美人顔の娘さんを指名し、受付にて2,000Pを支払います。この料金には部屋代とマッサージ 90分の代金が含まれているとの説明を受けます。

支払いを終えるとあちらで靴を脱ぐように言われ、サンダル履きになり、娘さんの案内で奥の部屋へと向かいます。靴は預かって貰います。


彼女、年は23才で、3才になる子供がいるそう。マニラ近郊から毎日バスで片道2時間半かけて通っているそうです。

顔は美形で優しそうな顔、肌は白くて小柄です。


STAR 9

まずはシャワーということでお互い服を脱ぎますが、初日ということもあり、とにかく久しぶりのフィリピン娘を抱きたいという気が逸っていたせいで、服を脱ぎ終えた彼女を後ろから軽く抱きしめて前を向かせ、そのままベッドへと押し倒します。

彼女も嫌がらずに受け止めてくれましたのでそのままプレイを続行します。


首筋から胸へと唇を這わせ、彼女の柔らかくて白い肌を堪能します。

胸はやや小振りながらも張りのある形の良い乳房。乳輪、乳首は小さくて淡い薄茶色、とても子供を産んだとは思えない感じです。

お腹も弛みは無く、もちろん子供を産んだとは見えない綺麗さです。

そのまま乳房を揉みながら、もう片方の乳首を含んで口で転がします。


彼女も片手でこちらのモノを握りながら先をこねくり回すようにしてくれ、充分に固くなったところで彼女がスキンを装着してくれて、まずは立ったまま正上位で挿入。

彼女の柔らかい肌に包まれながらゆっくりと前後に動き、彼女のふくよかな体を堪能します。

最後は激しく突いてそのまま満足のフィニッシュです。


STAR 14

終えた後一緒にシャワー、彼女はソープを塗りながら丁寧に背中まで洗ってくれます。

シャワー中に目の前にあるマットを指差して「マットプレイが出来るの?」と聞くと、「少し」とだけ言って素知らぬフリをします。

どうやら一戦終えた後だけに、もうマットはやりたがらないようです。


で、残り時間は再びベッドに移り、うつ伏せになって、アロマオイルを塗りながらのマッサージ。

が、腕はヘタと言うよりただ単にオイルを塗りながら、軽く指先でつまんで押す程度のものでした。しかも30分もしないうちに「終わり」だって。

二戦目のお誘いどころかマッサージもおざなりなもので、且つ90分どころかトータルでも一時間程の早上がりでした。これは残念。


再びシャワーで洗って貰い、着替えて終わりです。

最後にお礼の2,000Pと、ほんの少しの+αを子供にね、と言って渡してお別れです。彼女、にっこりと受け取ってくれました。

確かに美形で肌も白く、体型も小柄ながらもスタイルも良くて綺麗な娘ではありましたが、やはりマット洗いなどのトータルのプレイがあってこそPresidentialの謂れなのかも知れません。


部屋を出て再度靴を脱いだところへ行くと、靴担当のボーイが両足を丁寧にタオルで拭いてくれ、靴下まで穿かせてくれます。

ここで最後にやっと「President」な気分を味わってお店を後にします。


帰り際にPresidentialの娘の一人が駆け寄って、日本語で話しかけて来ました。

流暢な日本語でしたので、元は日本向けのお店に勤めていた娘さんなのかも知れません。

このページのトップヘ