アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

カテゴリ: セブ島

今回の記事、舞台はセブ島。「反省をこめて」転載後に今の所感を。2011年11月、私自身の体験です。

 

◎釣り上げたフィリピーナは

セブ島のディスコで拾った、24歳のKちゃん。トレドの出身、2歳の娘がいます。


セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。


3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に突如として音信不通に。


中絶を禁ずるカトリックですし、7ケ月目では中絶したくても遅すぎます。

かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

◎謎の?体位

セブ島では有名なラブホに到着。


ディスコはうるさく、あまり話せなかったので、一戦交える前に上のような身の上話を聞き、互いの感情が高ぶったまま戦闘開始。


Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。


正常位でひとつになったあと。ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。


太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。消えたその日本人に仕込まれたのか、、、


バックからの流れでうつ伏せにさせて、太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。


望み通り、その態勢のままFINISH。

 

◎まさか、の展開が

事前交渉ではショートだったのに戦闘終了後も、よもやま話は続きます。


初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、その話をしたあとはなんと言いますか、ハードルがグッと下がる気がします。


Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって私に寄り添ってきます。


『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』

なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに愚息がバスタオルを持ち上げ始めました。


最近はドーピングしなくてもFINISHできるようになった私ですが、ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。


しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの口元が ウフッ と動いた気が。


ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?

『いや、でもゴムは1ケしか持って来なかったから。』(セブのラブホにゴムの備え付けはありません)

・・・・・


返事のないまま、Kちゃんはバスタオルを捲りあげてF開始。
ウッ、、、ウマいじゃないか!


『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』


・・・・・


無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。

 philippines-2258606_640

◎今、ふりかえって

その後ずいぶん経ってから受けた検査でもHIVは陰性だったから、私はいいのですが。


もしかしたらKちゃんはもう一人、こんな私のDNAを受け継ぐ子を抱えて生活に四苦八苦しているかもしれません。


実は昨年、とてもお世話になった方から「HIVの陽性反応が出た」と聞きました。


メディアで読んだだけの「知識」と、実際に身の回りで起きた「現実」とでは申すまでもなく、インパクトが違います。


上のような記事を書いて、結果として読者の皆さんをそそのかしたわけで、そこは深く、深く反省しております。

今回はかつて私がマジ惚れした、フィリピンの女子大生のお話し。

 

◎ブログでも内緒でしたが

実は彼女とはフィリピンで3ケ月半の間、週末同棲をしていました。

その娘は夜間、ウェイトレスのバイトをしながら学ぶ苦学生でした。

親戚宅に寄宿していたので、私の部屋に泊まれるのは週末のみ。


彼女との馴れ初めについては旧ブログの200本目の記事にしていました。

 

◎同僚を案内したGOGOで

後輩とフィリピンに行った時のこと。

いつも1軒目でパートタイム・ラバーを即決してしまう後輩が、その日は1軒目でイイ娘がいたのに指名が叶わず、流れ流れてついに7軒目。


ダンサーを眺めていた私たち。飲み物を運んできたウエイトレスを見て『この娘が一番カワイくない?』 と。


ダメモトで横に座ってくれる?とお願いしたらOKいただいちゃいましたぁ~


エル(仮名)はもうすぐ19歳の学生。

学費を稼ぐためウェイトレスをしていて、接客はしたことないし、日本人とはまともに会話をしたことがない、と。(当然日本語不可)


そんなエルでしたが、なぜか私をメチャ気にいってくれたみたいで。

◎なぜか対抗意識を燃やして

後輩に馬乗りになったGOGOダンサーが【ボディ・ショット】を開始。


するとすでにホロ酔い気味のエルが、妙にダンサーに対抗意識を燃やし、「ワタシだって、プライベートではすごいセクシーダンスするんだから!」なんて言いながらも恥じらっています。


う~~ん、カワイイっっ。


ダンサー嬢が「今夜はカレの上で3回踊っちゃおう」と挑発してきたら「ワタシたちは10回愛し合うんだから!ねっ?」と言い返すエル。


おいおい、俺を何歳だと思っているんだ。。。

それにキミは、そもそもテイクアウト不可じゃないのか??

silhouette-663589_640

◎オヤジのハートを射抜いたセリフ

2時間ほど盛り上がって、後輩は当然ダンサー嬢を持ち帰り決定。

私はまた別の店にでも、、、と思ったら、エルは『あなたのホテルに行く!!』と。


それからが大変でした。

ウェイトレスの彼女は、3時の閉店まで仕事するのが決まり。


別の場所にいるボスに承諾を貰うから
、と何度もメール&電話するエル。


交渉に時間がかかるので後輩を先に帰し、待つこと30分。ボスの最終回答はOKに。 


しかしボスから、ダンサーの3倍ものバーファインを要求されてしまいました。


おカネでテイクアウトされるんじゃない!

この人におカネを払わせないで!


エルのこの言葉に、オヤジのハートはKOされちゃいました・・・


18歳の娘にそこまで言われたら、格好つけざるをえませんよね?「いいんだ、エル。それでキミと2人きりになれるなら」

◎燃え上がる感情のままに

カトリック信者であるフィリピーナは、本気の相手とは避妊しませんよね。

(だから多くのジャピーノがいるわけで)


その晩2回、次の晩も2回。本気でエルを愛しました。

エルも本気で愛してくれました。 


私がナマナカするのは基本、「もしもの時、責任は取る」と決意した、マジ惚れした相手とだけです。


3度目に、私が正常位でFINISHした直後、下になっていたエルがガクガクッと震え、アソコがギュ~~っと収縮、まだ硬い愚息がPush Outされてしまいました。


放出されたばかりの白濁液とともに、、、

OH,MY GOD !!


別れの朝。無邪気な微笑をたたえながら、エルが囁きました。

まだ6回、分割払いが残っているから、必ず返しに来てネ!

 

◎後日談

「責任は取る」と心に誓って、フィリピンに再び渡った私は、賃貸のアパートを探しました。


エルが学業を優先できるよう、大学に払う学費も一部支援しました。


エルが卒業したら、いずれは。。。


そんな中年オヤジの夢想は、3ケ月後のある日突然、終焉を迎えました。


エルが私のデジカメを操作してしまい、ナイトウォーカーとして撮影してきた、遠征先の尾根遺産たちの画像が・・・


そしてエルが不在の平日に、夜の盛り場でGETしたフィリピーナをアパートに連れ込んでいた証拠画像も。

今日は「アングラ」なセブ島夜遊び情報を。


実は、ビギナー向けとは申せませんが、「セブシティで」「2000P以下で」「しかもロングで」遊ぶことが可能です。
若さではビキニバーに敵いませんが、コスパはなかなかでは? と。


この尾根遺産たちは、路上でお客を待っている道待娘ですが、管理者も横にいます。

言い値2000P でしたが、「高いなぁ」と私が立ち去ったらずっと後をついてきて「ディスカウントOK!」と。


遊ぶ気はハナからなくて、この記事の取材目的だったので、値切り交渉しませんでしたが、1500Pまでは下がるでしょう。

↓ まずは尾根遺産たちの実物動画をご覧ください。


どうですか?10代の頃は結構イケていたろう、と思いますが。

動画内のやりとりでおわかりのように、ショートでもロングでも値段は一緒だそう。


この場所に行くのは、実は2度目で、前回(1年半前)は推定40代の邦人が私のすぐあとに来ていました。

ネットで「三門」=Gate3と呼ばれていた地点です。今も健在であることが確認できました。

では場所の説明です。

20131004133146873

地図の左下、大通りからオールド・カーラ・ロードに折れて、Veco Roadとの分岐点付近に、金属製のフェンスが並んでいます。
そのフェンス前で立ち止まれば、声をかけてくるはずです。


タクシーでの行き方ですが、多くの場合、南側から北上するでしょうから、バニラッド・タウン・センターと伝えれば連れていってくれます。


そのVanilad Town Center の手前(南)、オールド・カーラ・ロード入口の真向かいに、巨大な「ジョリビーJolibee」の看板がありますので目印に。
この看板はガイサノ・カントリー・モールの端に立っています。

北側(A.S.フォーチュナSt.側)から向かう場合は、ガイサノ・カントリー・モールと告げてください。


オールド・カーラ・ロードに入ると雰囲気がガラッと変わります。
繰り返しますが、ビギナー向けではありません!
アングラ風俗ですから、何があっても自己責任ですよ!


もうひとつのチョイスもついでに。


セブシティのウォーターフロント・ホテルにある、カジノの入口とカジノ内にもフリーランサーが出現します。人数は数名ですが、今回再訪時もいました。
(注:空港横のウォーターフロントHには出現しません)


早い時は21時くらいでもいましたが、大体23時以降かと。
内部のスロット・エリアをブラついていると、視線を合わせて微笑んできます。
(一般フィリピーナはそんな態度はとりません)


言い値はST1500~2000Pでしょう。500Pは値切れると思います。

先日久しぶりにセブ島を再訪したんですが、ビキニバー密集地のマンゴーSt.がおかしなことになっていました。

飲むだけならOK、でもお持ち帰りはNG!です。


ちょっと前に、マンゴー地区の老舗プッシーキャットにガサが入って、周囲の他店はバーファイン無し(禁止)、ドリンクの売上だけで営業を継続しています。

働いているフィリピーナたちも当然、大幅減収状態。

お店に内緒で、閉店後にお客と外で待ち合わせるしか稼ぐ手段が無い、と嘆いていました。

しかし閉店後、となれば午前3時過ぎですし、お店に見つかったらペナルティ。


覗いたうちの1軒では、男性先客は10名ほどいましたが、ほぼ全員がダンサーを眺めているだけで、横に尾根遺産をはべらせていませんでした。

ガサが入ったときに「ただ飲んでいただけ」なら無罪放免だから???


セブ島在住者のブログに情報がないか探してみたら、邦人経営のカラオケ店にも、BFしていないかポリスが調べに来たそう。

CIMG2726

2軒目に訪れたのが、摘発をくらったプッシーキャットの向かいにある、2012年オープンの「PLANET-X」。第一印象は「レベル、高いなぁ~」でした。


あの界隈のビキニバーはひと通り覗いた経験があります。
ピン!とくる尾根遺産がいない → 座らず次の店に行く → 何軒目かでタイプが見つかる、いつもこんなパターンでしたが、今回初訪問の「PLANET-X」ではMyタイプが何人もいて、眼福。

オッパイの盛り上がり方にソソられた、色白尾根遺産を指名。LDをゴチして、近況を情報収集したらガサ入れ直後と分かった次第。


尾根遺産は何度かコッソリ耳うちで「外で会いましょうヨ」と。稼ぎが減って、そういうリスクを冒さざるを得ない状況なんですね。


物凄くお店に気を遣っていて、電話番号のメモはその場で書かずに、トイレで書いて丸めて持ってきて、渡されました。

広げて読もうとしたら「ダメ!すぐポケットにしまって!」と。私の投宿先を説明しようとしたら、それも「シーーー!(黙って!)」と。


そんなわけで、関係者が読む可能性もあるので、尾根遺産の個人特定につながりかねない具体的な情報は割愛いたします。


気分が盛りあっても即連れ出せないのは、ナマ殺し状態ですが、BF無しということは『半額バーゲン』でこの美形を抱けるチャンス! これを逃す手はないでしょう?


営業終了する午前3時以降にするか、翌日の出勤時刻18時の前にするか。格安航空券と一緒で、安いのと不便さは表裏一体。


で、約束の3時15分に電話したら、もうホテルの前にいました。部屋に入るなり、ハンドバッグから尾根遺産が取り出したのは・・・


CIMG2725

コデンマ!!!

邦人客にプレゼントされたのだそう。


シャワーを終えたら、早速自分でクリちゃんに押し当てヨガり始めます。私は放置プレイ・・・・


負けるものか、と形の整った白い美乳を舐めまくり&モミまくり。さらにコデンマの振動を使って、指でホール入口を刺激します。


これほどバストス(スケベ、の意味)なフィリピーナは初めて。面食らいました。

セブ島/マンゴー・スクウェアのBAR&ディスコ。


くのいちナイトウォーカー、トンボさんの情報で以前来た際に、援交希望の尾根遺産をみすみす逃す失態を演じたので雪辱?を期して再訪しました。


ジュリアナ・アヴェニューは平日でもそこそこ盛り上がっていて、23時くらいでしたが、最初はステージ(大きなお立ち台)では誰も踊っていなかったものの、酔いの回りとともにフィリピーナが次々と登壇。


しかし私の目的は【素人ナンパ】ではないので、逆に登壇せずに座っているであろう、援交希望尾根遺産は絞りやすくなりました。


店の奥に以前あったカウンター席が無くなったので、単独来店している尾根遺産が見つけにくいんです。


DSCN1063

テーブルに座りっぱなしの2人組の片方が、時々私のほうをチラッ、チラッと見ます。


以前も書いたようにここでは、シンガポールのイパネマやクアラルンプールのビーチ・クラブのような、尾根遺産サイドからの積極モーションは無いんです。


視線を合わせるように尾根遺産を注視し続け、合った瞬間に≪ニコッ≫として、向こうの反応を伺います。


尾根遺産も笑ったので、突撃開始!!


「ココ、座ってもいいかな?」
「もちろん!」
「毎日来てるの?」
「そうね」
「エンジョイするため? それとも・・・」
「フィッシングよ!」

そうです、私は尾根遺産のルアーにまんまと食いついた魚。。。


微笑んできた尾根遺産Aは、推定20代後半(自称24歳)で美形度A級。

しかし胸の形がわからないような服を着ていたので、おっぱいは小さいんだろうと推測。(実際脱がせたらBカップ程度)


向かいに座っている尾根遺産Bは、20代前半。美人というよりも、小柄で可愛いタイプ。

こちらは推定D~Eカップが、いやでも目立つような服装。いわゆる≪トランジスタ・グラマー≫です。


素姓を探ってみると、尾根遺産Bは現役のビキニバー娘。(店名は伏せますが、邦人客も多い店)

1週間、お店を休んで副業?に励んでいると。

メイン・ターゲットは若いコリアンなんだそうで。どおりで邦人オヤジには色目を使わなかったわけだ。


オジサンが好き! 特に日本人、とボラボラ(お世辞)をいう尾根遺産AをP2,000でテイクアウトすることに。


Aの素姓(自称)とベッドでの様子は、長くなりそうなので次回。

このページのトップヘ