アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:カラオケ

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

先日久しぶりにセブ島を再訪したんですが、ビキニバー密集地のマンゴーSt.がおかしなことになっていました。

飲むだけならOK、でもお持ち帰りはNG!です。


ちょっと前に、マンゴー地区の老舗プッシーキャットにガサが入って、周囲の他店はバーファイン無し(禁止)、ドリンクの売上だけで営業を継続しています。

働いているフィリピーナたちも当然、大幅減収状態。

お店に内緒で、閉店後にお客と外で待ち合わせるしか稼ぐ手段が無い、と嘆いていました。

しかし閉店後、となれば午前3時過ぎですし、お店に見つかったらペナルティ。


覗いたうちの1軒では、男性先客は10名ほどいましたが、ほぼ全員がダンサーを眺めているだけで、横に尾根遺産をはべらせていませんでした。

ガサが入ったときに「ただ飲んでいただけ」なら無罪放免だから???


セブ島在住者のブログに情報がないか探してみたら、邦人経営のカラオケ店にも、BFしていないかポリスが調べに来たそう。

CIMG2726

2軒目に訪れたのが、摘発をくらったプッシーキャットの向かいにある、2012年オープンの「PLANET-X」。第一印象は「レベル、高いなぁ~」でした。


あの界隈のビキニバーはひと通り覗いた経験があります。
ピン!とくる尾根遺産がいない → 座らず次の店に行く → 何軒目かでタイプが見つかる、いつもこんなパターンでしたが、今回初訪問の「PLANET-X」ではMyタイプが何人もいて、眼福。

オッパイの盛り上がり方にソソられた、色白尾根遺産を指名。LDをゴチして、近況を情報収集したらガサ入れ直後と分かった次第。


尾根遺産は何度かコッソリ耳うちで「外で会いましょうヨ」と。稼ぎが減って、そういうリスクを冒さざるを得ない状況なんですね。


物凄くお店に気を遣っていて、電話番号のメモはその場で書かずに、トイレで書いて丸めて持ってきて、渡されました。

広げて読もうとしたら「ダメ!すぐポケットにしまって!」と。私の投宿先を説明しようとしたら、それも「シーーー!(黙って!)」と。


そんなわけで、関係者が読む可能性もあるので、尾根遺産の個人特定につながりかねない具体的な情報は割愛いたします。


気分が盛りあっても即連れ出せないのは、ナマ殺し状態ですが、BF無しということは『半額バーゲン』でこの美形を抱けるチャンス! これを逃す手はないでしょう?


営業終了する午前3時以降にするか、翌日の出勤時刻18時の前にするか。格安航空券と一緒で、安いのと不便さは表裏一体。


で、約束の3時15分に電話したら、もうホテルの前にいました。部屋に入るなり、ハンドバッグから尾根遺産が取り出したのは・・・


CIMG2725

コデンマ!!!

邦人客にプレゼントされたのだそう。


シャワーを終えたら、早速自分でクリちゃんに押し当てヨガり始めます。私は放置プレイ・・・・


負けるものか、と形の整った白い美乳を舐めまくり&モミまくり。さらにコデンマの振動を使って、指でホール入口を刺激します。


これほどバストス(スケベ、の意味)なフィリピーナは初めて。面食らいました。

今回はWFR様から頂戴した、タイ&フィリピンという2大メジャーSPOTの近況です。



①チェンマイ

6年ぶりでしたが、ほとんど以前と変わらない風景でした。変わったところといえば、ホテルがすべてWIFI対応になったくらいでしょうか。


昼間はバイクでMPをあちこち回りましたが、質も量もいまいちで実際に入る気分にはなれず、夜はただオープンバーを回って飲み倒し、酔ったら帰って寝るという生活でした。


トゥクトゥクのおじさんを何人か捕まえて、置屋の場所を聞いたのですが、既に無くなってしまったのか、知らないとの回答でした。

のんびりするにはいいですが、遊ぶならバンコクの方が良いかもしれません。

bangkok-2300620_640

②バンコク

昼間は買い物したり、知り合いと会ったりで忙しくしていましたが、夜はソイカウボーイへ。

中はうるさいので外でまったり飲んでいたら、珍しく日本人女性の2人組がいたので、店のシステムなどを教えてあげたりしながら、一緒に飲んでました。


結局、バーでは飲みだけで終了し、テルメーに行ったら、日本人が大量にいたので、目の前にいた相手とさっさと話をつけて引き上げました。

21歳の女子大生でしたが、英語も相当話せ、いい感じでした。


③マニラ

深夜発早朝着のセブパシでバンコクからマニラへ移動。

ベイカフェを定期的に観測するもいまいち。

夜は日系KTVを巡回し、ひたすら知り合いにお布施を配っていました。


日本人女性が経営する店に行ってみたところ、カラオケは無く静かな雰囲気で、総額500Pで飲み放題と良心的な店でした。

そこで会った日本人の居酒屋オーナーから、いろんな面白い話を聞くことができました。

japanese-2358861_640


WFR様、ありがとうございました。


チェンマイのMPって、クオリティが低下したんですかね?それと置屋が無くなった? のは気になります。

トゥクトゥクのおじさん達が言うのだから、間違いはないでしょうし。そうしますとチェンマイの風俗全体が衰退の一途、とも考えられますね。


それからソイカに邦人女性、ですか・・・・Gダイに連載中の【とんぼ】さんみたいなツワモノが、他にもいらっしゃるんですねぇ。


かつてこのブログで【くのいちナイトウォーカー】と紹介したとんぼさん、少し前に久しぶりにお会いしたんですが、私が未開拓なままの台湾取材とかもされて、ご活躍のようで、師匠?としては嬉しい限りです。


ソイカもテルメもそうなんですが、【日本人がうじゃうじゃ】している場所に行くのが、もうイヤなんですよね、私。


もちろんその行為を否定するわけじゃないですよ。私だって、アジア風俗デビューはエドコンですから、最初は誰もが通る道だと。


何と例えたらいいか、、、【恥ずかしさ】の基準が、私のなかで変化した、とでも申しますか。

かつては海外でも“群れている”ことが安心感だったのに、今は逆なんですよね。


前回の続きで、磯仁様によるマニラMP「flight168」(通称エアフォースワン)の体験談です。
AIR 2

翌日、やはりSTAR FLEETで一発抜いてからの再訪。時間もほぼ同じ。

今日は昨日と違って、
2階でカラオケでもと思い、エスカレーターで2階へ。

ここでもホテルのフロントのようなカウンターがあり、その中の男性がこっちへ来いと手で合図、やはりカウンター左奥へと案内します。

何と、ここにもひな段がありました。カーテンが開くと、一斉に娘たちがこちらの方に向かって微笑みます。

照明はかなり明るく、娘の容姿がはっきりと見えます。下同様に
5段の横長のひな段には20名程の娘がおりました。

当方、カラオケの同伴の娘なのかと思って男性に尋ねると、ここもやることは下と同じだとのこと。

AIR 5

昨日、下で一発抜いたことを伝え、下(
1階)と上(2階)とどう違うのか尋ねてみたところ、彼曰く、下は部屋が豪華、娘の質もFIRST CLASS, BUSINESS CLASSと言います。


ちなみに
2階は部屋は普通、娘はECONOMY CLASSと言います。しかしながら見る限りでは娘の違いは全然分かりません。しかもこちらもかなり若いようです。

しかもこちらの娘のウエアは白地のパイロット風で統一され、やはり娘らは胸元を強調しております。


昨日同様一発抜いたばかりなので、まずは、
2階ロビーでビールを。そしてもう一杯。あまりの飲みっぷりにフロントの男性コンシアがもう一杯どうだ、とのことで、さらにもう一杯。

そこで再度ひな段を覗いて気になっていた、3段目の右端の娘
8を指名。他にも選べる娘は3名程おりました。娘は細長の顔にきゅっと束ねた長い黒髪が印象的です。かなり見た目が若そうです。


ボーイに部屋に案内され、待つこと5分、
娘の登場です。あいさつを済ませ、お互い服を脱いでシャワーへ。

彼女の名前は失念(覚える必要は無かったです)、
20才とのこと。残念ながら彼女との相性はこの時点で良く無いです。

当方が英語で話すといちいち「はあ?」です。こちらが白けてしまいました。

シャワーで彼女の裸を見て、やはり
ECONOMY CLASSと納得。童顔の顔と比べ、首から下のだらしなさ。

胸は垂れ、乳輪は大きく真っ黒、腹はぽっこりと膨らんでます。思わず「子供いるの?」と聞いたら
2才だそう。


まずはシャワーでは当方を先に洗ってくれます。先にシャワーを終えてベッドへ。


彼女がベッドへ来ていきなりプレイ開始です。マッサージのまねごとすらありませんでした。


まずは胸舐めから下へ。ここを舐めるか?と聞いてきましたので、
OKすると咥えてくれますが、これが全然気持ちよくありません。


若干固くなったところで、彼女持参のスキン装着、が、失敗です。もう一個彼女は新しいのを取り出して着けようとしますが、装着が下手でこれまた失敗。

結局当方持参のスキンを取り出して自分で装着し、事に及びます。まずは彼女が上になってのプレイ。

あまり気持ち良く無いので、当方が上になり攻めますが、彼女はガンガン突かれるのを嫌がって当方の腰(手前側)に手を突いて、奥まで入らないようにします。

あまりのつまらなさに途中で止めてしまいました。手コキで出してもらおうとしますが、これも全然気持ち良くありません。


ここで止めてシャワー、着替えてチップ(
1,500P+α)を支払い終了。


AIR 4

ここは部屋代として
900P、午後7時以降は1,200Pとなります。


結局
2階では一人だけですので、判断出来ませんが、やはりコンシアの言うとおりECONOMY  CLASSの娘なのだと割り切った方が良いかと思います。それでも5,000円程ですから安いものです。


もし、満足のいく娘との逢瀬を望むのならやはり
1階が良いかと思います。


前回に続き、FC2ブログ「アジアの尾根遺産」では未公開、「オトコの夜遊びガイド:マニラ編」に収録していた、磯仁様の体験談です。

flight168 HEALTH SPA(俗称 AIR FORCE ONE)

≪管理人注:エアフォースワンはカラオケ部門の名称です≫


AIR FORCE ONE

夕方6時過ぎ、STAR FLEETで遊んだ後に、ついでに覗いて見ました。

STAR FLEET
からタクシーで来た道をゆっくり戻りながら歩いて5分程です。すぐに左手に大きなAIR FORCE ONE の電光が見えます。


ガードマンに入口はこっちだと案内され入店、中はゆったりとした作りで、一見ホテルのロビーのようです。

まっすぐ歩いていくとホテルのロビーのようなカウンターがあります。そこの一人がこっちだと案内し、カウンターをまっすぐに見て左奥の廊下のほうへ。

そこでいきなりカーテンが開きます。圧巻です!

横長のひな段は
5段、この時間で25,6名はおります。遅れて奥から何名かの娘が急いでひな段に座ります。

マジックミラーの隙間から覗くお客の目を追って、ある娘はアピール、ある娘は伏し目がちにしております。

全体を見渡すと、皆若く、美形が揃っております。案内によると左側はフレッシュとのこと、確かに若そうです。


番号は2種類程あり、数字の番号と、
Bとかアルファベットに数字の番号が付いた娘がおります。

その違いを聞いて見ると、アルファベットが付いている娘は入店して
1ケ月未満の娘で、マッサージ等修行中。1ケ月を過ぎると数字のナンバーに代わるとのこと。


当方先程
STAR FLEETで抜いたばかりなので、ちょっと一休みしてからと断り、併設のレストランに入ります。

ビールを頼むとオーダーを取りに来た女の子が
HOW IS YOUR FLIGHT?と聞いてきます。

どうやら「どうだった?」と聞いているようです。当方、まだやってないと答えます。

ここでビールを2杯飲んで一息つきます。なお、ここのビールや食事はかなり高めです。

そうしていると、先程のフロントの男性がこっちへやって来て、もうすぐ7時になる、7時を過ぎたら値段が上がるぞと言ってくれます。

慌ててチェックをし、再度ひな段を覗きます。しばらく品定めをした後、一番右の手前にいた長いストレートの黒髪で細身の
B 5番の娘を選びます。


AIR 3

カウンターにて室料
2,000Pを払います。時間帯により室料は変わるそうです。カウンターにちゃんと料金表が掲示されております。お昼前までは1,500P、午後7時以降は2,500Pです。


支払を済ませた後ボーイの案内で部屋へ。部屋はゆったりとして広く、大きなベッドとトイレ、シャワー、おまけにスチームサウナまであります。


またまた
10分程待たされてから娘が登場。まずはご挨拶。彼女の名前はシェイチェン、20才とのこと。

以前どこかの会社で秘書をやっていたが彼女の上司(の女性)にいじめられて辞めたとか。まあ、本当かどうかは分かりませんが。

確かに見た目は長身で細身、顔もまあ美形です。長い黒髪が良く似合います。しかし、痩せているせいか、胸はかなり小さ目です。 


お互い服を脱いでシャワーへ、彼女は先に当方を洗ってくれます。

当方、先にシャワーを終え、ベッドへ移り寝ころびます。やがてシャワーを浴びた彼女がベットへ。

まずはマッサージです。ここはアロマオイルを使います。うつ伏せになっての足から首へのマッサージ、やはり素人同様です。

これはあくまで体裁または前技のようなものかと。仰向けになったら彼女は「スペシャル?」と聞いてきます。

当方が
OKすると彼女はすかさず自分の唇を指してNO KISS, USE CONDOM, THAT’S MY POLICYと挑戦的にのたまいます。

若干しらけましたが、
OKしてプレイ開始です。

胸舐めからコンドームを装着してのフェラ、やがて彼女が上になっての合体、途中で当方が上になり攻めます。

先程一発抜いているせいか多少は長持ちします。だんだん彼女の体も熱くなり、うっすらと汗をかいてきて、お互いの体の密着度が増して来たところで当方堪らずフィニッシュです。残念ながらバックまでは至りませんでした。


再度シャワーへ、彼女はやはり当方を先に洗ってくれます。着替えてチップ
2,000P+αでバイバイです。


まあ、まずまず満足の一発でした。


このページのトップヘ