前回の続きです。


セブ島のディスコで拾った、自称24歳のKちゃん。彼女もトレドの出身、2歳の娘がいます。


セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。


3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に、突如として音信不通に。


中絶を禁ずるカソリック、という側面もありますし、7ケ月目では、中絶したくても遅すぎます。


かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

bay-1785356_640


フィリピンでは特に、この類のジャピーノ・ストーリーが多いですよね。

最近はコリアンが大挙進出して、コリピーノ問題も増加していると聞きますが。


そんな仕打ちを受けているフィリピーナが大勢いる一方、英BBCの調査では今年も、世界で一番日本が好きなのはフィリピン人、という結果が。


ジャピーノ問題に関しては、いろいろ思うところもありますが、ブログの路線から外れてしまうので今回は割愛します。


セブ島では有名なラブホに到着。


ディスコではうるさくて、あまり話が出来なかったので、一戦交える前に上のような身の上話を聞き、話の流れで互いの気持ちが高まったまま戦闘開始。


Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。


特徴的だったのは、正常位でひとつになったあと。


ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。

太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。それは消えたその日本人に仕込まれたのか、、、


バックからの流れで、うつ伏せにさせて太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、
ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。

望み通り、その態勢のままFINISH。


事前交渉ではショートだったのに、戦闘終了後も、よもやま話は続きます。


初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、その話をすると、なんと言いますか、尾根遺産のハードルがグッと下がる気がするんですね。


Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって私に寄り添ってきます。


『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに、愚息がバスタオルを持ち上げ始めちゃいました。


ご存じのように、最近はペネグラやカマグラ等でドーピングしなくてもFINISHできるようになった私ですが、ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。


しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの口元がウフッと動いた気が。


『ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?』

『いや、でも、、、コンちゃんは1ケしか持って来なかったから。』
(セブのラブホにコンちゃんの備え付けはありません)


『・・・・・』


返事のないまま、Kちゃんは私のバスタオルを捲りあげてF開始。


ウッ、、、ウマいじゃないか!


『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』


『・・・・・』


無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。。。