アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

セブ島の西方、ネグロス島の中核都市バコロド


フィリピンにおいては指折りの規模の都市なので、所用もあってどんな街か、調査して参りました。


事前のリサーチでは、ゴールデン・フィールドという地区にカラオケやGOGOが軒を連ね、いかにもという女性が道端に大勢いる、マッサージもある、と。


しかしこれは数年前の情報。

>夜遊びするならゴールデン・フィールドに行くしかないようです。 
>でも、店の数が少ないせいかけっこうスレてるように感じました。
という情報も。


airplane-434211_640s

日本のODAで建設された新しいシライ空港。


空港にメーターTAXIは無く、他にアクセス手段も見当たらず、唯一の定額タクシーはなんとP500!
(ちなみに帰路、メーターでP270でした)


バコロド市内中心部から随分離れている、と読みましたが、確かにその通りで、空港からのアクセス道路は両側が畑?原野?というくらい人家も何もありません。

一直線の道路を100km/h前後で飛ばすタクシー。

15分ほどで民家の並ぶ、いかにもフィリピンの田舎風景になり、40分弱でホテルに到着しました。

バコロドって、ビルと呼べるような高さの建物、無いの???
(一番賑やかなSt.は別の場所らしいです)


MAPで見つけたゴールデン・フィールドとおぼしき場所にほど近いラ・プランタ・ホテルに投宿。


*MAP画像、Araneta Ave. の上部がラ・プランタ・ホテルです。
bacolod

タクシー運ちゃんに尋ねたところ
・ゴールデンフィールド以外に、これといった夜遊び場は無い。
・行くなら23時くらい。21時では早すぎる。


ということで、それまで小じんまりしたカジノで時間を潰し、タクシーに場所名を告げると「はい、合点」と。


訪れたのは土曜日の23時。最も賑やかであろう時間帯。

ところが「本当にココなの???」 というサビレ度合。

フィリピン屈指の都市で、こんなもんかい?
これならプエルトガレラの方が全然活気がありました。


レストランやマジメなBARが数軒、小さなGOGOが5,6軒。
あとは【シャッター商店街】の如し。


「フィールド」中央部には若干の、オープン・スタイルのカフェ?
要するに屋根がなく、椅子とテーブルだけ。
そこに尾根遺産が数名づつ、固まって座っています。


これが道端にいる、いかにもという女性なの?
でも大勢ではなく、総勢で10名強。


それを横目でチラチラ見やりながら歩いていると、ひとりが歩み寄ってきて「オニーサン、日本人デショ?」と。


推定30代前半の彼女、名古屋で働いた経験があるそう。
査証要件の厳格化が10年前でしたから、20歳前後で出稼ぎ来日した、と考えれば辻褄の合う年齢か。


ソッチノ ミセ、ノムハ タカイヨ
コッチ ヤスイ! アレハ トモダチ


と指さした方向に座っていたのは、アラサー・オバケが4名。
安けりゃいい、ってもんじゃないんよ、夜遊びは。


後になって、彼女が【素人集団】を仕切っている「ママ」だと判明したのですが・・・長くなるので今回はここまで。

(つづく)

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」で紹介している、エルミタのKTV(カラオキヤ)に今回も出撃。

ネットにこの店の情報が少ないのは、邦人経営ではないからです。

この晩の選択肢は13名。うちカタコト日本語可が4名。

ここはもう10年来の馴染みなのですが、以前よりちょっと平均年齢が高くなった印象。そのなかから23歳、キャリア3ケ月のDちゃんを指名。

日本語は不可ですが、こちらのトークに対するリアクションが秀逸で、「この娘ならロングでも波長が合うだろうな」とお持ち帰り。


ホテルのロビーでDちゃんの到着を待ち、まずは近所のコンビニに。
ここで「おねだり」してくる尾根遺産は要注意、というのが私のチェックポイントのひとつ。


「飲み物を選んでいいよ」
「じゃあ、水でいいわ」
「お腹は空いてない?」
「私は大丈夫。アナタは?」
「お菓子はどう?チョコは?」
「ううん、私は何もいらないわ」

この時点でDちゃん、すでに高ポイントです!


部屋でTVをつけたら、この晩はちょうど、バリ島で開催されたMISS WORLD を中継していて、イチャつきながら観ていました。

日本代表は早々に脱落しましたが、フィリピン代表のMeganちゃんがメチャクチャ綺麗で、最後まで応援していたら、なんと優勝しちゃいました!


翌日の現地紙はTOPでこの快挙を伝えていましたね。


CIMG2704

その後セブ、カガヤンデオロと回りましたが、メディアのフィーバーぶりは、日本より遥かに熱いです。
そもそもミスコンが好きなんですよね、フィリピン人って。


で、栄冠を見届けたところでプレイ開始。
ロングで遊ぶならやっぱり、じっくり仲良くなっておいて、恋人モードでキスしまくりながらハメたい私。


7人兄弟の末っ子で、これまで風俗勤務したことがないうえ、特定のBFもいなくて、経験が少ない、と自己申告していたDちゃん。

言葉どおり、Hに慣れていないのがモロわかり。
学生時代を彷彿させる、青林檎テイストなHを満喫できました。

カガヤンデオロ探訪記の最終回です。
ディヴィソリア界隈の関連情報と総括を。


カガヤンデオロ行きを決め、エアを予約したのは昨年7月の上旬でした。
ところが7月27日 にこんなニュースが。


カガヤンデオロ市内のショッピングモール内にあるレストランで爆発が発生。
(6名死亡,46名が負傷)
市長が先週からテロ予告を受けていて,当局が警戒強化していた中で発生した模様。


さらに9月には、同じミンダナオのサンボアンガ市で、イスラム過激派が人質をとって立てこもる事件が発生しました。


ゆえにカガヤンデオロへの渡航を推奨するわけには参りませんが、現地はいたって平和な雰囲気でした。


悪夢の「売春禁止デー」当日は、セブ島のシヌログ祭りと同じ曲で、ナマ脚を露出した若いフィリピーナの大群がパレード。
目の保養にはなりました。


CIMG2741

マニラのように「シャチョー、オンナ!ビアグラ!」みたいな鬱陶しい輩は全くいません。


GOGOでも、しつこく何か勧められることはなかったですし、街なかを夜中に歩いていても、危険は全く感じませんでした。


そもそもカガヤンデオロは学園都市。

ディヴィソリア界隈のカフェやレストランは、制服姿の学生や若いカップルで、食事時はどこも大賑わい。
外国人のオヤジが一人で入店するのは躊躇したくなります。


しかも驚いたことに、大学生とおぼしき「男女混合」グループが、ストリップ・ショーをしているGOGOに楽しそうに飲みに来ているんです! 何組も見ました。


ローカル客も数名でのグループ来店が多く、尾根遺産を横にはべらせず、ショーを観ながら飲んでます。

邦人らしき姿もチラホラありましたが、尾根遺産とジャレているのはもっぱらK国人でした。


メイン・ストリート付近のピザ屋やファストフード店は入店しづらいので、お勧めはマーカー1番のThai Me Up。この界隈で最もオシャレな雰囲気の、広いタイ料理レストランです。
CIMG2737

そしてエリア唯一の貴重な和食処が、マーカー2番の「かも川」。

隣接しているラウンジ「ぎおん Gion」とともに、オーナーは日本人の、しかも女性です。


ちょっぴりお話を伺ったのですが、フィリピン男性とご結婚され、カガヤンデオロにいらしてもう17年になるそう。


ご駐在の方々のオアシスなんでしょうね。

このページのトップヘ