アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:フィリピン

今回はかつて私がマジ惚れした、フィリピンの女子大生のお話し。

 

◎ブログでも内緒でしたが

実は彼女とはフィリピンで3ケ月半の間、週末同棲をしていました。

その娘は夜間、ウェイトレスのバイトをしながら学ぶ苦学生でした。

親戚宅に寄宿していたので、私の部屋に泊まれるのは週末のみ。


彼女との馴れ初めについては旧ブログの200本目の記事にしていました。

 

◎同僚を案内したGOGOで

後輩とフィリピンに行った時のこと。

いつも1軒目でパートタイム・ラバーを即決してしまう後輩が、その日は1軒目でイイ娘がいたのに指名が叶わず、流れ流れてついに7軒目。


ダンサーを眺めていた私たち。飲み物を運んできたウエイトレスを見て『この娘が一番カワイくない?』 と。


ダメモトで横に座ってくれる?とお願いしたらOKいただいちゃいましたぁ~


エル(仮名)はもうすぐ19歳の学生。

学費を稼ぐためウェイトレスをしていて、接客はしたことないし、日本人とはまともに会話をしたことがない、と。(当然日本語不可)


そんなエルでしたが、なぜか私をメチャ気にいってくれたみたいで。

◎なぜか対抗意識を燃やして

後輩に馬乗りになったGOGOダンサーが【ボディ・ショット】を開始。


するとすでにホロ酔い気味のエルが、妙にダンサーに対抗意識を燃やし、「ワタシだって、プライベートではすごいセクシーダンスするんだから!」なんて言いながらも恥じらっています。


う~~ん、カワイイっっ。


ダンサー嬢が「今夜はカレの上で3回踊っちゃおう」と挑発してきたら「ワタシたちは10回愛し合うんだから!ねっ?」と言い返すエル。


おいおい、俺を何歳だと思っているんだ。。。

それにキミは、そもそもテイクアウト不可じゃないのか??

silhouette-663589_640

◎オヤジのハートを射抜いたセリフ

2時間ほど盛り上がって、後輩は当然ダンサー嬢を持ち帰り決定。

私はまた別の店にでも、、、と思ったら、エルは『あなたのホテルに行く!!』と。


それからが大変でした。

ウェイトレスの彼女は、3時の閉店まで仕事するのが決まり。


別の場所にいるボスに承諾を貰うから
、と何度もメール&電話するエル。


交渉に時間がかかるので後輩を先に帰し、待つこと30分。ボスの最終回答はOKに。 


しかしボスから、ダンサーの3倍ものバーファインを要求されてしまいました。


おカネでテイクアウトされるんじゃない!

この人におカネを払わせないで!


エルのこの言葉に、オヤジのハートはKOされちゃいました・・・


18歳の娘にそこまで言われたら、格好つけざるをえませんよね?「いいんだ、エル。それでキミと2人きりになれるなら」

◎燃え上がる感情のままに

カトリック信者であるフィリピーナは、本気の相手とは避妊しませんよね。

(だから多くのジャピーノがいるわけで)


その晩2回、次の晩も2回。本気でエルを愛しました。

エルも本気で愛してくれました。 


私がナマナカするのは基本、「もしもの時、責任は取る」と決意した、マジ惚れした相手とだけです。


3度目に、私が正常位でFINISHした直後、下になっていたエルがガクガクッと震え、アソコがギュ~~っと収縮、まだ硬い愚息がPush Outされてしまいました。


放出されたばかりの白濁液とともに、、、

OH,MY GOD !!


別れの朝。無邪気な微笑をたたえながら、エルが囁きました。

まだ6回、分割払いが残っているから、必ず返しに来てネ!

 

◎後日談

「責任は取る」と心に誓って、フィリピンに再び渡った私は、賃貸のアパートを探しました。


エルが学業を優先できるよう、大学に払う学費も一部支援しました。


エルが卒業したら、いずれは。。。


そんな中年オヤジの夢想は、3ケ月後のある日突然、終焉を迎えました。


エルが私のデジカメを操作してしまい、ナイトウォーカーとして撮影してきた、遠征先の尾根遺産たちの画像が・・・


そしてエルが不在の平日に、夜の盛り場でGETしたフィリピーナをアパートに連れ込んでいた証拠画像も。

久しぶりにフィリピン関連のご購入者様体験談を。


まず超ベテランのM様(M様は複数いらっしゃいます)から昨年・今年と頂戴したメールを、編集のうえUPいたします。

CIMG2702


◎2014


マニラ編の情報は殆ど知っていましたが、エルミタのレッドルースターが日本人経営とは知りませんでした。

確かに、このタイプの店では一番、品揃えがいいと思いました。


****が置屋とも知りませんでした。 行きましたよ。
見学にチーママさんが対応してくれました。

女の質は? 
すでに接客している嬢は良かったかも。


LAは確かに、夜はオワってますが、まだ昼は素人のいい娘(売春じゃなく本当に出会いを求めている娘)が紛れていますよ。

昼がお勧めです。 

これからのマニラは素人との擬似恋愛に徹しようと思ってます。


今回は、ケソン、クバオが中心でした。


アジアナイトウォーカーさんの夜遊びガイド本は、確かに初心者には十分だと思います。
あれ以上の情報は危険が少し伴いますからね。


ブルゴスのボトムはトップレスですが、女は白人向けサル顔で?高いし、PlanBの方が日本人向けかな? 高いけど。


ブルゴスの遊び方は、夜1時2時ぐらいにいき、閉店4時までいて、気に入られて2-3人スネークアウトして、韓国焼肉でジンロをがんがん飲ませてから
安くかタダで3P,4Pというのがお勧めかな?


最近のマニラで気になるのが、どこでも子持ち率が95%ぐらいになってきてるような気がします。
そろそろ素人に転換したほうがいいと思ってます。


今回、ペガサス、クラスメイトでスパニッシュ系を連れ出しましたが、最高にきれいでしたが子持ちでした。


クバオのローカルでも、女の質は変わらないのではないかな?と思ったけど、飲み物は安いけどVIP代、やり代で結局はP5,000になるので、この遊び方も高いですね。(クラブより安いけど)


◎2015


エルミタの置屋バー街、あそこの尾根遺産は100%子持ちでしょう。 

ママ曰く、2-3ヶ月以内、ポン引き曰く、1年後に閉鎖、マンションになるらしいです。


アンヘレスのレベルあがってると思いました。(でも、子持ち率が90%)
あとでエドコンにいくと、「やっぱりいいな、高いけど」 と思いました。


今回はアンヘレスのチェリーをターゲットで遊びました。
本人とはホテルOKまで口説いたのに、ママさんストップで、非常に惜しい展開でした。


さすがは経験値豊富なM様、夜遊びの流儀にある種の風格を感じました。

ブルゴスに関しては、WFR様からもこんなレポートを頂戴しております。

マカティのブルゴスに滞在しましたが、新しい店ができて、それなりに盛り上がっていました。


ただしGOGOバーについては、バーファインが高いこともあり、スネークアウトを警戒してか、店側の監視が相当厳しくなっていました。


お姉さんから電話番号を教えてもらえないので、こっそり電話番号を書いた紙を渡したところ、店が終わった後、朝6時前に電話がかかってきて、本当にホテルにやってきたのには驚きました。

本当にホテルに来る、というのは、ベテランWFR様の手管あればこそ、のような気もしますが・・・


私はそのスネークアウト、以前から話は聞いておりますがTRYしたことはありません。朝4時の閉店後、というのが、どうにも。 。 。

※元のブログでは有料記事でしたが、情報が古くなったと考え一般公開いたします。

フィリピンでも、訪れる邦人は多くないであろう、地方都市イロイロ


実は2年前に、この街の夜遊び開拓をされたP様から情報を頂いておりました。


ブログ公開せず、私自身が行ってみて、というP様のご要望だったのですが、その後、機会もなく・・・


情報は鮮度が命。

このままではせっかくの夜遊び情報が腐ってしまうので、有料記事としてなら、P様の意向を多少は汲めるかな、と。
(P様、活用できず申し訳ございません)


イロイロ風俗は、摘発でだいぶ下火になったそうですが、それでも2年前の時点で、置屋はショートP1,000、高級置屋でもP1,500、ロングは倍額、だそうです。


philippines-festival-1312613_640

夜遊びと言えば Smallville だと誰もが言うので、最初に行ってみました。


結果はなんというか・・・。


確かにディスコやらバーやら、いわゆるナイトライフなお店がたくさんあるのは間違いないんですけど、まるでお台場みたいな雰囲気なんですよ。


健全な香りがプンプンで、いかがわしい私には眩し過ぎました(笑)


一応、セクシー尾根遺産をお持ち帰りできる店もあるらしいですが、そんなお店を探すこと自体が苦痛になるほど居心地が悪かったです。


すぐに見切りをつけてタクシーをつかまえ「セクシーマッサージを受けられる店、知ってるか?」と聞いたところ、「King Spaという店があるけど、たぶん高いよ」との答え。


とりあえず行って値段を聞いてみたら、マッサージ代P1,900、スペシャルは別料金だそうです。おそらく総額でP3,000超えますね・・・。確かに高い。


「ブンブンしたいなら、レッドハウス(置屋)のほうがいいよ」と運ちゃんが言うので、そのまま置屋を案内してもらいました。


場所は、私が泊まった 88 Plaza Hotel 近辺です。


昔はこの近辺にたくさんの置屋があったらしいのですが、今は数軒しか残っていないそうです。


店構えが普通の民家なので、自力で探すのは難しいですね。怪しげな色のライトが灯っているので、なんとなくはわかりますけど・・・。


それに、それぞれのお店がけっこう離れているので、何軒か周るには結局タクシーに乗らないと厳しいです。


値段は店によって違って、安いところはショートP1,000。高級置屋のホワイトハウス(というレッドハウス(笑))はP1,500でした。チップをP500あげてもSPAより安いですね。ロングは倍額だそうです。


ホワイトハウスでお持ち帰りした尾根遺産に聞いたところ、P1,500中、女の子の取り分はわずかP500。そのかわり、衣食住の面倒をみてくれるんだそうです。


タクシーで行くと店が運転手に紹介料を払わなければいけないので、P1,500以下に値段交渉するのは難しいとのこと。


次に来るときは、途中でタクシーを降りて歩いてきたほうがいいよ、と尾根遺産がアドバイスしてくれました。フランクでいい娘ですよね。


ちなみに18歳のムチムチ嬢です。明日もあの娘と遊ぼうかな(笑)

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」で紹介している、エルミタのKTV(カラオキヤ)に今回も出撃。

ネットにこの店の情報が少ないのは、邦人経営ではないからです。

この晩の選択肢は13名。うちカタコト日本語可が4名。

ここはもう10年来の馴染みなのですが、以前よりちょっと平均年齢が高くなった印象。そのなかから23歳、キャリア3ケ月のDちゃんを指名。

日本語は不可ですが、こちらのトークに対するリアクションが秀逸で、「この娘ならロングでも波長が合うだろうな」とお持ち帰り。


ホテルのロビーでDちゃんの到着を待ち、まずは近所のコンビニに。
ここで「おねだり」してくる尾根遺産は要注意、というのが私のチェックポイントのひとつ。


「飲み物を選んでいいよ」
「じゃあ、水でいいわ」
「お腹は空いてない?」
「私は大丈夫。アナタは?」
「お菓子はどう?チョコは?」
「ううん、私は何もいらないわ」

この時点でDちゃん、すでに高ポイントです!


部屋でTVをつけたら、この晩はちょうど、バリ島で開催されたMISS WORLD を中継していて、イチャつきながら観ていました。

日本代表は早々に脱落しましたが、フィリピン代表のMeganちゃんがメチャクチャ綺麗で、最後まで応援していたら、なんと優勝しちゃいました!


翌日の現地紙はTOPでこの快挙を伝えていましたね。


CIMG2704

その後セブ、カガヤンデオロと回りましたが、メディアのフィーバーぶりは、日本より遥かに熱いです。
そもそもミスコンが好きなんですよね、フィリピン人って。


で、栄冠を見届けたところでプレイ開始。
ロングで遊ぶならやっぱり、じっくり仲良くなっておいて、恋人モードでキスしまくりながらハメたい私。


7人兄弟の末っ子で、これまで風俗勤務したことがないうえ、特定のBFもいなくて、経験が少ない、と自己申告していたDちゃん。

言葉どおり、Hに慣れていないのがモロわかり。
学生時代を彷彿させる、青林檎テイストなHを満喫できました。

このページのトップヘ