今日は「アングラ」なセブ島夜遊び情報を。


実は、ビギナー向けとは申せませんが、「セブシティで」「2000P以下で」「しかもロングで」遊ぶことが可能です。
若さではビキニバーに敵いませんが、コスパはなかなかでは? と。


この尾根遺産たちは、路上でお客を待っている道待娘ですが、管理者も横にいます。

言い値2000P でしたが、「高いなぁ」と私が立ち去ったらずっと後をついてきて「ディスカウントOK!」と。


遊ぶ気はハナからなくて、この記事の取材目的だったので、値切り交渉しませんでしたが、1500Pまでは下がるでしょう。

↓ まずは尾根遺産たちの実物動画をご覧ください。


どうですか?10代の頃は結構イケていたろう、と思いますが。

動画内のやりとりでおわかりのように、ショートでもロングでも値段は一緒だそう。


この場所に行くのは、実は2度目で、前回(1年半前)は推定40代の邦人が私のすぐあとに来ていました。

ネットで「三門」=Gate3と呼ばれていた地点です。今も健在であることが確認できました。

では場所の説明です。

20131004133146873

地図の左下、大通りからオールド・カーラ・ロードに折れて、Veco Roadとの分岐点付近に、金属製のフェンスが並んでいます。
そのフェンス前で立ち止まれば、声をかけてくるはずです。


タクシーでの行き方ですが、多くの場合、南側から北上するでしょうから、バニラッド・タウン・センターと伝えれば連れていってくれます。


そのVanilad Town Center の手前(南)、オールド・カーラ・ロード入口の真向かいに、巨大な「ジョリビーJolibee」の看板がありますので目印に。
この看板はガイサノ・カントリー・モールの端に立っています。

北側(A.S.フォーチュナSt.側)から向かう場合は、ガイサノ・カントリー・モールと告げてください。


オールド・カーラ・ロードに入ると雰囲気がガラッと変わります。
繰り返しますが、ビギナー向けではありません!
アングラ風俗ですから、何があっても自己責任ですよ!


もうひとつのチョイスもついでに。


セブシティのウォーターフロント・ホテルにある、カジノの入口とカジノ内にもフリーランサーが出現します。人数は数名ですが、今回再訪時もいました。
(注:空港横のウォーターフロントHには出現しません)


早い時は21時くらいでもいましたが、大体23時以降かと。
内部のスロット・エリアをブラついていると、視線を合わせて微笑んできます。
(一般フィリピーナはそんな態度はとりません)


言い値はST1500~2000Pでしょう。500Pは値切れると思います。