アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

タグ:カガヤンデオロ

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」で紹介している、エルミタのKTV(カラオキヤ)に今回も出撃。

ネットにこの店の情報が少ないのは、邦人経営ではないからです。

この晩の選択肢は13名。うちカタコト日本語可が4名。

ここはもう10年来の馴染みなのですが、以前よりちょっと平均年齢が高くなった印象。そのなかから23歳、キャリア3ケ月のDちゃんを指名。

日本語は不可ですが、こちらのトークに対するリアクションが秀逸で、「この娘ならロングでも波長が合うだろうな」とお持ち帰り。


ホテルのロビーでDちゃんの到着を待ち、まずは近所のコンビニに。
ここで「おねだり」してくる尾根遺産は要注意、というのが私のチェックポイントのひとつ。


「飲み物を選んでいいよ」
「じゃあ、水でいいわ」
「お腹は空いてない?」
「私は大丈夫。アナタは?」
「お菓子はどう?チョコは?」
「ううん、私は何もいらないわ」

この時点でDちゃん、すでに高ポイントです!


部屋でTVをつけたら、この晩はちょうど、バリ島で開催されたMISS WORLD を中継していて、イチャつきながら観ていました。

日本代表は早々に脱落しましたが、フィリピン代表のMeganちゃんがメチャクチャ綺麗で、最後まで応援していたら、なんと優勝しちゃいました!


翌日の現地紙はTOPでこの快挙を伝えていましたね。


CIMG2704

その後セブ、カガヤンデオロと回りましたが、メディアのフィーバーぶりは、日本より遥かに熱いです。
そもそもミスコンが好きなんですよね、フィリピン人って。


で、栄冠を見届けたところでプレイ開始。
ロングで遊ぶならやっぱり、じっくり仲良くなっておいて、恋人モードでキスしまくりながらハメたい私。


7人兄弟の末っ子で、これまで風俗勤務したことがないうえ、特定のBFもいなくて、経験が少ない、と自己申告していたDちゃん。

言葉どおり、Hに慣れていないのがモロわかり。
学生時代を彷彿させる、青林檎テイストなHを満喫できました。

カガヤンデオロ探訪記の最終回です。
ディヴィソリア界隈の関連情報と総括を。


カガヤンデオロ行きを決め、エアを予約したのは昨年7月の上旬でした。
ところが7月27日 にこんなニュースが。


カガヤンデオロ市内のショッピングモール内にあるレストランで爆発が発生。
(6名死亡,46名が負傷)
市長が先週からテロ予告を受けていて,当局が警戒強化していた中で発生した模様。


さらに9月には、同じミンダナオのサンボアンガ市で、イスラム過激派が人質をとって立てこもる事件が発生しました。


ゆえにカガヤンデオロへの渡航を推奨するわけには参りませんが、現地はいたって平和な雰囲気でした。


悪夢の「売春禁止デー」当日は、セブ島のシヌログ祭りと同じ曲で、ナマ脚を露出した若いフィリピーナの大群がパレード。
目の保養にはなりました。


CIMG2741

マニラのように「シャチョー、オンナ!ビアグラ!」みたいな鬱陶しい輩は全くいません。


GOGOでも、しつこく何か勧められることはなかったですし、街なかを夜中に歩いていても、危険は全く感じませんでした。


そもそもカガヤンデオロは学園都市。

ディヴィソリア界隈のカフェやレストランは、制服姿の学生や若いカップルで、食事時はどこも大賑わい。
外国人のオヤジが一人で入店するのは躊躇したくなります。


しかも驚いたことに、大学生とおぼしき「男女混合」グループが、ストリップ・ショーをしているGOGOに楽しそうに飲みに来ているんです! 何組も見ました。


ローカル客も数名でのグループ来店が多く、尾根遺産を横にはべらせず、ショーを観ながら飲んでます。

邦人らしき姿もチラホラありましたが、尾根遺産とジャレているのはもっぱらK国人でした。


メイン・ストリート付近のピザ屋やファストフード店は入店しづらいので、お勧めはマーカー1番のThai Me Up。この界隈で最もオシャレな雰囲気の、広いタイ料理レストランです。
CIMG2737

そしてエリア唯一の貴重な和食処が、マーカー2番の「かも川」。

隣接しているラウンジ「ぎおん Gion」とともに、オーナーは日本人の、しかも女性です。


ちょっぴりお話を伺ったのですが、フィリピン男性とご結婚され、カガヤンデオロにいらしてもう17年になるそう。


ご駐在の方々のオアシスなんでしょうね。

カガヤンデオロの店舗情報、続きです。まずは拡大MAPです。

dv2

マーカー8番はCora's3。ネーミングどおり3階にあり、1階は食堂のよう。
他店を回った後だったので、長居しませんでした。


LDはP350、バーファインはP2,500で、別途尾根遺産にもチップが必要だ、と言われました。

P2,500+交通費で済むとしたなら他店より割安ですが、チップがP1,500とかなら割高に。

CIMG2736

マーカー9番はDejaVu。向かいに看板のあったBLUSHはクローズしたそうで、この店だけがちょっと外れた場所にポツンと。


在籍尾根遺産数では、回ったなかでここが最多の25名。
LDはP385、バーファイン込みP3,500で、プラス交通費と言われました。


レベル的には高くない印象でしたが、ひとつ特筆事項が。

ここのショータイムは、ブラではなく下だけ脱いでいました!

CIMG2735


もうひとつ、拡大図です。


dv3

ディヴィソリアのメイン・ストリートは、MAPで緑色になっているように、ちょっとした公園?を挟んで、其々一方通行です。


そのメイン通りから見える、マーカーAがシルバーレイン。
しかし時間が足りず、調査未遂に。

CIMG2739

マーカーBはディスコPULSE。


随分前の「アジアン王」で、カガヤンデオロのディスコには援助を期待する女子大生がいる、みたいな情報を読んだ記憶があって、潜入してみたかったのですが、やはりここも「売春禁止デー」は休業なんだそう。

今回はカガヤンデオロの各店解説です。

まずはディヴィソリアのMAPを再掲しておきます。

20131230113338aed

マーカー3はD'Jentleman(表記は実際のまま)
私が行ったときは24時ちょっと過ぎで、すでに閉店作業中。

実態調査ができませんでしたが、外観は新しい部類です。


CIMG2730

マーカー3はClub39。
狭く小さなお店ですが、私の訪問時は大盛況!


1名が踊るのがやっと、の小さなステージのすぐ前にボロ椅子が並び、男性客たちはダンサーの一挙手一投足を凝視しています。


最後列の、唯一の空席に座らせてもらい、1杯注文してオーナー?から話を聞きました。バーファインはP1,500


でも、ダンサー数名をチェックした限り、特に美人でもなく、若いわりにスレている印象。選択肢も少ないし、なぜ混雑しているのか不思議な店でした。


CIMG2729

マーカー5はキ★ズマニア。
なんでそんな危ないネーミングなのか・・・

ビールP100、レディース・ドリンクはP500。
1杯ゴチしますと、1時間横に座ってお相手してくれます。


「ショーアップを!」と頼んだら、ダンサーとGROで計13名いました。
連れ出しは3時間で、バーファイン込み総額P3,500だそう。


「3時間」と限定されたのは、今回入店した6店のなかではココだけ。

早い時間帯だったせいなのか、ダンサーは上も脱ぎませんでした。


CIMG2731

6のShinjuku Karaokeには回れず。


7がNew Olo Love。
GoogleMapを拡大すると、この店だけは表示されました。


料金を尋ねたら「BFはp3,000」だと。キ★ズマニアが総額P3,500と言ったので、ここも総額でしょう。


Club39のP1,500は言葉どおりBFのみの価格で、おそらく同額の娘へのチップも必要かと推測いたします。


CIMG2733


Club39の動画です。


New Olo Loveの動画です。

初日の晩は疲れた老体に鞭うって、エリアの1/3ほどを回り、実際に3軒は入店。


翌日は暑い真っ昼間から1/3ほど回って目星をつけ、夜になり潜入した1軒目。

なかなか愛らしい21歳、出産経験なしの尾根遺産。

笑顔が絶えない嬢で、かなり気にいったので、
「今宵はここで決めて、残りは明日回ろうかなぁ」と考え始めた矢先。


「その娘をバーファインする?」とママさん。
「う~ん、まだ決めてないけど」
「今日しないと、明日は No Prostitution Day よ」
「何、それ?」
「毎年10月5日は売春禁止日で、BAR,KTVは全店休業よ」


なんじゃ、そりゃぁぁぁ~


3泊という限られた日数しかないのに、その最終夜に何もできない、ってことか・・・・(嘆

セブでの嫌な予感は、コレだったのか。

人生初の、そしておそらく最後のカガヤンデオロ滞在が、年イチのそんな日に当たってしまう、己の運の無さよ・・・

CIMG2732
(マーカー6番の「シンジュク」には結局入店できず)


そうとわかったら、今宵は1軒だけで終われまい。
そこからまた2軒ハシゴ。

最終的に連れ帰った尾根遺産は自称21歳の経産婦。

スタイルも良さそうだったのに、脱いだらフニャ乳・・・(号泣)

また寄せ上げにヤラれてしまった。この未熟者!


ちなみに1軒目の娘は、ステージで上は脱いでくれたので張りのある美乳だと確認済みだったのに。 ド後悔。


上半身だけでも脱いでくれると、フニャ乳の悲劇は回避できるので、カガヤンデオロ流はその点で好都合なんです。


しかしステージには1名しか上がらず、しかも2~3曲踊って、徐々に脱いでいくので、全員チェックするなら何時間もかかってしまうんです。

しかもなかには全く脱がない尾根遺産も。

2晩で6軒回りましたが、事前情報と違い【全裸】ストリップは皆無でした。


このページのトップヘ