「モーニング」先週発売号から「島耕作」のジャカルタ編が始まりました。


毎号買っているわけではなく、時々マンガ喫茶でまとめ読みするのですが、秋元康に続いて弘兼憲史もジャカルタにフォーカスしたことで、インドネシアへの理解が少しでも深まることに期待します。


長年にわたる「島耕作」シリーズのなかでも、私が一番好きなのはフィリピン編です。「課長 島耕作」10~12巻ですから、1990年頃です。

でも改めて読んでみると、今でも“フィリピンの人々”を理解する入門書として秀逸ではないかと。


republic-of-the-philippines-2077194_640

いくつかのエピソードが並行して描かれますが、例えば


島の仕事仲間、バツイチ子持ちの五十嵐はフィリピン・パブで知り合ったステラに惚れ込み、結婚を決意。

最初は反抗した息子も、日本語が覚束ないステラを家族に迎える気に。


ところが一旦フィリピンに帰ったステラの様子を窺いに、トンドの貧民街に行った島は、ステラに夫も子供もいると知り、愕然。

さらに他社の駐在員(島の隣人)の現地妻も、同じステラだと判明。


五十嵐にどう報告しようか悩む島耕作。

その時、嫉妬に狂ったステラの夫が隣室に押し入って、ステラを射って、島も絶対絶命・・・のところ、瀕死のステラが夫を射殺、そして自分も息絶えます。


エピソードのなかで、五十嵐から毎月5万円の仕送りをもらいながら、それを「初芝電産からの給与」だと夫に説明していたステラ。


その行為を「五十嵐への裏切りだ」と責める島に、ステラはこう言い放ちます。


「持っている者が、持っていない者に分け与えるのは当然でしょ」
「あと1年で家が買えるの! それまで見逃して」
「カトリックだから、離婚はできないの」


息を引き取る間際、ステラの最後の言葉は「本当に五十嵐さんを愛してたのよ」でした。


惚れやすいフィリピーナ
したたかなフィリピーナ
愛あふれるフィリピーナ
たくましいフィリピーナ
家族が何より大事なフィリピーナ


こうした気質が非常にうまくストーリーに取り込まれています。


並行するもうひとつのエピソードは、秘書のローラと島の関係。

あまた登場する島耕作シリーズの「相手役」のなかで、ローラは私が一番好きなキャラです。


屋台で食事しながら、島に説教されて涙するローラ。

やはり食事中に突然停電になり、暗闇でキスしてきたローラ。

印象的なシーンがいくつも。


出会った女性とすぐにハメまくる(笑)島耕作ですが、このローラとは最後までプラトニックなんですよね。


私がアジアの尾根遺産にハマった、その入口がフィリピンだったのは、この島耕作「フィリピン編」の影響もあったと思います。


20160914_191742

現地に少しでも溶け込もうと、レストランではなく、屋台やトロトロで現地飯ばかり食べる島耕作の姿勢は、アジアナイトウォーカーとなって以降の私のスタンスになったり。


同僚のイタズラで島の部屋に送り込まれたGOGOのフィリピーナが、島が手を出さずに帰そうとすると、怒るんですね。

「そういう商売の女性にも、別な種類のプライドがあるんだなぁ」と感心したり。


研修で日本に来たローラが島と、歌舞伎町を歩いていたら、酔客に「いくらでヤラせてくれるんだ」と絡まれるシーンでは、日本人のフィリピン人に対する偏見に、チクチクと居たたまれなくなったり。


ステラの夫に銃を突き付けられたものの、九死に一生を得た島耕作は、その後仕事絡みで恨みを買い、車中でマシンガンの掃射を浴びます。

そこで同僚:樫村は息を引き取り、負傷した島は帰国することに。


それでもマニラを発つ際に、島耕作がつぶやくんですね。

「いろんなことがあった1年だけど、やはりこの国が、人々が好きだ」と。


私も全く一緒ですね。


おカネ関連で、いろいろイタい目に遭わされたことも、現地のルーズさとか理不尽さにキレたことも、多々あります。


それでもフィリピンが、フィリピーナが嫌いになれない私です。


そして今後、どんなジャカルタが描かれるのか期待しています。


≪追記2013/04/01≫

上の記事は火曜日にUPしたものですが、3/28発売号を見てビックリ!!!


まさかジャカルタ編にあのローラが登場するとは・・・・だって、ローラはフィリピーナですよ?!


弘兼先生も、ローラには思い入れがあるんだなぁ~

島耕作の最後の?仕事に、わざわざ絡ませるんだから。


大町久美子と結婚したんだから、ローラとは最後までプラトニックのままでいてほしいんだけど、島耕作にそんなこと、期待するのは無理だろうなあ(苦笑

どうなるんでしょう、今後の展開は。