アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:フィリピーナ

今回の記事、舞台はセブ島。「反省をこめて」転載後に今の所感を。2011年11月、私自身の体験です。

 

◎釣り上げたフィリピーナは

セブ島のディスコで拾った、24歳のKちゃん。トレドの出身、2歳の娘がいます。


セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。


3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に突如として音信不通に。


中絶を禁ずるカトリックですし、7ケ月目では中絶したくても遅すぎます。

かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

◎謎の?体位

セブ島では有名なラブホに到着。


ディスコはうるさく、あまり話せなかったので、一戦交える前に上のような身の上話を聞き、互いの感情が高ぶったまま戦闘開始。


Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。


正常位でひとつになったあと。ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。


太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。消えたその日本人に仕込まれたのか、、、


バックからの流れでうつ伏せにさせて、太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。


望み通り、その態勢のままFINISH。

 

◎まさか、の展開が

事前交渉ではショートだったのに戦闘終了後も、よもやま話は続きます。


初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、その話をしたあとはなんと言いますか、ハードルがグッと下がる気がします。


Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって私に寄り添ってきます。


『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』

なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに愚息がバスタオルを持ち上げ始めました。


最近はドーピングしなくてもFINISHできるようになった私ですが、ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。


しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの口元が ウフッ と動いた気が。


ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?

『いや、でもゴムは1ケしか持って来なかったから。』(セブのラブホにゴムの備え付けはありません)

・・・・・


返事のないまま、Kちゃんはバスタオルを捲りあげてF開始。
ウッ、、、ウマいじゃないか!


『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』


・・・・・


無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。

 philippines-2258606_640

◎今、ふりかえって

その後ずいぶん経ってから受けた検査でもHIVは陰性だったから、私はいいのですが。


もしかしたらKちゃんはもう一人、こんな私のDNAを受け継ぐ子を抱えて生活に四苦八苦しているかもしれません。


実は昨年、とてもお世話になった方から「HIVの陽性反応が出た」と聞きました。


メディアで読んだだけの「知識」と、実際に身の回りで起きた「現実」とでは申すまでもなく、インパクトが違います。


上のような記事を書いて、結果として読者の皆さんをそそのかしたわけで、そこは深く、深く反省しております。

前回に続き、磯仁様のアンヘレス体験談です。メインエリア以外の界隈を探索してみたら、思わぬ拾いものが・・・

 

◎プリメタ界隈のBARは格安

この界隈は大体がお昼頃から営業を始め、早いお店では何と夜8時に閉店だそう。

平日の昼過ぎに試しにこの界隈をホッピング。


ほとんどのBARではお客の飲み物がサンミゲルライトなら60ペソ又は80ペソと、フィールズ界隈に比べて激安でした。


一本飲んではチェックして、次のBARへと順に覗いて行きます。やはり同好の士も多いようで、先程のBARで見かけたお客が今度は次のBARに現れて、ということもしばしば。

◎54BAR

まだお昼過ぎながら、中央のステージでは10数名の娘がダンス中。横に付いたウェイトレスからさかんにペイバーを勧められます。2,200ペソ。


皆さん若く、ステージからアピールしてくる娘も多いのですが、如何せん、美形な娘はお腹がぽこんと出ていたり、逆にすらりとしたモデルのような体型の娘はお顔が

少々残念だったりと、なかなか選択が難しい状況。

結局、ナース服みたいな服を着ていた呼び込みの美形の娘をからかっただけで退店。

 

◎三軒茶屋?1軒目

Angeles-bar


写真右の「GARFIELDS LAST STAND」という店を小路に入った奥の二軒が、巷で言う三軒茶屋というお店らしいです。


どちらもオーナーは一緒だそう(正確には写真左の青い店も同オーナーだそう)。

その青いお店の前を通った際に、お店の前に居た若いお兄さんが奥にある2軒を勧めてくれたので出掛けた次第。


角を曲がったところで、店先の空き地の屋台にいた娘がこちらを見つけるや、何故か歓声を上げて走って来るとそのまま抱き付いて来て、無理矢理当方の腕を掴みながら手前の店へと引きずり込まれてしまいました。


お店の中は明るく、お客は他に誰も居らず。

娘も僅か4,5人だけ・・・というよりも年増のお姉さん方で、まるでサリサリの店番のオバサンがそのままお店の中にいる感じです。


唯一若そうでまともだったのがこの娘。ぴったりと横に座ると早速飲み物のおねだり。軽くお断りすると今度は上に行こうとのお誘い。


フェラは極上だと言いますが・・・明るい店内で見る娘の顔は、愛嬌はあるものの何とも地味で・・・。


すると娘はこちらのシャツに手を入れて乳首を摘んでグリグリしたり、ズボンの上からまさぐったりと仕掛けて来ます。


ちなみにお値段はショートで1,600ペソだそう。

しかし他も見たかったので、ここでチェックしてすぐに隣のお店へ。

 

◎三軒茶屋?2軒目

隣りのお店も同様に入った右側が小さなステージになっていて、ちょうど娘が3人ダンス中。


青色のボディコンを着ていて、皆さん先程のお店よりは若くてお顔もスタイルもイケています。


先客はファランが一人。取り敢えず飲み物を頼んでいると、奥から年老いたファランが出てきます。


すぐその後ろを付いて出て来た娘、このお店の中ではなかなかの容姿。お顔もスタイルもかなりイケてます。


娘はお客を見送ると、カウンターの中で早速うがいと歯磨き。うーん、どうやら先客のものを召し上がられたようで・・・残念。


他のお客が来たのを幸いにチェック。ビールは僅か60ペソでした。

 

◎三軒茶屋?3軒目

その足で2軒を紹介してくれたお店に戻ります。


中へ入ると、中央に大きなステージがある立派な店でしたが、ダンサーは僅か二人だけ。取り敢えずビールを頼みます。


するとダンサーの一人が「貴方が今日最初のお客だから、口開けに皆にドリンクを奢れ」とほざきますが、ダンサー二人の他にお兄さんが一人、さらにウェイトレスが4,5人って・・・。


取り敢えずリング・ザ・ベルは遠慮してビールが来るのを待ちます。

ビールを運んで来た娘の顔を見ておおっ、と思います。なかなかの好み、但し太目、それもかなり・・・・が、そのお顔が余りにも好みだったので、取り敢えず手を取って横に座らせます。


聞けばここでウェイトレスとして働き始めてまだ一週間だそう。

お年は27才だそうですが、フィリピーナは皆さん結構年よりも若く見えますね。


で、試しに聞いて見ると、何とこの娘は値段を知らず、ダンサー娘に聞いていました。ここはショートで1,800ペソだそう。

 

◎望外の名器!

それならとO.Kして、「このお店にヤリ部屋はあるのか?」と聞くと別のダンサー娘が「ある」と言って、その娘に教えています。


その娘の先導で部屋へ・・・って、何と建屋の奥を進んで行くと、先程の三軒茶屋のお店と中で繋がっているじゃありませんか!


一番奥の店に出て、階段を上がって2階へ。ヤリ部屋というよりも、ただの空き部屋でした。


娘とお互い顔を見合わせて、「ここでするの?」という感じでしたが、部屋の中には古びたソファが二つと、一応水浴び場のようなところもあったので、ここですることに。


お互い服を脱いで、そこだけ水で流しますが、気付くと石鹸は無いしタオルも無し。一体先客はどうしていたのか???取り敢えず水で洗って、持参のハンカチで拭いてからソファに座ります。


娘に「ちゃんと洗った?」と聞かれ頷くと、娘はさっそく目の前にしゃがんでそれをぱっくりと咥えてくれます。


ゆっくりと、それをいつくしむかのような上下動。同時にこちらも娘のたわわな胸を弄ります。


充分になったところで娘の顔を導いて乳首舐めをして貰います。

その間、持参のもので準備をして、まずは娘にソファに仰向けに寝てもらい、こちらが上になってゆっくりと中へ。


中は既に潤っていて、熱くて気持ち良く、こちらがゆっくりと前後するのに合わせて襞がぎゅっと包んで絡み付いて来る感じ。


これは!


すぐにこちらも気持ち良くなってしまいます。


何度かの抽送を繰り返しただけで、根元にむず痒さを感じたと思ったら、あっという間に絶頂に達してしまいました!


こちらのドクッドクッという律動に合わせるように、娘も腰を前後に打ち付けてきます!いやあ、気持ち良かった!


かなり太目ながらあそこは物凄い名器でした。


しばらく余韻に耽った後で、再度お互い交代で水道の水でシャワー。簡単に清めてから着替えてバイバイです。


再び迷路のような道を通って外へ出ます。外はまだ明るく、強い日差しが斜めから降り注いでいます。


こうやってお手軽に遊べるのもアンヘレスの魅力なのでしょうか。

今回はかつて私がマジ惚れした、フィリピンの女子大生のお話し。

 

◎ブログでも内緒でしたが

実は彼女とはフィリピンで3ケ月半の間、週末同棲をしていました。

その娘は夜間、ウェイトレスのバイトをしながら学ぶ苦学生でした。

親戚宅に寄宿していたので、私の部屋に泊まれるのは週末のみ。


彼女との馴れ初めについては旧ブログの200本目の記事にしていました。

 

◎同僚を案内したGOGOで

後輩とフィリピンに行った時のこと。

いつも1軒目でパートタイム・ラバーを即決してしまう後輩が、その日は1軒目でイイ娘がいたのに指名が叶わず、流れ流れてついに7軒目。


ダンサーを眺めていた私たち。飲み物を運んできたウエイトレスを見て『この娘が一番カワイくない?』 と。


ダメモトで横に座ってくれる?とお願いしたらOKいただいちゃいましたぁ~


エル(仮名)はもうすぐ19歳の学生。

学費を稼ぐためウェイトレスをしていて、接客はしたことないし、日本人とはまともに会話をしたことがない、と。(当然日本語不可)


そんなエルでしたが、なぜか私をメチャ気にいってくれたみたいで。

◎なぜか対抗意識を燃やして

後輩に馬乗りになったGOGOダンサーが【ボディ・ショット】を開始。


するとすでにホロ酔い気味のエルが、妙にダンサーに対抗意識を燃やし、「ワタシだって、プライベートではすごいセクシーダンスするんだから!」なんて言いながらも恥じらっています。


う~~ん、カワイイっっ。


ダンサー嬢が「今夜はカレの上で3回踊っちゃおう」と挑発してきたら「ワタシたちは10回愛し合うんだから!ねっ?」と言い返すエル。


おいおい、俺を何歳だと思っているんだ。。。

それにキミは、そもそもテイクアウト不可じゃないのか??

silhouette-663589_640

◎オヤジのハートを射抜いたセリフ

2時間ほど盛り上がって、後輩は当然ダンサー嬢を持ち帰り決定。

私はまた別の店にでも、、、と思ったら、エルは『あなたのホテルに行く!!』と。


それからが大変でした。

ウェイトレスの彼女は、3時の閉店まで仕事するのが決まり。


別の場所にいるボスに承諾を貰うから
、と何度もメール&電話するエル。


交渉に時間がかかるので後輩を先に帰し、待つこと30分。ボスの最終回答はOKに。 


しかしボスから、ダンサーの3倍ものバーファインを要求されてしまいました。


おカネでテイクアウトされるんじゃない!

この人におカネを払わせないで!


エルのこの言葉に、オヤジのハートはKOされちゃいました・・・


18歳の娘にそこまで言われたら、格好つけざるをえませんよね?「いいんだ、エル。それでキミと2人きりになれるなら」

◎燃え上がる感情のままに

カトリック信者であるフィリピーナは、本気の相手とは避妊しませんよね。

(だから多くのジャピーノがいるわけで)


その晩2回、次の晩も2回。本気でエルを愛しました。

エルも本気で愛してくれました。 


私がナマナカするのは基本、「もしもの時、責任は取る」と決意した、マジ惚れした相手とだけです。


3度目に、私が正常位でFINISHした直後、下になっていたエルがガクガクッと震え、アソコがギュ~~っと収縮、まだ硬い愚息がPush Outされてしまいました。


放出されたばかりの白濁液とともに、、、

OH,MY GOD !!


別れの朝。無邪気な微笑をたたえながら、エルが囁きました。

まだ6回、分割払いが残っているから、必ず返しに来てネ!

 

◎後日談

「責任は取る」と心に誓って、フィリピンに再び渡った私は、賃貸のアパートを探しました。


エルが学業を優先できるよう、大学に払う学費も一部支援しました。


エルが卒業したら、いずれは。。。


そんな中年オヤジの夢想は、3ケ月後のある日突然、終焉を迎えました。


エルが私のデジカメを操作してしまい、ナイトウォーカーとして撮影してきた、遠征先の尾根遺産たちの画像が・・・


そしてエルが不在の平日に、夜の盛り場でGETしたフィリピーナをアパートに連れ込んでいた証拠画像も。

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」の調査で、まらむ様から頂いた情報で訪れたのは、ツーリスト・ベルトにある某マッサージ店。

HJがセットになったパッケージがある、と。

◎潜入

受付でパッケージ料金P1300を支払います。

80分でマッサ+手コキなら、悪くないかと。


「セラピストは実物を見て選べる?」とダメモトで訊いてみたらOKだと。


入店は平日の15時頃。選択肢は3名。いずれも推定20代ですが、容姿は並。

キャリア1年だというフィリピーナ。施術レベルはお世辞にも上手とはいえず。
20160914_191708

旧ブログでも書きましたが、マニラにはマッサージ屋はあまたあれども、施術レベルは大抵、賞賛に値しません。

抜きありのマッサージ屋なら、尚更でしょう。

 

◎メインは

オイル・マッサージがひと通り終わって(全然、疲れがとれた感じはしませんでした)うつ伏せ状態のまま、尾根遺産の手が股間に。


袋のウラをツー、ツッーと爪で刺激してきます。

さらに両手の爪で、尻をスーーーっと撫でます。

気持ちいいというより、くすぐったい!!


次に両の掌でサオを撫で回します。こちらも腰を浮かせ協力します。

キモチよかぁ!


仰向けにされた頃には屹立しきったMyロッド。

ここで尾根遺産、いきなり「抜くならプラスP300よ」ですと?!


「なぜ?受付でパッケージP1300払ったよ!」

「あれはここまでのマッサージの分。

抜くならチップを貰わないと出来ないわ。」


まらむ様からP1600と聞いていたので、こういう意味か、と納得。

しかし、まずまず気持ちいいとはいえども、単純なHJだけではなかなかイけない私。


「脱いでくれる?おっぱい触らせて、お願い!」

「それならP300じゃなくてP1000よ」

「P1000は高いよ!」ととりあえず拒否。


「カワワ ナマン アコ」
(かわいそうでしょ、わたし)

マッサージの間、身の上話を色々聞いたのが却って仇になってしまったか?!値切ってみたものの、頑として譲りません。

 

◎後悔

どうせこのコスパでは、夜遊びガイドのご購入者様にはお勧めできないし、 だったらここで切り上げるのも一手です。


しかし、愚息はとうに臨戦態勢。このままでは生殺し状態だし、その晩はヌく予定もなかったので承諾。


トータルP2300になってしまいました。

半分以上、ドブに捨てた気分。


尾根遺産のテクニックがもう少しあるとか、向こうも感じてくれて、とかあれば満足感も違ったものになるでしょうけれど。


タッチNGでもHJだけでイける自信があればP1600で済むわけで、それならばアリ??


しかし当時およそP1600=¥3600でしたから、インドネシアなら430,000Rpくらい。30$としてベトナム・ドンなら600,000程度。


それでタッチNGのHJのみと考えてしまうと、虚しさだけが残りました。

所用を済ませて、バコロド最終夜(月曜)。
再度ゴールデン・フィールドに出撃。


土曜日と月曜日では、同じBARなのに印象が全然違いました。
アングラ感が薄れ、広々と明るい店内。 なんで???


2軒でショー見物をし終えた23時過ぎ。
「フィールド」中央部の、オープン・スタイルのカフェっぽい場所に、土曜日とは違って、遠目にも若い尾根遺産の姿が。


近寄っていくと、例の日本語を話す女性が手招きします。
腰かけているのは、パッと見で【危険年齢】な小柄の尾根遺産。

bacolod2

正体を暴くべく、飲み物を2人分注文して話してみました。
飲み物はP40~60で、確かにGOGO(P100~200くらい)より割安。


童顔そのものながら、本人申告は24歳?!
昼間はセールス・レディをしていて、夜ここに来るのは週2回だけだ、と。


その手の自己申告は怪しいケースも多いのですが、小1時間しゃべっても辻褄は合っていて、言っていたことは本当のよう。
(ウソつきフィリピーナの場合、往々にして辻褄が合いません)


お持ち帰りはショートP1,500、ロングP2,500、「ママに」先払いだ、と。
GOGOより割安なので納得したのですが・・・


翌日、タクシーで聞いたら「ロングでP1,500が相場」なんだそう。
私はフッかけられたことに (涙

運転手によれば、ママの配下には30名くらいいるようです。


bacolod4

プランタ・ホテルに入ると、「ここは初めて」とキョロキョロ落ち着かない彼女。
物腰や会話の端々に、不慣れさが垣間見えました。


バコロドにホテルの選択肢はそう多くないので、このホテルが初めてということは、経験値も少ないのでしょう。


フィリピーナの24歳ともなれば、オッパイは垂れてきてボディの各所にシワが目立ち始めますよね?

彼女もそうでした。顔は1☆歳でも通用しそうなのに。

一戦を終えて、若干の交通費を渡して、ホテル入口までお見送り。


「今度いつ来てくれるの?」


以前は嬉しかったこのセリフ。


でもアジアナイトウォーカーとなって以降、同じ尾根遺産にリピートするよりも新規開拓が優先なので、そういう点で昔のような【楽しさ】を感じられなくなりました。


別れ際、トライシケルを捕まえて乗り込むその時、おもむろに振り返った彼女が、抱きついてきて路上キス!


かつてなら、後ろ髪を引かれて再訪したかもしれません。
でもアジアナイトウォーカー的に、バコロド再訪は 「なし」 ですね。


相場を教えてくれた、夜遊び好き運ちゃんの情報では、私が釣り上げたゴールデン・フィールド中央部のカフェではなく、その近くにもっと格安な道待娘たちがいるそう。


言い値はショートでP1,000だけど、P700が相場とのこと。
ただし 「泥棒が多いから要注意な!」 と。


他には割高なSPAもあるのだそう。


入会金?がP500、マッサージがなんとP1,400、本番料は交渉で、言い値P1,500、妥結目標P1,000。

SPAなのに、車でコテージ?に移動してヤルらしいです。



≪levin様のコメント≫

アジアナイトウォーカーさん、こんにちわ。

バコロド初めてでしたら、無理もありませんが、ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。

だから、飲み物頼まなくても、若しくは向かいの売店で直接買って持ち込みしても問題なしです。

何かと中間搾取というか、間に入ってマージン取りたがる輩も、彼女にまとわりついてきます。
ふらふらしたヒモもどきやトライの運転手もそうですね。


因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。

ACやwifi付きで快適な部屋だと感じれば、次の昼から入り浸りで1日中居て、3回位やってもP500でokでした。ただ、飯や菓子類は与えますけど。

バコロドに限らず、地方都市のフリーの子なら、ショート500でokです。高くても、700ですね。


≪管理人の返信≫

levin 様、ご教示ありがとうございます。
バコロド、というマイナーな場所なのに、ホントお詳しいですねぇ~


> ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
> あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。


ウゲッ! そうなんですか。
でも私の選んだ尾根遺産、いくら?と聞いたときも自分で答えず、ママ?の方を向いて、ママが答えましたよ。

だから「手配下」という認識だったのですが、違うのですね。


> 因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。


だとすれば、私の払ったP1,500からママもどきがマージン取っても、それでも私は「美味しい客」だったわけですね。
「今度いつ来るの?」と言うはずですね。


私がボラれたのはもう、取り返しはつきませんから、彼の地をこれから訪れる同朋が、私の経験を参考にしてもらえればまぁ、ヨシ としましょう。

このページのトップヘ