所用を済ませて、バコロド最終夜(月曜)。
再度ゴールデン・フィールドに出撃。


土曜日と月曜日では、同じBARなのに印象が全然違いました。
アングラ感が薄れ、広々と明るい店内。 なんで???


2軒でショー見物をし終えた23時過ぎ。
「フィールド」中央部の、オープン・スタイルのカフェっぽい場所に、土曜日とは違って、遠目にも若い尾根遺産の姿が。


近寄っていくと、例の日本語を話す女性が手招きします。
腰かけているのは、パッと見で【危険年齢】な小柄の尾根遺産。

bacolod2

正体を暴くべく、飲み物を2人分注文して話してみました。
飲み物はP40~60で、確かにGOGO(P100~200くらい)より割安。


童顔そのものながら、本人申告は24歳?!
昼間はセールス・レディをしていて、夜ここに来るのは週2回だけだ、と。


その手の自己申告は怪しいケースも多いのですが、小1時間しゃべっても辻褄は合っていて、言っていたことは本当のよう。
(ウソつきフィリピーナの場合、往々にして辻褄が合いません)


お持ち帰りはショートP1,500、ロングP2,500、「ママに」先払いだ、と。
GOGOより割安なので納得したのですが・・・


翌日、タクシーで聞いたら「ロングでP1,500が相場」なんだそう。
私はフッかけられたことに (涙

運転手によれば、ママの配下には30名くらいいるようです。


bacolod4

プランタ・ホテルに入ると、「ここは初めて」とキョロキョロ落ち着かない彼女。
物腰や会話の端々に、不慣れさが垣間見えました。


バコロドにホテルの選択肢はそう多くないので、このホテルが初めてということは、経験値も少ないのでしょう。


フィリピーナの24歳ともなれば、オッパイは垂れてきてボディの各所にシワが目立ち始めますよね?

彼女もそうでした。顔は1☆歳でも通用しそうなのに。

一戦を終えて、若干の交通費を渡して、ホテル入口までお見送り。


「今度いつ来てくれるの?」


以前は嬉しかったこのセリフ。


でもアジアナイトウォーカーとなって以降、同じ尾根遺産にリピートするよりも新規開拓が優先なので、そういう点で昔のような【楽しさ】を感じられなくなりました。


別れ際、トライシケルを捕まえて乗り込むその時、おもむろに振り返った彼女が、抱きついてきて路上キス!


かつてなら、後ろ髪を引かれて再訪したかもしれません。
でもアジアナイトウォーカー的に、バコロド再訪は 「なし」 ですね。


相場を教えてくれた、夜遊び好き運ちゃんの情報では、私が釣り上げたゴールデン・フィールド中央部のカフェではなく、その近くにもっと格安な道待娘たちがいるそう。


言い値はショートでP1,000だけど、P700が相場とのこと。
ただし 「泥棒が多いから要注意な!」 と。


他には割高なSPAもあるのだそう。


入会金?がP500、マッサージがなんとP1,400、本番料は交渉で、言い値P1,500、妥結目標P1,000。

SPAなのに、車でコテージ?に移動してヤルらしいです。



≪levin様のコメント≫

アジアナイトウォーカーさん、こんにちわ。

バコロド初めてでしたら、無理もありませんが、ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。

だから、飲み物頼まなくても、若しくは向かいの売店で直接買って持ち込みしても問題なしです。

何かと中間搾取というか、間に入ってマージン取りたがる輩も、彼女にまとわりついてきます。
ふらふらしたヒモもどきやトライの運転手もそうですね。


因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。

ACやwifi付きで快適な部屋だと感じれば、次の昼から入り浸りで1日中居て、3回位やってもP500でokでした。ただ、飯や菓子類は与えますけど。

バコロドに限らず、地方都市のフリーの子なら、ショート500でokです。高くても、700ですね。


≪管理人の返信≫

levin 様、ご教示ありがとうございます。
バコロド、というマイナーな場所なのに、ホントお詳しいですねぇ~


> ゴールデンフィールズの中程の藤棚?の下ですよね。
> あそこはフリーの子の集合場所でして、店でもなく、手配下でもないですよ。


ウゲッ! そうなんですか。
でも私の選んだ尾根遺産、いくら?と聞いたときも自分で答えず、ママ?の方を向いて、ママが答えましたよ。

だから「手配下」という認識だったのですが、違うのですね。


> 因みに、彼女らのショートの相場は若い子でもP500で、当然、事後に本人に後払い。


だとすれば、私の払ったP1,500からママもどきがマージン取っても、それでも私は「美味しい客」だったわけですね。
「今度いつ来るの?」と言うはずですね。


私がボラれたのはもう、取り返しはつきませんから、彼の地をこれから訪れる同朋が、私の経験を参考にしてもらえればまぁ、ヨシ としましょう。