今回は磯仁様の久々のベイカフェ報告です。


日曜日の午後6時過ぎ。入店するのは前L.A Cafe以来のことで、実に久し振りでした。

ドアの前に立った時点から、中は直ぐにそれと判るくらいの超満員!


愛想の良い若い女性スタッフに案内され、空いていた席に座ります。

狭い店内はまるで朝の通勤ラッシュのようです。男女の割合はほぼ半々という感じでした。

既にピークなのか、大方の男性は一、二人の現地女性を横に侍らせて楽しそうに飲んでおりました。


男性客はファランが多く、若いのから中年まで様々、目ぼしいのが入ってくると、すかさずそれ目当ての娘さんが積極的にアプローチしておりました。

日本人と思しきお方もちらほら。中には白いワイシャツにネクタイ姿の、とうに中年を過ぎたであろうお方までも横に女性を侍らせて頑張っておられました。


LAcafe3

さて、ビールを頼んでから一息ついて周りを見回します。噂で聞いていた仲介を取り持つというママさんはどうもいないようです。

娘さんらは客の品定めか、あっちを見たりこっちを見たりと営業に忙しいようで、偶に視線が合うと、にっこりとほほ笑んで来る娘もおります。


また、ごった返すお客の中を回遊魚のように何度もぐるぐると歩き回っている娘さんも居りました。

皆スタイルも良く、着飾っており、顔も美形が多いように感じられました。歳は20代前半といった感じが多かった風に思います。中に一人インド系の顔をした女性も居りましたね。


眺めていると、斜め後ろから日本語で挨拶して来る娘が一人。

きょろっとした目が特徴的な若い娘で、「横に座っていいですか?一杯飲ませて貰ってお話しても良いですか?」と流暢な日本語で話しかけて来ました。


見た目はまあまあなのですが、ちょっと好みからは外れておりましたのと、専ら日本人狙いというのが判りましたのでご遠慮させて頂きました。


結局こちらからは何もアピールせずにいたところ、約20分の滞在で声を掛けてくれたのはこの娘さん一人だけでした。

イケメンでは無く、かつ金持ちの風貌には絶対に見えない当方の場合、やはりここでは自らが積極的に営業に出ないとダメなのかも知れません。


結局この物凄い熱気と喧騒にやられ、ビール二杯飲んだだけで退散です。しかし物凄い混み具合でしたね。

ちなみに面倒を見てくれたスタッフの小柄な娘がとても愛想良くて可愛かったです。

≪管理人より≫

そうなんですかねぇ・・・磯仁様のご謙遜じゃないですか?

私の推測ですが、磯仁様の表情が全く【物欲しげ】じゃなかった、ということでは?


なぜって磯仁様は、連日MPでハッスルされていらしたわけで、メスを求める匂いを発していなかった、尾根遺産もそれを感じたのか、と。