アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

フィリピンの現地事情を解説し、素人と玄人の境界線は日本と違う、という趣旨の記事を書いたところ、多くのコメントを頂戴しました。

☆kenji 様のコメント

フィリピンの例、わかりやすいですわ!!
そしてナイトウォーカーさんが云わんとしてる意味わかる気がします。


自分も素人か玄人かなんて気にしてないですね。どこで出会ったとかは関係なしでフィーリングを大事にしてますね。


ビジネスライクな関係も良いとは思いますが、自分的性格には合わないかなと。
その日だけの関係性って虚しく感じるんですよね。


フィーリングや相性を大切にしてるので基本的にひとりひとりが長いですw

タイミングがかぶっている期間は多々ありますが・・・現在もかぶってますからね・・・・・(汗


内容と少しズレてるか・・・・   すみません。。。


★管理人から
kenji様、再度のコメントありがとうございました。


> フィーリングや相性を大切にしてるので基本的にひとりひとりが長いですw


フィリピーナの魅力って、ボディよりもスピリットだと私は思っています。フィーリングの合う尾根遺産には自然とリピートしたくなりますよね。

skinny-model-279265_640

☆TAZ 様のコメント

>『シロウト』かどうか、なんていう日本的価値基準は、
>ほとんど意味を持たないように思うのですが。


時折掲示板で沸き起こる論争の最もたるネタですね。

素人や玄人等、言ういうなれば日本人の「レッテル」好きによる、一方的な決め付けの延長としか言いようがありません。


ひとつの例として、ご同行した尾根遺産がマグロであった場合、ある人にとって見れば素人と感じ、またある人にとって見ればスレきった玄人とも捉えることもできるわけです。

そんな程度の事に何意味でも有るのでしょうか(笑)


>そんなことよりも、尾根遺産ひとりひとりのパーソナリティを感じてほしいのです。


まさしく同感です。一期一会であっても人間としての尊重は忘れたくないものです。

いずれにせよ、そういった尾根遺産方々は”苦労人(くろうと)” である事は間違いないと思いますが(笑)


★管理人から
TAZ様、いつもありがとうございます。


> 素人や玄人等、言うなれば日本人の「レッテル」好きによる
> 一方的な決め付けの延長としか言いようがありません。


自然と身についた習慣って、無意識に出ますから難しいですよね。私だって自分で気づいていないだけで、時々やっているかもしれませんし。

いろんな人の話を聞き、読み、考えていくなかで少しづつ変化していくものなのでしょう。


今回このような「問題提起」の記事を書いたのも、私の考えを押しつけるつもりはもちろんなくて、“こういうとらえ方もあるのかなぁ”と読者のどなたかの参考材料になれば、みたいな気持ちです。


> いずれにせよ、そういった尾根遺産方々は”苦労人(くろうと)”
> である事は間違いないと思いますが(笑)


これ、いただきます!!
そうですよね、玄人だから価値が変わるのではなく、苦労人であることは確かで、だからこそ魅力的なんだと私は感じております。
disco-2190733_640

☆ヒーロー様のコメント

チャットで知り合って、現地で初めて会って、すぐにやれちゃう女。こんなのはどこの国でも”普通の女性”でない事は確かですよね^^


ディスコでナンパして、その子がお金を要求しないだけで「素人ゲット!」なんて考えるのは???ですね。

意外と多くの人が「お金を要求しない子=素人」みたいに感じているのは否めないですね。本人がそう思ってる分には全然いいんですが、それを自慢して聞かされるとちょっと対応に困ります。


★管理人から
ヒーローさん、お忙しいのにありがとうございます。


> チャットで知り合って、現地で初めて会って、すぐにやれちゃう女。
> こんなのはどこの国でも”普通の女性”でない事は確かですよね^^


ホント、そう思います。

押しに弱いフィリピーナは、若くして未婚の母になってしまうこともありますが、決して簡単にカラダを許しているわけではありませんよね。

フィリピーナはカソリックですし、インドネシアンはムスリムで、信者である彼女たちの貞操観念は、日本の水準より固いと私は感じます。


ナンパされて簡単についていきヤッてしまうとか、飲み会で酔った勢いでヤッてしまう日本娘のほうが余程尻軽ではないかと。


> ディスコでナンパしてその子がお金を要求しないだけで
> 「素人ゲット!」なんて考えるのは???ですね。
> 意外と多くの人が「お金を要求しない子=素人」みたいに
> 感じているのは否めないですね。


玄人であっても、お金を要求してこないケースは沢山ありますよね。それを喜ぶなら、わかるんですけどね。


☆雲刻斎様のコメント

はじめまして!地球の遊び方より流れつき、ブログを読ませていただきました。


思わずこの記事に共感したのでコメントした次第です。


「まさにおっしゃるとおり!」これからも頑張ってください!


★管理人から
雲刻斎 様、当ブログにお越しいただき、またコメントまで寄せていただき有難うございます。ご同意いただけて嬉しいです。


ただ快楽だけを追及する遊び方も、もちろんアリだとは思います。


記事に書いたようなことは、経験値を積むなかで感じるようになるので、「まずはアウェイゲームに挑戦してほしい」と思っています。

AWAYのゲームに慣れてきて初めて、ホームゲームでは見えなかったものが見えてくるでしょうから。


またお時間のあるときに覗きにお越しくださいませ。

「地球の遊び方」などを見ていて、感じることが。

チャットで知り合った女子大生とヤレた!

ナンパしたデパガとヤレた! 

みたいな自慢話?を目にすると「この人は多分、現地の事情をわかっていないんだろうなぁ・・・」と。

philippines-878494_640

例えばフィリピンの場合。


何らかの事情で学費が払えなくなった尾根遺産は、GOGOやKTVでバイトして学費を貯めて復学しようとします。

実際、エドコンから連れ出した尾根遺産が、授業のテキストを持っていたこともあります。


チャット相手が「ワタシ、女子大生よ」と自己紹介したとしましょう。


身分上は確かにその通りでウソではないとしても、それが常にイコール素人とは限らない。それがアジアなのだ、とわかって頂ければなあと。


商業モールあたりで働いている尾根遺産の大半は“試用従業員”です。


正社員の待遇は法律で定められていますが、そうなると人件費がかさむので、企業は6ケ月サイクルで試用従業員を雇っては解雇を繰り返します。


今現在はデパガでも、先月はGOGOで働いていたかもしれないわけです。

デパガだからイコール素人、なんて図式は成り立たないのです。


他のアジア諸国でも事情は似たりよったりでしょう?


シロウトをGETしたぜ! と喜ぶのは自由ですが、日本的価値基準の『シロウト』かどうかは疑わしい限りです。


アジアの尾根遺産と遊ぶときに『シロウト』かどうか、なんていう日本的価値基準は、

ほとんど意味を持たないように思うのですが。


そんなことよりも、尾根遺産ひとりひとりのパーソナリティを感じてほしいのです。


ひとりひとりの育った環境、現在置かれている状況を感じてほしいのです。


何度も繰り返していますが、アジアの尾根遺産を抱く時には【バックボーンも一緒に抱いて】もらえたら、と願っています。

≪後記≫
この記事には多くのコメントを頂戴しました。その紹介は次回に。

いまやアジアの隅々まで制覇中?の達人、ヒーローさんのコメントです。


実は僕の海外夜遊びデビューがマニラのカラオケでした!
1993年ですね・・・

当時お客さんに週3くらいで連れて行ってもらった、マカティの高級カラオケ「Pharao」で、(「Pharao」ってまだあるんですかね?そこの女の子はみんなロングドレスでした。) 一番最初に付いた子を気に入って、結局5年ほど付き合いましたね。

ケソン・シティーのカラオケ「Love Boat」もよく行きましたが、今はどうか知りませんが当時のカラオケは連れ出しとかいうシステムは無かったですね。

女の子はお店が終わってから会いに来るというパターンで、お金を要求する子は全くいなかったです。


当時の彼女とはセブとかボラカイとかパンガシナンとか行きましたが、お店を休んだペナルティーなんかはなかったと思います。

当時のカラオケはかなり緩い感じでした。今はもう変わってるんでしょうね・・・


昔ブルゴスのゴーゴーで遊び始めた時、何軒かの子に泊まってるホテル(ブルゴスど真ん中のホテル)教えたんですが 、そしたら2人の子が仕事終わってから部屋まで来てトラブルになった事があります。


いろいろフィリピンでの過去を思い出してしまいました。当時は年に4-5回彼女に会いに行ってました。

skinny-model-279265_640

つられて?管理人の私も、いくつかのエピソードを懐かしく思い出しました。


ケソンシティーでは、まだ渡比ひとケタの頃に超高級店【ペガサス】に行きました。


女優のタマゴなどもいる、と当時のバイブル「夜の歩き方」に書いてあって、確か連れ出しは1万ペソと言われた気がします。


「どうせ私の泊まっていた安ホテルでは来てもらえないだろう」と目の保養”だけでしたが、キレイなフィリピーナはホントにキレイだなぁ~と呆気にとられましたね。


ヒーローさんのようなモテ男ではないのでダブル・ブッキングは経験ありませんが、ニアミスやトラブルは結構ありました。


馴染みの娘とその家族を連れ、カイラブネ・リゾートで年越しする予定だった2003年の暮れ。


「深夜到着だから、朝10時にホテルに迎えに来て!」と頼んでおいて、到着早々から別の新規娘を持ち帰って「浮気」を楽しんでいたら・・・朝7時前にフロントからのコール。


「お連れ様が到着されましたが?」

エッ???!!!


なんでこういう時だけ【フィリピン・タイム】なんだっ?!


横で寝ぼけている新規娘を叩き起こし、フロントには「用意して降りていくからロビーで待たせておけ!」と伝え、速攻10分ですべての支度を整える“神業”で切り抜けました。


寝坊して会社に遅刻しそうな時でも、10分ではとても無理なのに・・・(苦笑)


Banka-departing-Puerto-Galera-White-Beach

今年2月には、別の馴染み尾根遺産を連れてプエルトガレラに。


5年前に会った連れ出しカラオケの娘ですが、妙に夜の相性が良くて、以降毎年1,2回は逢瀬を重ねていました。


お店は随分前に辞めていましたが、お金を要求されたことは一度もなく、歩く時はいつも半歩後ろから恥ずかしげに、私の服の裾をつまんでついてくるような娘です。


オープンテラスでのディナーは、テーブル毎にキャンドルが灯されていました。


日本ではさして珍しくもない演出ですが、“こんなロマンティックなディナーは、生まれて初めてなの!” と瞳をウルウルさせていました。


フィリピーナには、色んなことを教えてもらいました。

書き出したらキリがないので、またいずれ。



≪kenji様のコメント≫


ヒーローさまのKTV思い出がありましたので、追記します。


たぶん、昔よりもKTVの管理(出勤日)はきつくなってると思いますよ。

お友達がいるお店で内情(サラリー等)のリサーチしてますから。すべてではないと思いますが、教えてくれます。


当欠するとアブセン(ずる休み)として扱われ、ペナルティが発生するみたいです。
ま、高額なぺナではないですが・・・


出勤の管理はお店で違うみたいですし、なんとも言えませんが。


最後に。フィリピーナは本当に気にいってくれれば、絶対に金銭の要求は無いと感じます。
これはkenjiの感覚なので違う場合もあるとは思いますが、おそらく、賛同して頂ける方多数と思います。


他の国は良くわからないので比較はできませんが・・・

このページのトップヘ