アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:フィリピン

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」で紹介している、エルミタのKTV(カラオキヤ)に今回も出撃。

ネットにこの店の情報が少ないのは、邦人経営ではないからです。

この晩の選択肢は13名。うちカタコト日本語可が4名。

ここはもう10年来の馴染みなのですが、以前よりちょっと平均年齢が高くなった印象。そのなかから23歳、キャリア3ケ月のDちゃんを指名。

日本語は不可ですが、こちらのトークに対するリアクションが秀逸で、「この娘ならロングでも波長が合うだろうな」とお持ち帰り。


ホテルのロビーでDちゃんの到着を待ち、まずは近所のコンビニに。
ここで「おねだり」してくる尾根遺産は要注意、というのが私のチェックポイントのひとつ。


「飲み物を選んでいいよ」
「じゃあ、水でいいわ」
「お腹は空いてない?」
「私は大丈夫。アナタは?」
「お菓子はどう?チョコは?」
「ううん、私は何もいらないわ」

この時点でDちゃん、すでに高ポイントです!


部屋でTVをつけたら、この晩はちょうど、バリ島で開催されたMISS WORLD を中継していて、イチャつきながら観ていました。

日本代表は早々に脱落しましたが、フィリピン代表のMeganちゃんがメチャクチャ綺麗で、最後まで応援していたら、なんと優勝しちゃいました!


翌日の現地紙はTOPでこの快挙を伝えていましたね。


CIMG2704

その後セブ、カガヤンデオロと回りましたが、メディアのフィーバーぶりは、日本より遥かに熱いです。
そもそもミスコンが好きなんですよね、フィリピン人って。


で、栄冠を見届けたところでプレイ開始。
ロングで遊ぶならやっぱり、じっくり仲良くなっておいて、恋人モードでキスしまくりながらハメたい私。


7人兄弟の末っ子で、これまで風俗勤務したことがないうえ、特定のBFもいなくて、経験が少ない、と自己申告していたDちゃん。

言葉どおり、Hに慣れていないのがモロわかり。
学生時代を彷彿させる、青林檎テイストなHを満喫できました。

カガヤンデオロ探訪記の最終回です。
ディヴィソリア界隈の関連情報と総括を。


カガヤンデオロ行きを決め、エアを予約したのは昨年7月の上旬でした。
ところが7月27日 にこんなニュースが。


カガヤンデオロ市内のショッピングモール内にあるレストランで爆発が発生。
(6名死亡,46名が負傷)
市長が先週からテロ予告を受けていて,当局が警戒強化していた中で発生した模様。


さらに9月には、同じミンダナオのサンボアンガ市で、イスラム過激派が人質をとって立てこもる事件が発生しました。


ゆえにカガヤンデオロへの渡航を推奨するわけには参りませんが、現地はいたって平和な雰囲気でした。


悪夢の「売春禁止デー」当日は、セブ島のシヌログ祭りと同じ曲で、ナマ脚を露出した若いフィリピーナの大群がパレード。
目の保養にはなりました。


CIMG2741

マニラのように「シャチョー、オンナ!ビアグラ!」みたいな鬱陶しい輩は全くいません。


GOGOでも、しつこく何か勧められることはなかったですし、街なかを夜中に歩いていても、危険は全く感じませんでした。


そもそもカガヤンデオロは学園都市。

ディヴィソリア界隈のカフェやレストランは、制服姿の学生や若いカップルで、食事時はどこも大賑わい。
外国人のオヤジが一人で入店するのは躊躇したくなります。


しかも驚いたことに、大学生とおぼしき「男女混合」グループが、ストリップ・ショーをしているGOGOに楽しそうに飲みに来ているんです! 何組も見ました。


ローカル客も数名でのグループ来店が多く、尾根遺産を横にはべらせず、ショーを観ながら飲んでます。

邦人らしき姿もチラホラありましたが、尾根遺産とジャレているのはもっぱらK国人でした。


メイン・ストリート付近のピザ屋やファストフード店は入店しづらいので、お勧めはマーカー1番のThai Me Up。この界隈で最もオシャレな雰囲気の、広いタイ料理レストランです。
CIMG2737

そしてエリア唯一の貴重な和食処が、マーカー2番の「かも川」。

隣接しているラウンジ「ぎおん Gion」とともに、オーナーは日本人の、しかも女性です。


ちょっぴりお話を伺ったのですが、フィリピン男性とご結婚され、カガヤンデオロにいらしてもう17年になるそう。


ご駐在の方々のオアシスなんでしょうね。

最近郊外に移転したというカガヤンデオロの空港。
正式名は Laguindingan International Airport

これで国際空港かよ?

ハートヤイ空港を彷彿させる、小じんまりした風情で、周囲に建物の影も少なく、メーターTAXIも見当たらず。
(後でわかりましたが、空港敷地外に何台かいました。メーターを使ってくれるか不明ですが)


一服しているとすぐに、客引きが寄ってきます。
「City Center までいくらだ?」「600です」
「アンビリーバブル!いらない」「じゃあ500で」
「高い!乗らないよ!」


出口付近に並んでいるクーポンTAXIの看板に「CITY P199」と書いてあるのは確認済みなんだよ、まったく・・・


で、カウンターでP200を払って案内された先にはセダン型のタクシー。すでに先客が3名。
ゥゲッ! 乗合なのかよ・・・


市街地までのアクセス道路は、新設らしく一直線だが、凸凹で乗り心地が悪いあたり、さすがフィリピン・クオリティ(涙

地方都市だからと甘く見ていたが、(夕方だからか)市街地に入るとマニラ以上?の大渋滞。

結局ホテルまで90分間も、狭い後部座席に3名掛け状態。これならP500払って、専有のほうがマシかもしれない・・・

20131230113338aed

ディヴィソリアというのはSt.名ではなく地区名で、直線距離的には、エリア内のホテルから徒歩でも出撃できる程度。(縮尺をご参照)


しかし16軒はあるというKTV&ディスコがどのSt.にあるのかわからない以上、しらみ潰しにすべてのSt.をグルグル回っていると、トータルでは相当な距離を歩く羽目になりました。


上記の地図は、文字通り私の「汗の結晶」です。
マーカー空白地帯も、歩いた結果の空白なのですから。

上のエリアを計4日間探索したのですが、潰れて看板だけの店を含めても、16軒はなかったですね。
数軒は他のエリアなのでしょうか?


ただ、タクシーで直接お店に乗りつけていたら存在に気づけないであろう、
道待娘の発見に成功しました!


地図のマーカー8番のあたり。Rizal St. 沿いの2区画くらい。
1人でポツンと立っていることもあれば、3名で固まっていて、ポン引きが横にいるケースも。


レベルは、道待娘としては悪くない印象。
界隈のKTV、ディスコ(といっても実態はGOGO)のダンサーと遜色はありませんでした。


試しに1度、料金を訊ねたらST1,000 LT1,500 との回答でした。粘れば値切れるかもしれません。


ただし私の宿泊したホテルは、3☆なのにセキュリティが甘く、GOGOから持ち帰って、コトが終わり尾根遺産を帰した際、「帰していいか?」の確認TELがありませんでした。


某ディスコのママさんいわく、「ロングは止めなさい! 盗人が多いんだから」 とのこと。

(つづく)

フィリピンで、夜遊び情報の少ない都市を開拓してみよう!

そう思い立って狙いをつけたのがカガヤンデオロでした。


リサーチした印象は、風俗不毛の地ではないな、と。しかしお店の詳しい所在地がわかりません。


収集できた情報の要点を、原文表記のままでまとめますと、


・カガヤンデオロのKTV, DISCOには全裸ストリップがある。

・1店が込み込みロング1500,残りの店は2000,2500,3500とバラバラな料金

・釣れだし(*原文のまま)料金は16店全店込み込みで、バーファインの店は皆無

・日本人駐在員が利用するショートポリシー(基本2時間と3時間)は3軒

・デビソニア地区の殆どのKTVバーは 通行の多い商店街の雑居ビルにある

こんな程度でした。しかも申し上げにくいのですが、主たる情報源のブログは、わかりづらくて。


そもそもデビソアは誤りで、正しくはディヴィソアDivisoria だし、「釣れだし」みたいな初歩的な誤変換が散見されると、失礼ながら、内容の信憑性も疑わしく感じてしまいます。


「連れ出し料金は全店コミコミで、バーファインの店は皆無」だとして、読者の皆さん、この文章で意味が通じますか?
私は???でしたけど。


念のため、一般的にバーファインとは「営業時間内に、指名嬢を早退させて連れ帰る際の、お店への違約金」ですよね。

実際にカガヤンデオロで何軒も回りましたが、どこでもみな店員・ママさんは「連れ出しする?」の意味で「バーファイン?」と聞いてきましたよ。


言わんとすることはつまり、バーファイン(お店に払う)と嬢への謝礼(普通は連れ出した後に払う)の「合計額をお店に先払いするシステム」という意味でしょう。

実際そのとおりでしたから。 
追加チップは客次第。交通費も客次第。UP TO YOUと説明を受けました。


以下、カガヤンデオロのミニ旅行記です。
「地球の歩き方」でも割愛されている都市ゆえ、カガヤンデオロとはどんな場所なのか、も盛り込んでお届けいたします。

CIMG2740

セブ発カガヤンデオロ行きのセブパシフィックは、小さめのプロペラ・エンジン機。

チェックイン時に体重を計測され、ヘビーな私は家族連れに挟まれて通路寄りの席。


いざ滑走路へ。と、ここでエンジン音が変!

緊急でメンテ要員が駆けつけて来ましたが、直らず。一旦建物内に戻されて、待たされること90分で再搭乗。


もう異音はしないな・・・と安心したのも束の間、「現地が豪雨のため、このまま待機します」ですと(涙


ああ、これでは先が思いやられる。前途多難の予感。。。哀しいかな、こういう時の予感は当たるんですよね。

(つづく)


≪eggman様のコメント≫


いつも貴重な情報有難う御座います。 eggmanと申します。
初めてコメント致します。


私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが、バーファインについて 一言だけ書かせていただきます。

バーファインには、基本的に連れ出し料とSX料が含まれています。
ですから カガヤンデオロのスタイルが本当のスタイルです。

バーファインには、女性の取り分が含まれています。

いつの頃か バーファインと別にチップを請求する様になりました。
これも恐らく日本人が悪いのでしょう。

15年前迄はアンヘレスでもバーファインと帰りのトライシクル代P100で良かったんですけどね。今後も貴重な情報楽しみにしております。


≪管理人の返信≫

eggman様、はじめまして。コメントありがとうございます。


> 私、かれこれフィリピンとは、25年ほどの付き合いがありますが


うわぁ! 大ベテラン様じゃありませんか・・・私の2倍!


> いつの頃かバーファインと別にチップを請求する様になりました
> これも恐らく日本人が悪いのでしょう


そうなんですか?・・・私がマニラ・デビューした頃にはすでに今の状況でしたので、それが当然だとばかり思っておりました。


どうか今後とも大所高所からのご指導、よろしくお願い申し上げます。

このページのトップヘ