アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:マッサージ

今回の磯仁様レポートはアンヘレス。定番のGOGOだけがヌキ処ではないようで。

 

◎ぶらりと立ち寄った店で

午前中にする事も無いのでマッサージでもと思い入店。

マッカーサー・ハイウェイ側からウォーキングストリートに入って、すぐ右手にあるマッサージ屋。店構えからしてまずまずまともだったので。


受付カウンターにはオバサンが一人、横にマッサージ嬢と思しき25才程の娘が一人。

ウェルカムで迎えられ、メニュー表を見ながらオバサンの説明を聞き、取り敢えずボディマッサージ1Hを選択、料金は400ペソでした。

そこにいたマッサージ嬢が担当らしく、すぐに左側のマッサージ室に案内されます。

入りがけにオバサンが「ハッピーになるよ」って???

 

◎隣の客は

部屋はマッサージ台が並んでおり、カーテンで仕切るタイプの狭いスペースでした。

どうやら先客が隣にいるようで、何やら音楽がガンガン鳴っていましたが、その担当のマッサージ嬢とお客が英語で話しているのが丸聞こえです。どうやらファランのようです。


さて、着替えも渡されないので服を脱いでパンツ一丁になっていると娘が登場、うつ伏せから施術を開始します。

ゆっくりと揉んでもらっていると、ふと隣りの会話が止んでしーんとした後、しばらくしてお互いがフフフッと笑っている・・・って何なんだ??と思いながらもマッサージに集中。


歩き疲れていた為か、やっぱりマッサージは気持ち良いな・・と半ば夢うつつの頃、どうやらお隣さんは施術が終わったようで、と同時に音楽も鳴り止みます。

どうやらスマホで音楽を鳴らしていたようです。お隣りがいなくなると途端に静寂に包まれます。

 

◎いきなりの襲来

と、ここで別の尾根遺産が部屋に入ってくるや、担当のマッサージ嬢と何やら話すといきなり、当方のパンツをズリ下げあそこを掴みシゴき始めるじゃないですか!

そして日本語で「ちん☆ん食べる!」だって!


こちらはうつ伏せでしたので何がなんだか・・・するとその娘は「キャハハハー」と雄たけびをあげながら部屋を出て行きましたよ。

今のは一体何だったんだ?と思っていると、マッサージ嬢が「今度は仰向けになって」と。


そう言いながら嬢はそこを指差してさっそくオプションの提示。あらら、真面目なマッサージだと思っていたのに。

受付のオバサンの言った意味が判りました。どうやらここはその手のお店だったようで・・・まあ嫌いじゃないですが。

 angeles-massage

◎値段交渉

さて娘、こちらが「いくらなの?」と聞くとHJで1,000ペソだそう。

「えーっ、高い!」と思わず言って「口ならいくら?」と聞くと、「自分は出来ない」と。

だってさっきちん☆ん食べるっていったじゃない?と返すと娘、「あれは別の娘」と言いながらその娘を呼びだします。


で、やって来た娘、お顔がエロくて真っ赤に塗った口紅がいかにも、という好きそうな顔!そして言い値が何と「3,000ペソ」だって!

高い!


ついでに聞いてみると☆番なら5,000ペソとこれまたビックリ!

「そこらのBARでも2,500ペソで全部出来るよ」と言うも娘は「BARの娘とは違う!」だって。

よって口と本番は却下して、エロい唇の娘には退出して貰います。


で、こちらのマッサージ嬢、「どうする?」と言うので「要らない」と言うも、「もうこんなじゃない!」と先っぽから先走り汁が出ているのを指差します。

うーん、見透かされちゃいました。


そこで再交渉の結果、娘から「マッサージ代込みで1,000ペソオンリー」との提示で了承。先客のファランもこれだったのですね。

 

◎そしてフィニッシュへ

話が決まると早速娘はオイルをそこに塗りたくってシゴき始めます。

ならばとこちらも嬢へのボディタッチを試みますが、嬢も心得ているのか、こちらの腰に近いところにいるのでどうにも触れません。


そうこうしているうちに嬢の手の動きが早くなってあっけなくフィニッシュ。嬢は最後の律動が終わるまでゆっくりと上下動を繰り返してくれます。まあこれはこれで気持ち良かったです。


終えた後はタオルで丁寧に拭ってくれました。これにてマッサージは終了。受付にて1,000ペソ支払ってお店を後にします。

見ると先程のエロ娘の他にもう一人若い娘が。ここに住んでいるのか?娘はパジャマ姿でした。


三人ともちょっとブサイクではありましたが、昼間に抜きたい向きには手頃かとも思います。

薄手のカーテン一枚の仕切りだけで、向こうのお客に気を遣いながらの行為もなんだか淫靡な楽しさを感じるかも知れません。

 

◎管理人の補足

ちん☆ん食べる!はフィリピンでよく耳にするんですが、アレを聞くと私は萎えるんですよねぇ~日本人スレの象徴のように思えて。


他の東南アジア各地の夜遊びスポットで聞いたこと、ないんですがバンコクあたりならあるんでしょうか。

≪mas様のコメント≫
すみません。
 「チンチン食べる!」この言葉をアンヘレスで最初に教えた本人ですw


2010年1月~行くバー全てで日本語で「こんにちは」をこう言うんだ、そしたら日本人は喜ぶからと言いまくりました。


その後、数年間それを言い続けたらあっという間にこの日本語がアンヘレスに広まりました。


ウソのようなほんとの話です。証人は私の友人しかいませんけど。

磯仁様 申し訳ありませんでした。w


≪管理人の返信≫
mas様、コメントありがとうございます。


「チンチン食べる」はもう20世紀の終わり頃にはマニラで広がっていたように思いますが、アンヘでは知られていなかったんですかね。


≪mas様の再コメント≫
そうでしたか。
もしマニラで広がっていたのでしたら私と同じ発想の人がいたんですねw


私は1998年に初めてアンヘレスとマニラ(EDSA)に行きました。
(ちなみにマニラでも日本語は通じませんでした)

アンヘレスは現在のように東洋人は居りませんでした。

バーで見かけることもほとんどありませんでしたね。

欧米人、オーストラリアンばっかり。
懐かしいですね。


≪管理人の返信≫
そうですか、もうアンヘ歴が20年にもなるのですね!


私の初アンヘは2004年でしたが、まだ当時でもアンヘは退役白人が昼間から飲んでいる田舎街、という印象でした。


その頃はLAカフェでもまだ、東洋人は少数派でしたよね。
韓国人が多数、押しかけてくるようになってからマニラの様相も変わったように感じます。

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」の調査で、まらむ様から頂いた情報で訪れたのは、ツーリスト・ベルトにある某マッサージ店。

HJがセットになったパッケージがある、と。

◎潜入

受付でパッケージ料金P1300を支払います。

80分でマッサ+手コキなら、悪くないかと。


「セラピストは実物を見て選べる?」とダメモトで訊いてみたらOKだと。


入店は平日の15時頃。選択肢は3名。いずれも推定20代ですが、容姿は並。

キャリア1年だというフィリピーナ。施術レベルはお世辞にも上手とはいえず。
20160914_191708

旧ブログでも書きましたが、マニラにはマッサージ屋はあまたあれども、施術レベルは大抵、賞賛に値しません。

抜きありのマッサージ屋なら、尚更でしょう。

 

◎メインは

オイル・マッサージがひと通り終わって(全然、疲れがとれた感じはしませんでした)うつ伏せ状態のまま、尾根遺産の手が股間に。


袋のウラをツー、ツッーと爪で刺激してきます。

さらに両手の爪で、尻をスーーーっと撫でます。

気持ちいいというより、くすぐったい!!


次に両の掌でサオを撫で回します。こちらも腰を浮かせ協力します。

キモチよかぁ!


仰向けにされた頃には屹立しきったMyロッド。

ここで尾根遺産、いきなり「抜くならプラスP300よ」ですと?!


「なぜ?受付でパッケージP1300払ったよ!」

「あれはここまでのマッサージの分。

抜くならチップを貰わないと出来ないわ。」


まらむ様からP1600と聞いていたので、こういう意味か、と納得。

しかし、まずまず気持ちいいとはいえども、単純なHJだけではなかなかイけない私。


「脱いでくれる?おっぱい触らせて、お願い!」

「それならP300じゃなくてP1000よ」

「P1000は高いよ!」ととりあえず拒否。


「カワワ ナマン アコ」
(かわいそうでしょ、わたし)

マッサージの間、身の上話を色々聞いたのが却って仇になってしまったか?!値切ってみたものの、頑として譲りません。

 

◎後悔

どうせこのコスパでは、夜遊びガイドのご購入者様にはお勧めできないし、 だったらここで切り上げるのも一手です。


しかし、愚息はとうに臨戦態勢。このままでは生殺し状態だし、その晩はヌく予定もなかったので承諾。


トータルP2300になってしまいました。

半分以上、ドブに捨てた気分。


尾根遺産のテクニックがもう少しあるとか、向こうも感じてくれて、とかあれば満足感も違ったものになるでしょうけれど。


タッチNGでもHJだけでイける自信があればP1600で済むわけで、それならばアリ??


しかし当時およそP1600=¥3600でしたから、インドネシアなら430,000Rpくらい。30$としてベトナム・ドンなら600,000程度。


それでタッチNGのHJのみと考えてしまうと、虚しさだけが残りました。

※元のブログでは有料記事でしたが、情報が古くなったと考え一般公開いたします。

フィリピンでも、訪れる邦人は多くないであろう、地方都市イロイロ


実は2年前に、この街の夜遊び開拓をされたP様から情報を頂いておりました。


ブログ公開せず、私自身が行ってみて、というP様のご要望だったのですが、その後、機会もなく・・・


情報は鮮度が命。

このままではせっかくの夜遊び情報が腐ってしまうので、有料記事としてなら、P様の意向を多少は汲めるかな、と。
(P様、活用できず申し訳ございません)


イロイロ風俗は、摘発でだいぶ下火になったそうですが、それでも2年前の時点で、置屋はショートP1,000、高級置屋でもP1,500、ロングは倍額、だそうです。


philippines-festival-1312613_640

夜遊びと言えば Smallville だと誰もが言うので、最初に行ってみました。


結果はなんというか・・・。


確かにディスコやらバーやら、いわゆるナイトライフなお店がたくさんあるのは間違いないんですけど、まるでお台場みたいな雰囲気なんですよ。


健全な香りがプンプンで、いかがわしい私には眩し過ぎました(笑)


一応、セクシー尾根遺産をお持ち帰りできる店もあるらしいですが、そんなお店を探すこと自体が苦痛になるほど居心地が悪かったです。


すぐに見切りをつけてタクシーをつかまえ「セクシーマッサージを受けられる店、知ってるか?」と聞いたところ、「King Spaという店があるけど、たぶん高いよ」との答え。


とりあえず行って値段を聞いてみたら、マッサージ代P1,900、スペシャルは別料金だそうです。おそらく総額でP3,000超えますね・・・。確かに高い。


「ブンブンしたいなら、レッドハウス(置屋)のほうがいいよ」と運ちゃんが言うので、そのまま置屋を案内してもらいました。


場所は、私が泊まった 88 Plaza Hotel 近辺です。


昔はこの近辺にたくさんの置屋があったらしいのですが、今は数軒しか残っていないそうです。


店構えが普通の民家なので、自力で探すのは難しいですね。怪しげな色のライトが灯っているので、なんとなくはわかりますけど・・・。


それに、それぞれのお店がけっこう離れているので、何軒か周るには結局タクシーに乗らないと厳しいです。


値段は店によって違って、安いところはショートP1,000。高級置屋のホワイトハウス(というレッドハウス(笑))はP1,500でした。チップをP500あげてもSPAより安いですね。ロングは倍額だそうです。


ホワイトハウスでお持ち帰りした尾根遺産に聞いたところ、P1,500中、女の子の取り分はわずかP500。そのかわり、衣食住の面倒をみてくれるんだそうです。


タクシーで行くと店が運転手に紹介料を払わなければいけないので、P1,500以下に値段交渉するのは難しいとのこと。


次に来るときは、途中でタクシーを降りて歩いてきたほうがいいよ、と尾根遺産がアドバイスしてくれました。フランクでいい娘ですよね。


ちなみに18歳のムチムチ嬢です。明日もあの娘と遊ぼうかな(笑)

所用を済ませて、バコロド最終夜(月曜)。
再度ゴールデン・フィールドに出撃。


土曜日と月曜日では、同じBARなのに印象が全然違いました。
アングラ感が薄れ、広々と明るい店内。 なんで???


2軒でショー見物をし終えた23時過ぎ。
「フィールド」中央部の、オープン・スタイルのカフェっぽい場所に、土曜日とは違って、遠目にも若い尾根遺産の姿が。


近寄っていくと、例の日本語を話す女性が手招きします。
腰かけているのは、パッと見で【危険年齢】な小柄の尾根遺産。

bacolod2

正体を暴くべく、飲み物を2人分注文して話してみました。
飲み物はP40~60で、確かにGOGO(P100~200くらい)より割安。


童顔そのものながら、本人申告は24歳?!
昼間はセールス・レディをしていて、夜ここに来るのは週2回だけだ、と。


その手の自己申告は怪しいケースも多いのですが、小1時間しゃべっても辻褄は合っていて、言っていたことは本当のよう。
(ウソつきフィリピーナの場合、往々にして辻褄が合いません)


お持ち帰りはショートP1,500、ロングP2,500、「ママに」先払いだ、と。
GOGOより割安なので納得したのですが・・・


翌日、タクシーで聞いたら「ロングでP1,500が相場」なんだそう。
私はフッかけられたことに (涙

運転手によれば、ママの配下には30名くらいいるようです。


bacolod4

プランタ・ホテルに入ると、「ここは初めて」とキョロキョロ落ち着かない彼女。
物腰や会話の端々に、不慣れさが垣間見えました。


バコロドにホテルの選択肢はそう多くないので、このホテルが初めてということは、経験値も少ないのでしょう。


フィリピーナの24歳ともなれば、オッパイは垂れてきてボディの各所にシワが目立ち始めますよね?

彼女もそうでした。顔は1☆歳でも通用しそうなのに。

一戦を終えて、若干の交通費を渡して、ホテル入口までお見送り。


「今度いつ来てくれるの?」


以前は嬉しかったこのセリフ。


でもアジアナイトウォーカーとなって以降、同じ尾根遺産にリピートするよりも新規開拓が優先なので、そういう点で昔のような【楽しさ】を感じられなくなりました。


別れ際、トライシケルを捕まえて乗り込むその時、おもむろに振り返った彼女が、抱きついてきて路上キス!


かつてなら、後ろ髪を引かれて再訪したかもしれません。
でもアジアナイトウォーカー的に、バコロド再訪は 「なし」 ですね。


相場を教えてくれた、夜遊び好き運ちゃんの情報では、私が釣り上げたゴールデン・フィールド中央部のカフェではなく、その近くにもっと格安な道待娘たちがいるそう。


言い値はショートでP1,000だけど、P700が相場とのこと。
ただし 「泥棒が多いから要注意な!」 と。


他には割高なSPAもあるのだそう。


入会金?がP500、マッサージがなんとP1,400、本番料は交渉で、言い値P1,500、妥結目標P1,000。

SPAなのに、車でコテージ?に移動してヤルらしいです。



≪levin様のコメント≫

アジアナイトウォーカーさん、こんにちわ。

バコロド初めてでしたら、無理もありませんが、ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。

だから、飲み物頼まなくても、若しくは向かいの売店で直接買って持ち込みしても問題なしです。

何かと中間搾取というか、間に入ってマージン取りたがる輩も、彼女にまとわりついてきます。
ふらふらしたヒモもどきやトライの運転手もそうですね。


因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。

ACやwifi付きで快適な部屋だと感じれば、次の昼から入り浸りで1日中居て、3回位やってもP500でokでした。ただ、飯や菓子類は与えますけど。

バコロドに限らず、地方都市のフリーの子なら、ショート500でokです。高くても、700ですね。


≪管理人の返信≫

levin 様、ご教示ありがとうございます。
バコロド、というマイナーな場所なのに、ホントお詳しいですねぇ~


> ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
> あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。


ウゲッ! そうなんですか。
でも私の選んだ尾根遺産、いくら?と聞いたときも自分で答えず、ママ?の方を向いて、ママが答えましたよ。

だから「手配下」という認識だったのですが、違うのですね。


> 因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。


だとすれば、私の払ったP1,500からママもどきがマージン取っても、それでも私は「美味しい客」だったわけですね。
「今度いつ来るの?」と言うはずですね。


私がボラれたのはもう、取り返しはつきませんから、彼の地をこれから訪れる同朋が、私の経験を参考にしてもらえればまぁ、ヨシ としましょう。

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

このページのトップヘ