先日久しぶりにセブ島を再訪したんですが、ビキニバー密集地のマンゴーSt.がおかしなことになっていました。

飲むだけならOK、でもお持ち帰りはNG!です。


ちょっと前に、マンゴー地区の老舗プッシーキャットにガサが入って、周囲の他店はバーファイン無し(禁止)、ドリンクの売上だけで営業を継続しています。

働いているフィリピーナたちも当然、大幅減収状態。

お店に内緒で、閉店後にお客と外で待ち合わせるしか稼ぐ手段が無い、と嘆いていました。

しかし閉店後、となれば午前3時過ぎですし、お店に見つかったらペナルティ。


覗いたうちの1軒では、男性先客は10名ほどいましたが、ほぼ全員がダンサーを眺めているだけで、横に尾根遺産をはべらせていませんでした。

ガサが入ったときに「ただ飲んでいただけ」なら無罪放免だから???


セブ島在住者のブログに情報がないか探してみたら、邦人経営のカラオケ店にも、BFしていないかポリスが調べに来たそう。

CIMG2726

2軒目に訪れたのが、摘発をくらったプッシーキャットの向かいにある、2012年オープンの「PLANET-X」。第一印象は「レベル、高いなぁ~」でした。


あの界隈のビキニバーはひと通り覗いた経験があります。
ピン!とくる尾根遺産がいない → 座らず次の店に行く → 何軒目かでタイプが見つかる、いつもこんなパターンでしたが、今回初訪問の「PLANET-X」ではMyタイプが何人もいて、眼福。

オッパイの盛り上がり方にソソられた、色白尾根遺産を指名。LDをゴチして、近況を情報収集したらガサ入れ直後と分かった次第。


尾根遺産は何度かコッソリ耳うちで「外で会いましょうヨ」と。稼ぎが減って、そういうリスクを冒さざるを得ない状況なんですね。


物凄くお店に気を遣っていて、電話番号のメモはその場で書かずに、トイレで書いて丸めて持ってきて、渡されました。

広げて読もうとしたら「ダメ!すぐポケットにしまって!」と。私の投宿先を説明しようとしたら、それも「シーーー!(黙って!)」と。


そんなわけで、関係者が読む可能性もあるので、尾根遺産の個人特定につながりかねない具体的な情報は割愛いたします。


気分が盛りあっても即連れ出せないのは、ナマ殺し状態ですが、BF無しということは『半額バーゲン』でこの美形を抱けるチャンス! これを逃す手はないでしょう?


営業終了する午前3時以降にするか、翌日の出勤時刻18時の前にするか。格安航空券と一緒で、安いのと不便さは表裏一体。


で、約束の3時15分に電話したら、もうホテルの前にいました。部屋に入るなり、ハンドバッグから尾根遺産が取り出したのは・・・


CIMG2725

コデンマ!!!

邦人客にプレゼントされたのだそう。


シャワーを終えたら、早速自分でクリちゃんに押し当てヨガり始めます。私は放置プレイ・・・・


負けるものか、と形の整った白い美乳を舐めまくり&モミまくり。さらにコデンマの振動を使って、指でホール入口を刺激します。


これほどバストス(スケベ、の意味)なフィリピーナは初めて。面食らいました。