セブ島にある2ケ所のカジノ。

どちらもウォーターフロント・ホテル内にありますが、空港横(マクタン島)は規模も小さくて、テーブルゲームを楽しむには、ちょっと・・・


セブシティのカジノは規模も大きく、常連ローカルや韓国人の語学留学生で毎晩賑わっています。


以前少し触れましたが、賭博客の多い場所には援助希望の尾根遺産がつきもの。
セブシティのカジノにも当然。。。。


しかし館内のレイアウト変更に伴って、尾根遺産たちが【客待ち】していたイス・テーブル群が無くなってしまいました。


ですが、そこは≪人類最古の商売≫。人数は僅かですが、カジノ内を徘徊しています。

ローカルも入場無料ですし、水やコーヒーも無料、ライブ演奏も毎晩やってますし、時には有名歌手も来演しますから“労働環境”としては悪くないですね。


2Fの廊下とか、スロット群エリアの端とかで腰かけてタバコ吸ってたりすると、こちらをチラチラ見ながら通り過ぎていく、化粧ケバ目の尾根遺産とか。


カジノ外の1F廊下でも、ベンチに腰掛けていて、通り過ぎる際に目が合うと「マッサージ?」と声かけてきたりします。


cards-1066386_640

金曜の夜11時過ぎ。その日は目標額まで勝ったので出口へ。

階段で2人組の尾根遺産とすれ違いざまに「アー・ユー・ジャパニーズ?」と。


声をかけてきた方が美形だったので、思わず「オォ、ハポン、アコ」(はい、私は日本人です)。


尾根遺産たちは、セブ島の反対側にある街トレドから夕方に到着し、週末だけ稼いでトレドに帰ると。


目安の相場は、言い値2千ペソ、交渉後1,500Pが普通かと。

ところが言い値はビックリの1,000P。


29歳の子持ちだというFちゃんですが、このルックスのフィリピーナと一発1,000Pなら 【破格】 かと。

ビキニバーで連れ出すなら4,000Pは必要ですから。


cebu-2008612_640

Cebuのタクシーなら皆知っている、モーテルのチェーン店クイーンズランドにしけ込みました。


複数店舗がありますが、3時間350Pは共通です。


車で奥まで入り、階上に行くスタイルで、部屋は6畳ほど。清潔度は日本のラブホと遜色ありません。
ただスタッフがバスタオルの補充を忘れていましたが、、、


Fちゃん、29歳子持ちとはいえ、オッパイの形は崩れてなくて、その点は高い評価だったのですが、残念なことに生理が始まっていました。


ここまできて引き下がれないので、バスタオルを相当に汚しながら一戦終えました。


86a7ddef590ee7eb94a0d5298cdf85b8_s

翌々日の日曜。カジノ内のスロット・エリアで再会。

ニッコリと手を振って、挨拶だけですれ違いましたが、、、


オマエ、生理の真っ最中だろうが!!