アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:フィリピン

最近郊外に移転したというカガヤンデオロの空港。
正式名は Laguindingan International Airport

これで国際空港かよ?

ハートヤイ空港を彷彿させる、小じんまりした風情で、周囲に建物の影も少なく、メーターTAXIも見当たらず。
(後でわかりましたが、空港敷地外に何台かいました。メーターを使ってくれるか不明ですが)


一服しているとすぐに、客引きが寄ってきます。
「City Center までいくらだ?」「600です」
「アンビリーバブル!いらない」「じゃあ500で」
「高い!乗らないよ!」


出口付近に並んでいるクーポンTAXIの看板に「CITY P199」と書いてあるのは確認済みなんだよ、まったく・・・


で、カウンターでP200を払って案内された先にはセダン型のタクシー。すでに先客が3名。
ゥゲッ! 乗合なのかよ・・・


市街地までのアクセス道路は、新設らしく一直線だが、凸凹で乗り心地が悪いあたり、さすがフィリピン・クオリティ(涙

地方都市だからと甘く見ていたが、(夕方だからか)市街地に入るとマニラ以上?の大渋滞。

結局ホテルまで90分間も、狭い後部座席に3名掛け状態。これならP500払って、専有のほうがマシかもしれない・・・

20131230113338aed

ディヴィソリアというのはSt.名ではなく地区名で、直線距離的には、エリア内のホテルから徒歩でも出撃できる程度。(縮尺をご参照)


しかし16軒はあるというKTV&ディスコがどのSt.にあるのかわからない以上、しらみ潰しにすべてのSt.をグルグル回っていると、トータルでは相当な距離を歩く羽目になりました。


上記の地図は、文字通り私の「汗の結晶」です。
マーカー空白地帯も、歩いた結果の空白なのですから。

上のエリアを計4日間探索したのですが、潰れて看板だけの店を含めても、16軒はなかったですね。
数軒は他のエリアなのでしょうか?


ただ、タクシーで直接お店に乗りつけていたら存在に気づけないであろう、
道待娘の発見に成功しました!


地図のマーカー8番のあたり。Rizal St. 沿いの2区画くらい。
1人でポツンと立っていることもあれば、3名で固まっていて、ポン引きが横にいるケースも。


レベルは、道待娘としては悪くない印象。
界隈のKTV、ディスコ(といっても実態はGOGO)のダンサーと遜色はありませんでした。


試しに1度、料金を訊ねたらST1,000 LT1,500 との回答でした。粘れば値切れるかもしれません。


ただし私の宿泊したホテルは、3☆なのにセキュリティが甘く、GOGOから持ち帰って、コトが終わり尾根遺産を帰した際、「帰していいか?」の確認TELがありませんでした。


某ディスコのママさんいわく、「ロングは止めなさい! 盗人が多いんだから」 とのこと。

(つづく)

フィリピンで、夜遊び情報の少ない都市を開拓してみよう!

そう思い立って狙いをつけたのがカガヤンデオロでした。


リサーチした印象は、風俗不毛の地ではないな、と。しかしお店の詳しい所在地がわかりません。


収集できた情報の要点を、原文表記のままでまとめますと、


・カガヤンデオロのKTV, DISCOには全裸ストリップがある。

・1店が込み込みロング1500,残りの店は2000,2500,3500とバラバラな料金

・釣れだし(*原文のまま)料金は16店全店込み込みで、バーファインの店は皆無

・日本人駐在員が利用するショートポリシー(基本2時間と3時間)は3軒

・デビソニア地区の殆どのKTVバーは 通行の多い商店街の雑居ビルにある

こんな程度でした。しかも申し上げにくいのですが、主たる情報源のブログは、わかりづらくて。


そもそもデビソアは誤りで、正しくはディヴィソアDivisoria だし、「釣れだし」みたいな初歩的な誤変換が散見されると、失礼ながら、内容の信憑性も疑わしく感じてしまいます。


「連れ出し料金は全店コミコミで、バーファインの店は皆無」だとして、読者の皆さん、この文章で意味が通じますか?
私は???でしたけど。


念のため、一般的にバーファインとは「営業時間内に、指名嬢を早退させて連れ帰る際の、お店への違約金」ですよね。

実際にカガヤンデオロで何軒も回りましたが、どこでもみな店員・ママさんは「連れ出しする?」の意味で「バーファイン?」と聞いてきましたよ。


言わんとすることはつまり、バーファイン(お店に払う)と嬢への謝礼(普通は連れ出した後に払う)の「合計額をお店に先払いするシステム」という意味でしょう。

実際そのとおりでしたから。 
追加チップは客次第。交通費も客次第。UP TO YOUと説明を受けました。


以下、カガヤンデオロのミニ旅行記です。
「地球の歩き方」でも割愛されている都市ゆえ、カガヤンデオロとはどんな場所なのか、も盛り込んでお届けいたします。

CIMG2740

セブ発カガヤンデオロ行きのセブパシフィックは、小さめのプロペラ・エンジン機。

チェックイン時に体重を計測され、ヘビーな私は家族連れに挟まれて通路寄りの席。


いざ滑走路へ。と、ここでエンジン音が変!

緊急でメンテ要員が駆けつけて来ましたが、直らず。一旦建物内に戻されて、待たされること90分で再搭乗。


もう異音はしないな・・・と安心したのも束の間、「現地が豪雨のため、このまま待機します」ですと(涙


ああ、これでは先が思いやられる。前途多難の予感。。。哀しいかな、こういう時の予感は当たるんですよね。

(つづく)


≪eggman様のコメント≫


いつも貴重な情報有難う御座います。 eggmanと申します。
初めてコメント致します。


私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが、バーファインについて 一言だけ書かせていただきます。

バーファインには、基本的に連れ出し料とSX料が含まれています。
ですから カガヤンデオロのスタイルが本当のスタイルです。

バーファインには、女性の取り分が含まれています。

いつの頃か バーファインと別にチップを請求する様になりました。
これも恐らく日本人が悪いのでしょう。

15年前迄はアンヘレスでもバーファインと帰りのトライシクル代P100で良かったんですけどね。今後も貴重な情報楽しみにしております。


≪管理人の返信≫

eggman様、はじめまして。コメントありがとうございます。


> 私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが


うわぁ! 大ベテラン様じゃありませんか・・・私の2倍!


> いつの頃かバーファインと別にチップを請求する様になりました
> これも恐らく日本人が悪いのでしょう


そうなんですか?・・・私がマニラ・デビューした頃にはすでに今の状況でしたので、それが当然だとばかり思っておりました。


どうか今後とも大所高所からのご指導、よろしくお願い申し上げます。

今回はWFR様から頂戴した、タイ&フィリピンという2大メジャーSPOTの近況です。



①チェンマイ

6年ぶりでしたが、ほとんど以前と変わらない風景でした。変わったところといえば、ホテルがすべてWIFI対応になったくらいでしょうか。


昼間はバイクでMPをあちこち回りましたが、質も量もいまいちで実際に入る気分にはなれず、夜はただオープンバーを回って飲み倒し、酔ったら帰って寝るという生活でした。


トゥクトゥクのおじさんを何人か捕まえて、置屋の場所を聞いたのですが、既に無くなってしまったのか、知らないとの回答でした。

のんびりするにはいいですが、遊ぶならバンコクの方が良いかもしれません。

bangkok-2300620_640

②バンコク

昼間は買い物したり、知り合いと会ったりで忙しくしていましたが、夜はソイカウボーイへ。

中はうるさいので外でまったり飲んでいたら、珍しく日本人女性の2人組がいたので、店のシステムなどを教えてあげたりしながら、一緒に飲んでました。


結局、バーでは飲みだけで終了し、テルメーに行ったら、日本人が大量にいたので、目の前にいた相手とさっさと話をつけて引き上げました。

21歳の女子大生でしたが、英語も相当話せ、いい感じでした。


③マニラ

深夜発早朝着のセブパシでバンコクからマニラへ移動。

ベイカフェを定期的に観測するもいまいち。

夜は日系KTVを巡回し、ひたすら知り合いにお布施を配っていました。


日本人女性が経営する店に行ってみたところ、カラオケは無く静かな雰囲気で、総額500Pで飲み放題と良心的な店でした。

そこで会った日本人の居酒屋オーナーから、いろんな面白い話を聞くことができました。

japanese-2358861_640


WFR様、ありがとうございました。


チェンマイのMPって、クオリティが低下したんですかね?それと置屋が無くなった? のは気になります。

トゥクトゥクのおじさん達が言うのだから、間違いはないでしょうし。そうしますとチェンマイの風俗全体が衰退の一途、とも考えられますね。


それからソイカに邦人女性、ですか・・・・Gダイに連載中の【とんぼ】さんみたいなツワモノが、他にもいらっしゃるんですねぇ。


かつてこのブログで【くのいちナイトウォーカー】と紹介したとんぼさん、少し前に久しぶりにお会いしたんですが、私が未開拓なままの台湾取材とかもされて、ご活躍のようで、師匠?としては嬉しい限りです。


ソイカもテルメもそうなんですが、【日本人がうじゃうじゃ】している場所に行くのが、もうイヤなんですよね、私。


もちろんその行為を否定するわけじゃないですよ。私だって、アジア風俗デビューはエドコンですから、最初は誰もが通る道だと。


何と例えたらいいか、、、【恥ずかしさ】の基準が、私のなかで変化した、とでも申しますか。

かつては海外でも“群れている”ことが安心感だったのに、今は逆なんですよね。


ひとくちにマニラ風俗と言っても、GOGOもあれば置屋もあり、ベイカフェは健在ですし、日本人向けKTVは数知れず。


そんななか今回は、お馴染み磯仁様の、今度はマニラのMP「STAR FLEET」の体験談です。


フィリピーナの実物画像があったために、FC2では有料記事としましたが、今回は一般公開いたします。


STAR 4

土曜日の午前11時10分に入店しました。

エレベーターで3Fに上がり、最初に真っ直ぐに行った先にあるDELUXEの受付に行くも受付は空で、その前にある娘の待機所にも娘は一人も居りませんでした。


直ぐに寄って来た男性スタッフが、こっちと言って階段を下りて2Fへと案内してくれます。

2Fには既に男性客が5-6人、既に皆さん娘さんを指名したようで、受付で支払中でした。

横に侍る娘さんらは皆スタイルが良く、すらりとした長身でスリム、しかもかなりの美形です。


で、案内された娘さんの待機所には何と一人だけがぽつんと座っておりました。

さすがに容姿は残り物という感じで、悪くは無いのですが、良くもありません。これでは選べません。


するとスタッフが「こっちでちょっと待って」とラウンジへ案内してくれます。

待つこと数分、再び案内されて行くと、中には新たに6-7人の娘さんが座っております。

部屋にはガラスの窓ガラスは無くなっており、代わりにすだれのようなものがそこに垂れ下がっているだけです。以前からの壁の覗き窓はそのまま残っております。

STAR 6

すだれ越しに左の娘から順に眺めていくと、皆、視線に目を合わせて思い思いのアピールをして来ます。

中で優しそうな美人顔の娘さんを指名し、受付にて2,000Pを支払います。この料金には部屋代とマッサージ 90分の代金が含まれているとの説明を受けます。

支払いを終えるとあちらで靴を脱ぐように言われ、サンダル履きになり、娘さんの案内で奥の部屋へと向かいます。靴は預かって貰います。


彼女、年は23才で、3才になる子供がいるそう。マニラ近郊から毎日バスで片道2時間半かけて通っているそうです。

顔は美形で優しそうな顔、肌は白くて小柄です。


STAR 9

まずはシャワーということでお互い服を脱ぎますが、初日ということもあり、とにかく久しぶりのフィリピン娘を抱きたいという気が逸っていたせいで、服を脱ぎ終えた彼女を後ろから軽く抱きしめて前を向かせ、そのままベッドへと押し倒します。

彼女も嫌がらずに受け止めてくれましたのでそのままプレイを続行します。


首筋から胸へと唇を這わせ、彼女の柔らかくて白い肌を堪能します。

胸はやや小振りながらも張りのある形の良い乳房。乳輪、乳首は小さくて淡い薄茶色、とても子供を産んだとは思えない感じです。

お腹も弛みは無く、もちろん子供を産んだとは見えない綺麗さです。

そのまま乳房を揉みながら、もう片方の乳首を含んで口で転がします。


彼女も片手でこちらのモノを握りながら先をこねくり回すようにしてくれ、充分に固くなったところで彼女がスキンを装着してくれて、まずは立ったまま正上位で挿入。

彼女の柔らかい肌に包まれながらゆっくりと前後に動き、彼女のふくよかな体を堪能します。

最後は激しく突いてそのまま満足のフィニッシュです。


STAR 14

終えた後一緒にシャワー、彼女はソープを塗りながら丁寧に背中まで洗ってくれます。

シャワー中に目の前にあるマットを指差して「マットプレイが出来るの?」と聞くと、「少し」とだけ言って素知らぬフリをします。

どうやら一戦終えた後だけに、もうマットはやりたがらないようです。


で、残り時間は再びベッドに移り、うつ伏せになって、アロマオイルを塗りながらのマッサージ。

が、腕はヘタと言うよりただ単にオイルを塗りながら、軽く指先でつまんで押す程度のものでした。しかも30分もしないうちに「終わり」だって。

二戦目のお誘いどころかマッサージもおざなりなもので、且つ90分どころかトータルでも一時間程の早上がりでした。これは残念。


再びシャワーで洗って貰い、着替えて終わりです。

最後にお礼の2,000Pと、ほんの少しの+αを子供にね、と言って渡してお別れです。彼女、にっこりと受け取ってくれました。

確かに美形で肌も白く、体型も小柄ながらもスタイルも良くて綺麗な娘ではありましたが、やはりマット洗いなどのトータルのプレイがあってこそPresidentialの謂れなのかも知れません。


部屋を出て再度靴を脱いだところへ行くと、靴担当のボーイが両足を丁寧にタオルで拭いてくれ、靴下まで穿かせてくれます。

ここで最後にやっと「President」な気分を味わってお店を後にします。


帰り際にPresidentialの娘の一人が駆け寄って、日本語で話しかけて来ました。

流暢な日本語でしたので、元は日本向けのお店に勤めていた娘さんなのかも知れません。

「モーニング」先週発売号から「島耕作」のジャカルタ編が始まりました。


毎号買っているわけではなく、時々マンガ喫茶でまとめ読みするのですが、秋元康に続いて弘兼憲史もジャカルタにフォーカスしたことで、インドネシアへの理解が少しでも深まることに期待します。


長年にわたる「島耕作」シリーズのなかでも、私が一番好きなのはフィリピン編です。「課長 島耕作」10~12巻ですから、1990年頃です。

でも改めて読んでみると、今でも“フィリピンの人々”を理解する入門書として秀逸ではないかと。


republic-of-the-philippines-2077194_640

いくつかのエピソードが並行して描かれますが、例えば


島の仕事仲間、バツイチ子持ちの五十嵐はフィリピン・パブで知り合ったステラに惚れ込み、結婚を決意。

最初は反抗した息子も、日本語が覚束ないステラを家族に迎える気に。


ところが一旦フィリピンに帰ったステラの様子を窺いに、トンドの貧民街に行った島は、ステラに夫も子供もいると知り、愕然。

さらに他社の駐在員(島の隣人)の現地妻も、同じステラだと判明。


五十嵐にどう報告しようか悩む島耕作。

その時、嫉妬に狂ったステラの夫が隣室に押し入って、ステラを射って、島も絶対絶命・・・のところ、瀕死のステラが夫を射殺、そして自分も息絶えます。


エピソードのなかで、五十嵐から毎月5万円の仕送りをもらいながら、それを「初芝電産からの給与」だと夫に説明していたステラ。


その行為を「五十嵐への裏切りだ」と責める島に、ステラはこう言い放ちます。


「持っている者が、持っていない者に分け与えるのは当然でしょ」
「あと1年で家が買えるの! それまで見逃して」
「カトリックだから、離婚はできないの」


息を引き取る間際、ステラの最後の言葉は「本当に五十嵐さんを愛してたのよ」でした。


惚れやすいフィリピーナ
したたかなフィリピーナ
愛あふれるフィリピーナ
たくましいフィリピーナ
家族が何より大事なフィリピーナ


こうした気質が非常にうまくストーリーに取り込まれています。


並行するもうひとつのエピソードは、秘書のローラと島の関係。

あまた登場する島耕作シリーズの「相手役」のなかで、ローラは私が一番好きなキャラです。


屋台で食事しながら、島に説教されて涙するローラ。

やはり食事中に突然停電になり、暗闇でキスしてきたローラ。

印象的なシーンがいくつも。


出会った女性とすぐにハメまくる(笑)島耕作ですが、このローラとは最後までプラトニックなんですよね。


私がアジアの尾根遺産にハマった、その入口がフィリピンだったのは、この島耕作「フィリピン編」の影響もあったと思います。


20160914_191742

現地に少しでも溶け込もうと、レストランではなく、屋台やトロトロで現地飯ばかり食べる島耕作の姿勢は、アジアナイトウォーカーとなって以降の私のスタンスになったり。


同僚のイタズラで島の部屋に送り込まれたGOGOのフィリピーナが、島が手を出さずに帰そうとすると、怒るんですね。

「そういう商売の女性にも、別な種類のプライドがあるんだなぁ」と感心したり。


研修で日本に来たローラが島と、歌舞伎町を歩いていたら、酔客に「いくらでヤラせてくれるんだ」と絡まれるシーンでは、日本人のフィリピン人に対する偏見に、チクチクと居たたまれなくなったり。


ステラの夫に銃を突き付けられたものの、九死に一生を得た島耕作は、その後仕事絡みで恨みを買い、車中でマシンガンの掃射を浴びます。

そこで同僚:樫村は息を引き取り、負傷した島は帰国することに。


それでもマニラを発つ際に、島耕作がつぶやくんですね。

「いろんなことがあった1年だけど、やはりこの国が、人々が好きだ」と。


私も全く一緒ですね。


おカネ関連で、いろいろイタい目に遭わされたことも、現地のルーズさとか理不尽さにキレたことも、多々あります。


それでもフィリピンが、フィリピーナが嫌いになれない私です。


そして今後、どんなジャカルタが描かれるのか期待しています。


≪追記2013/04/01≫

上の記事は火曜日にUPしたものですが、3/28発売号を見てビックリ!!!


まさかジャカルタ編にあのローラが登場するとは・・・・だって、ローラはフィリピーナですよ?!


弘兼先生も、ローラには思い入れがあるんだなぁ~

島耕作の最後の?仕事に、わざわざ絡ませるんだから。


大町久美子と結婚したんだから、ローラとは最後までプラトニックのままでいてほしいんだけど、島耕作にそんなこと、期待するのは無理だろうなあ(苦笑

どうなるんでしょう、今後の展開は。

このページのトップヘ