アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:ブルゴス

久しぶりにフィリピン関連のご購入者様体験談を。


まず超ベテランのM様(M様は複数いらっしゃいます)から昨年・今年と頂戴したメールを、編集のうえUPいたします。

CIMG2702


◎2014


マニラ編の情報は殆ど知っていましたが、エルミタのレッドルースターが日本人経営とは知りませんでした。

確かに、このタイプの店では一番、品揃えがいいと思いました。


****が置屋とも知りませんでした。 行きましたよ。
見学にチーママさんが対応してくれました。

女の質は? 
すでに接客している嬢は良かったかも。


LAは確かに、夜はオワってますが、まだ昼は素人のいい娘(売春じゃなく本当に出会いを求めている娘)が紛れていますよ。

昼がお勧めです。 

これからのマニラは素人との擬似恋愛に徹しようと思ってます。


今回は、ケソン、クバオが中心でした。


アジアナイトウォーカーさんの夜遊びガイド本は、確かに初心者には十分だと思います。
あれ以上の情報は危険が少し伴いますからね。


ブルゴスのボトムはトップレスですが、女は白人向けサル顔で?高いし、PlanBの方が日本人向けかな? 高いけど。


ブルゴスの遊び方は、夜1時2時ぐらいにいき、閉店4時までいて、気に入られて2-3人スネークアウトして、韓国焼肉でジンロをがんがん飲ませてから
安くかタダで3P,4Pというのがお勧めかな?


最近のマニラで気になるのが、どこでも子持ち率が95%ぐらいになってきてるような気がします。
そろそろ素人に転換したほうがいいと思ってます。


今回、ペガサス、クラスメイトでスパニッシュ系を連れ出しましたが、最高にきれいでしたが子持ちでした。


クバオのローカルでも、女の質は変わらないのではないかな?と思ったけど、飲み物は安いけどVIP代、やり代で結局はP5,000になるので、この遊び方も高いですね。(クラブより安いけど)


◎2015


エルミタの置屋バー街、あそこの尾根遺産は100%子持ちでしょう。 

ママ曰く、2-3ヶ月以内、ポン引き曰く、1年後に閉鎖、マンションになるらしいです。


アンヘレスのレベルあがってると思いました。(でも、子持ち率が90%)
あとでエドコンにいくと、「やっぱりいいな、高いけど」 と思いました。


今回はアンヘレスのチェリーをターゲットで遊びました。
本人とはホテルOKまで口説いたのに、ママさんストップで、非常に惜しい展開でした。


さすがは経験値豊富なM様、夜遊びの流儀にある種の風格を感じました。

ブルゴスに関しては、WFR様からもこんなレポートを頂戴しております。

マカティのブルゴスに滞在しましたが、新しい店ができて、それなりに盛り上がっていました。


ただしGOGOバーについては、バーファインが高いこともあり、スネークアウトを警戒してか、店側の監視が相当厳しくなっていました。


お姉さんから電話番号を教えてもらえないので、こっそり電話番号を書いた紙を渡したところ、店が終わった後、朝6時前に電話がかかってきて、本当にホテルにやってきたのには驚きました。

本当にホテルに来る、というのは、ベテランWFR様の手管あればこそ、のような気もしますが・・・


私はそのスネークアウト、以前から話は聞いておりますがTRYしたことはありません。朝4時の閉店後、というのが、どうにも。 。 。

今回はブログの過去記事ではなく、「地球の遊び方」にかつて投稿したマニラ・マカティ地区の夜遊びレポートです。

DSCN1005

マニラに通い始めた頃に何度か訪れたブルゴスでしたが、数年ぶりに再訪してみました。

懐かしい通りの変遷を感じながら歩いてみようと、新宿ラーメン付近でタクシーを降りました。予想に反して、「変わってないなぁ」という印象でした。


歩き始めて間もなく、かなり美形の尾根遺産が近寄ってきました。

おっ!ベイ・カフェでもなかなか見つからないようなハイレベルです。

年齢は見た感じ22~24歳、以前はこのブルゴス界隈のGOGOで働いていたと。こんな美形が【道待娘】だとは。

言い値はP1,500、近くのラブホなら3時間でP380だそうですが、ホテル代は込みでいい、と。

おいしそうな尾根遺産が割安でいただけるなら、と気持ちがグラつきましたが、目的地が別にあったので後ろ髪を引かれながらバイバイ。


界隈をひとまわりし、ほとんどの店が健在?なことを確認。ひと気の少ないカラヤアン通りで一服していました。(喫煙派の私は、だからマカティが嫌いです。)

ふと見ると、遠くに色っぽい衣装の尾根遺産が数人。どうやらお客の見送りに出てきた様子。男性がタクシーで去ると、建物内に戻っていきました。

 「あれ?あんな所にお店があったっけ?」と行ってみたら、そこはL&Bというホテル。道理で気がつかなかったわけです。入口に派手なネオンもありませんし。


どんな遊び場なのか、探りを入れてみました。扉を開けるとすぐ、さっきの尾根遺産たちが立ち話していました。どうやら韓国系カラオケのようです。

店内にいたママさんに尋ねたら、1時間で個室料金がP400、娘を1名つけるのにP500だと。この他に酒代が必要です。

良心的な邦人向けカラオケより割高ですが、個室に行くということは、何らかのオプションは交渉次第かな、と推測しました。

 「ホテルにテイクアウトは出来るの?」と聞いたらNoとは言わず「それは娘と直接話して。でも閉店する午前3時以降よ。」という回答でした。


この夜はMPドン・ペドロが最終目的だったので、カラオケはパスして退店。

マニラにはまだまだ(私にとって)未知の遊び場もあまた存在するのでしょう。

DSCN1009

≪追記2019≫
もともと私はマカティよりマラテ・エルミタが肌に合ったんですね。おまけにスモーカーなので、マカティを投宿先にすることはごく稀でした。

「オトコの夜遊びガイド」シリーズはご出張者様向けなこともあって、ある意味「仕事だから仕方なく」マカティに調査に赴いていました。

投稿の最後に登場したMPパラシオ・ドン・ペドロにしても、パラニャーケのMPと比較するとレベルの劣化は歴然でしたし。

今日はM様から頂戴しました、マニラ夜遊び情報です。

manila-2256321_640

マニラに行ってきたので、情報をフィードバックさせて頂きます。


①マカティ

ブルゴスは基本的には昼間しか行きませんでしたが、全体として寂しい雰囲気でした。

一番北側にある「Wow wow wow」という店は、日曜日は終日ハッピーアワーで、LD120、BF1,500でした。


ドン・ペドロ(注:既に閉店)は定点観測的に時間をずらして覗いたのですが、レベルはいまいちでした。


KTVは、土曜日の夜12時ごろに日本橋亭グループのUPSTAGEに行きましたが、客で一杯で盛り上がっていました。


ちなみに平日は、90分500Pですが、土日は食べ放題の食事付で90分1,000Pです。

DSCN1011


②置屋(CASA)

「オトコの夜遊びガイド」の地図を参考に、日曜日の15時頃、ヒル・プヤット通りの二差路からEに向かって歩きましたが、赤い扉は見つからず、きょろきょろしていたら、おじさんに呼び止められました。


扉が黒く塗られていたので気がつかなかったようです。


名刺をもらって中に入ると、中に10人くらいいましたが、年齢は高めでした。


金額を確認したところ、前と同じと言われたので、試しに2,000Pかと言ったところ、2,500Pだと言われました。

コミッションなしであれば、2,500Pまでは簡単に下がるようです。


その後、Cへ歩いて行きましたが、目標の建物についたものの、人がおらず入れなかったのですが、ようやく外から人が来て中に入れました。


人数は5人、値段は2,500Pとのことでした。

両方とも自力で行くのは無理だと思います。写真が大変参考になりました。


③マラテ

LAカフェは夕方4時頃行ったところ、かなり人数がいました。個人的には、昼間の方が明るくて見やすいので好きです。


日本橋亭グループのHANATABAというKTVに行ったのですが、落ち着いた雰囲気で女性のレベルも高く、気に入りました。


ステージでの生演奏もあるようなので、今度は遅めの時間に行ってみようと思います。料金は90分500Pでした。


ハイアットの前の日本橋亭のあるビルに、YOKOという高級店がオープンすると聞いたので行ってみたのですが、10月中旬までオープン延期でした。

manila-1703413_640

M様、こちらこそいつもありがとうございます。


アジア各地(今年だけで何ケ国目でしたっけ?)を飛び回られて、その精力的な活動ぶりには、ただただ感嘆するばかりです。

Eの赤色扉が黒くなっていたとは、、、ご足労をおかけしました。


LAカフェには私も先週、やはり午後4時前後に行きました。


あまり混雑していない、あのくらいの時間帯が私は好きで、今回は24歳、カビテから週2ペースで来ているという尾根遺産を釣り上げて楽しみました。


日本橋亭グループさん、さすがにキレイどころを揃えているようで。

YOKOは6月までにOPENと聞いていたんですが、延びてたんですね。


いまやアジアの隅々まで制覇中?の達人、ヒーローさんのコメントです。


実は僕の海外夜遊びデビューがマニラのカラオケでした!
1993年ですね・・・

当時お客さんに週3くらいで連れて行ってもらった、マカティの高級カラオケ「Pharao」で、(「Pharao」ってまだあるんですかね?そこの女の子はみんなロングドレスでした。) 一番最初に付いた子を気に入って、結局5年ほど付き合いましたね。

ケソン・シティーのカラオケ「Love Boat」もよく行きましたが、今はどうか知りませんが当時のカラオケは連れ出しとかいうシステムは無かったですね。

女の子はお店が終わってから会いに来るというパターンで、お金を要求する子は全くいなかったです。


当時の彼女とはセブとかボラカイとかパンガシナンとか行きましたが、お店を休んだペナルティーなんかはなかったと思います。

当時のカラオケはかなり緩い感じでした。今はもう変わってるんでしょうね・・・


昔ブルゴスのゴーゴーで遊び始めた時、何軒かの子に泊まってるホテル(ブルゴスど真ん中のホテル)教えたんですが 、そしたら2人の子が仕事終わってから部屋まで来てトラブルになった事があります。


いろいろフィリピンでの過去を思い出してしまいました。当時は年に4-5回彼女に会いに行ってました。

skinny-model-279265_640

つられて?管理人の私も、いくつかのエピソードを懐かしく思い出しました。


ケソンシティーでは、まだ渡比ひとケタの頃に超高級店【ペガサス】に行きました。


女優のタマゴなどもいる、と当時のバイブル「夜の歩き方」に書いてあって、確か連れ出しは1万ペソと言われた気がします。


「どうせ私の泊まっていた安ホテルでは来てもらえないだろう」と目の保養”だけでしたが、キレイなフィリピーナはホントにキレイだなぁ~と呆気にとられましたね。


ヒーローさんのようなモテ男ではないのでダブル・ブッキングは経験ありませんが、ニアミスやトラブルは結構ありました。


馴染みの娘とその家族を連れ、カイラブネ・リゾートで年越しする予定だった2003年の暮れ。


「深夜到着だから、朝10時にホテルに迎えに来て!」と頼んでおいて、到着早々から別の新規娘を持ち帰って「浮気」を楽しんでいたら・・・朝7時前にフロントからのコール。


「お連れ様が到着されましたが?」

エッ???!!!


なんでこういう時だけ【フィリピン・タイム】なんだっ?!


横で寝ぼけている新規娘を叩き起こし、フロントには「用意して降りていくからロビーで待たせておけ!」と伝え、速攻10分ですべての支度を整える“神業”で切り抜けました。


寝坊して会社に遅刻しそうな時でも、10分ではとても無理なのに・・・(苦笑)


Banka-departing-Puerto-Galera-White-Beach

今年2月には、別の馴染み尾根遺産を連れてプエルトガレラに。


5年前に会った連れ出しカラオケの娘ですが、妙に夜の相性が良くて、以降毎年1,2回は逢瀬を重ねていました。


お店は随分前に辞めていましたが、お金を要求されたことは一度もなく、歩く時はいつも半歩後ろから恥ずかしげに、私の服の裾をつまんでついてくるような娘です。


オープンテラスでのディナーは、テーブル毎にキャンドルが灯されていました。


日本ではさして珍しくもない演出ですが、“こんなロマンティックなディナーは、生まれて初めてなの!” と瞳をウルウルさせていました。


フィリピーナには、色んなことを教えてもらいました。

書き出したらキリがないので、またいずれ。



≪kenji様のコメント≫


ヒーローさまのKTV思い出がありましたので、追記します。


たぶん、昔よりもKTVの管理(出勤日)はきつくなってると思いますよ。

お友達がいるお店で内情(サラリー等)のリサーチしてますから。すべてではないと思いますが、教えてくれます。


当欠するとアブセン(ずる休み)として扱われ、ペナルティが発生するみたいです。
ま、高額なぺナではないですが・・・


出勤の管理はお店で違うみたいですし、なんとも言えませんが。


最後に。フィリピーナは本当に気にいってくれれば、絶対に金銭の要求は無いと感じます。
これはkenjiの感覚なので違う場合もあるとは思いますが、おそらく、賛同して頂ける方多数と思います。


他の国は良くわからないので比較はできませんが・・・

そもそも私がアジア尾根遺産にハマったきっかけは、マニラ訪問でした。一時はまるで熱病に罹ったかの如く行きましたねぇ。


manila-1703413_640

ピークは2003年。普通の週休2日サラリーマンにもかかわらず、年間17回の訪比。


金曜夜に成田を発ち、日曜朝に現地を発つというハード・スケジュールも何度か。
いやあ~、我ながら完全にビョーキでした。


しかも短い滞在だからと欲張って、1日2回戦、3回戦とかしていたわけで。


フィリピンに関する情報サイトは、タイに次いで多数ありますが、素晴らしいブログを発見しました。


「フィリピン幼稚園」いやあ、スゴイですよ、ここは。

デビューしたてのMyブログですが、いつの日かあんな風に充実させたいものです。


マニラ風俗にもジャンルはありますが、総じた特徴として、ホテルの部屋に連れ帰って遊ぶ形態がほとんどです。そこがマカオやジャカルタと大きく異なります。


マニラの著名な遊び場、エドコン、ブルゴス、LAカフェ、、、みんなテイクアウトです。

1日のうち、昼と夜とで別の娘と遊びたかった私は、日本からバスタオルを1枚持参していたことも。


ハウスキーパーに「もう1度、タオル・チェンジ!」と頼むのが恥ずかしかったんです。


その点、マカオなんて夜総会もサウナも賓館も、いわば「店舗型」ですから、例えば旅行に「連れ」がいても、外で遊びが完結すれば問題ありません。


同じことはジャカルタにも言えます。ローカルな置屋でも別室が用意されています。

しかもトラベルとかマリオボロとかは、ホテルが置屋を併設しているような形式なので、個室が広くてキレイです。


しかもなぜか個室のベッド脇には大きな鏡が!?

ムスリムの方々は、そういうプレイ・スタイルがお好きなんでしょうかねぇ。

DSCN1015

マニラの「店舗型」といえば、パラニャーケにある「エアフォースONE」(画像)。


正確にはエアフォースONEというのは隣のカラオケの店名で、正式名はflight168ですが、タクシーに指示するのに、名前が通っているのでそのままエアフォースONEと私も呼んでいます。


あ、もうひとつ思い出しました。ソープ形式の「ニューマゼラン」。


「フィリピン夜の歩き方」に体験談が載っていたので探しにいきましたが、想像以上にチープな外観だったので遊ばずに帰りました。


考えてみると私などは、中国語やインドネシア語が出来ないわけで、ロングで連れ帰っても朝までコミュニケーションがとれず、もどかしい状況になります。


その点フィリピーナは英語ができるので、風俗の形態も日本人に適していますね。


しかもビジネスライクな中華系と違って、朝まで優しく接してあげると、フィリピーナはすぐに「あなたがスキ、だってやさしいから」となりますしね。



≪Dalawa 様のコメント≫

ども、初めましてm(_ _)m
その「フィリピン幼稚園」から流れてきました。


私はフィリピンとタイにしか行った事がありませんが、アジア各国(と地域?)どこでも遊べるんですね(^_^;)
フィリピン、タイ、シンガポール位しか知りませんでした


シンガポール在住日本人の友人が、夜な夜な現地で情報収集にいそしんでくれているようで、何かっつーと「来い」と言うのですが、いかんせんチェーンスモーカーなもので…タバコのせいで、タイにも行けなくなったし…
一番自分に合った風俗は、タイの日本人向けカラオケなんですけどね…


これからも頑張って下さい。これからもちょくちょく覗かせていただきます。(^_^)


≪管理人の返信≫

Dalawaさん、ご訪問ありがとうございます。面白いお名前ですねぇ~。

マビニ通りを走るジプに乗りこんで、ジモティーの怪訝そうな視線を浴びながら「バヤド、ダラワ」と言っていた日々を懐かしく思い出しました。

私もスモーカーですので、お気持お察しいたします。


≪プゴ 様のコメント≫

初めまして。地球の遊び方から、流れてきました。

記事にあるLAカフェは、先月中頃にステーション5の急襲摘発を受けサラード(閉鎖)しました。
リム新市長が返り咲いて私も泣いた、、、悪名高き?92年以来の風俗取締に、再び着手したようです。

U-18が半分もいたのでは仕方が無いですね。それでなくたって、、、


92年以前は、私のような貧乏人でもマニラ下町の風俗は天国でした。特にチャイナ・タウンは。東南アジアの中華街には、必ずと言っていいほど付き物の商売ですからね。
マニラの中華街にも、架橋好みのチークスを揃えたサウナや裏サウナが何軒もありました。よく中華街の食堂で昼飯を食べ、腹ごなしに裏サウナなどへ寄り涼んだものでした。w


最近ではマニラは素通りで、今はビサヤ・ミンダナオが主ですが、80年代は散財しましたのでマニラと聞くと懐かしいです。

どうか、マイナーなローカル風俗の話題も取り上げて頂けたら嬉しいです。


≪管理人の返信≫

プゴ 様、コメントと最新情報、ありがとうございました。

ハイアットで朝からカシノ三昧していて、流れが悪いときには昼間から尾根遺産のいるLAカフェで気分転換! という手が使えないのですねぇ。


プゴ様は私の知らない時代の、華やかなりしマラテを堪能されていらしたのですね。
羨ましい! 大先輩ですね。


実は次回フィリピンに行く機会があれば、初ミンダナオに挑戦したいと思ってました。

カガヤン・デ・オロとか、まだスレていない原石と出会える可能性があるかと。その際はどうかご教示よろしくお願い申し上げます。


ご期待に沿えるよう、順次マイナーな夜遊び場にも触れていきたいと思いますので、また時々のぞきにいらしてください。

このページのトップヘ