アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

いまやアジアの隅々まで制覇中?の達人、ヒーローさんのコメントです。


実は僕の海外夜遊びデビューがマニラのカラオケでした!
1993年ですね・・・

当時お客さんに週3くらいで連れて行ってもらった、マカティの高級カラオケ「Pharao」で、(「Pharao」ってまだあるんですかね?そこの女の子はみんなロングドレスでした。) 一番最初に付いた子を気に入って、結局5年ほど付き合いましたね。

ケソン・シティーのカラオケ「Love Boat」もよく行きましたが、今はどうか知りませんが当時のカラオケは連れ出しとかいうシステムは無かったですね。

女の子はお店が終わってから会いに来るというパターンで、お金を要求する子は全くいなかったです。


当時の彼女とはセブとかボラカイとかパンガシナンとか行きましたが、お店を休んだペナルティーなんかはなかったと思います。

当時のカラオケはかなり緩い感じでした。今はもう変わってるんでしょうね・・・


昔ブルゴスのゴーゴーで遊び始めた時、何軒かの子に泊まってるホテル(ブルゴスど真ん中のホテル)教えたんですが 、そしたら2人の子が仕事終わってから部屋まで来てトラブルになった事があります。


いろいろフィリピンでの過去を思い出してしまいました。当時は年に4-5回彼女に会いに行ってました。

skinny-model-279265_640

つられて?管理人の私も、いくつかのエピソードを懐かしく思い出しました。


ケソンシティーでは、まだ渡比ひとケタの頃に超高級店【ペガサス】に行きました。


女優のタマゴなどもいる、と当時のバイブル「夜の歩き方」に書いてあって、確か連れ出しは1万ペソと言われた気がします。


「どうせ私の泊まっていた安ホテルでは来てもらえないだろう」と目の保養”だけでしたが、キレイなフィリピーナはホントにキレイだなぁ~と呆気にとられましたね。


ヒーローさんのようなモテ男ではないのでダブル・ブッキングは経験ありませんが、ニアミスやトラブルは結構ありました。


馴染みの娘とその家族を連れ、カイラブネ・リゾートで年越しする予定だった2003年の暮れ。


「深夜到着だから、朝10時にホテルに迎えに来て!」と頼んでおいて、到着早々から別の新規娘を持ち帰って「浮気」を楽しんでいたら・・・朝7時前にフロントからのコール。


「お連れ様が到着されましたが?」

エッ???!!!


なんでこういう時だけ【フィリピン・タイム】なんだっ?!


横で寝ぼけている新規娘を叩き起こし、フロントには「用意して降りていくからロビーで待たせておけ!」と伝え、速攻10分ですべての支度を整える“神業”で切り抜けました。


寝坊して会社に遅刻しそうな時でも、10分ではとても無理なのに・・・(苦笑)


Banka-departing-Puerto-Galera-White-Beach

今年2月には、別の馴染み尾根遺産を連れてプエルトガレラに。


5年前に会った連れ出しカラオケの娘ですが、妙に夜の相性が良くて、以降毎年1,2回は逢瀬を重ねていました。


お店は随分前に辞めていましたが、お金を要求されたことは一度もなく、歩く時はいつも半歩後ろから恥ずかしげに、私の服の裾をつまんでついてくるような娘です。


オープンテラスでのディナーは、テーブル毎にキャンドルが灯されていました。


日本ではさして珍しくもない演出ですが、“こんなロマンティックなディナーは、生まれて初めてなの!” と瞳をウルウルさせていました。


フィリピーナには、色んなことを教えてもらいました。

書き出したらキリがないので、またいずれ。



≪kenji様のコメント≫


ヒーローさまのKTV思い出がありましたので、追記します。


たぶん、昔よりもKTVの管理(出勤日)はきつくなってると思いますよ。

お友達がいるお店で内情(サラリー等)のリサーチしてますから。すべてではないと思いますが、教えてくれます。


当欠するとアブセン(ずる休み)として扱われ、ペナルティが発生するみたいです。
ま、高額なぺナではないですが・・・


出勤の管理はお店で違うみたいですし、なんとも言えませんが。


最後に。フィリピーナは本当に気にいってくれれば、絶対に金銭の要求は無いと感じます。
これはkenjiの感覚なので違う場合もあるとは思いますが、おそらく、賛同して頂ける方多数と思います。


他の国は良くわからないので比較はできませんが・・・

今回はkenji様の長文レポートです。

初めましてです。いつも読ませて頂いております。


基本的にフィリピンにしか行かないので、他国情報として読ませて頂いております。


フィリピン・ネタならある程度ございますので・・・お初で書きこみ致します。


フィリピンもGOGO等の斡旋系店舗で働いてる子を、一緒にいるのに翌日に休ませるのはNGですね。


Angeles-mall1

アンへレスはモロばれするのでかなりヤバイですよ!!


街が狭いですからね。プラス、日本人は目立ちます(笑)


自分も1度やらかしましたが、知人(在比日本人)からかなり怒られました・・・


たまたま、バーのマネジャー(No.3ぐらいの地位の方みたいでした)と知人が知り合いでしたので、お金で許してもらいました。
多額の金額ではなく、たしか3,000ペソぐらいでしたね。マネージャーへの裏金的感覚でしたが・・・


かなりマネージャーにも怒られました。たまたまそのマネージャーが管理している女の子でしたので、怒られるだけで済んだ感じです。


でも、その後は1週間ずっと一緒に居ましたけど・・・もちろんお店には一切行きませんでした。


脱線しましたが、女の子へのペナルティーはもちろんあります。


プラスお客も出禁になります。最悪のケースはすべてのお店が出禁になるらしいです。やはりビジネスですからね。


お店のバックもやはり現地のマフィアが存在するみたいです。嘘か本当かはわかりませんが・・・


お店のマネージャー・クラスと仲良くなれば融通はかなりきくと思いますが、前記にもございました、裏金は必要になると思います。

わかっていても目をつぶってもらう、そこが成立すればOKですね。


そしてお店は何人かのマネージャーがいます。マネージャーごとに管轄してる女の子が違いますから注意してください。


そしてマネージャーといってもそれぞれの地位がありますので、そのマネージャー等の権力次第となります。


そして第一条件として、仲良くなったマネージャーが管理してる女の子でないとだめですよ。


アンへレスはGOGOが主たる遊び場になると思いますから、ある程度のマナーとルールを守る必要があるかと思います。


マニラも一緒です。


基本的には、バーファインの翌日は出勤する事。させる事。ず~と一緒にいたいならKTVの方が緩いと思いますよ・・・


KTVは日本のPPと同じですから、基本的に斡旋をしてるお店は少ないです。KTVの指名は店内だけですから、次の日に休もうが関係ありません。


ただし女の子はずる休みになりますから、ペナルティがあります。ペナルティは微々たるものです。そこをペイしてあげてください。
エドコンで払うお金よりはるかに安くつきます。


1つだけ、KTVの問題点はあくまで自由恋愛となりますので、女の子の気持ちをきちんと自分に向かせないとダメです。お金で買う的な感覚だと無理だと思われます。


もちろん、それが目当ての子も多少なりともいます。紳士的振る舞いで、身体が目当てと悟られずに口説きましょう(笑)


そうすれば、お金もかからずに滞在中はずっと一緒に居てくれますよ。いろいろな姫とやりたい方には不向きな遊び方ですが・・・


自分は一人の女の子と長く一緒にいるのが好きなので問題ありません。


長文かつ稚拙な文章ですみません。そしてお役にたつかわかりませんが。



kenji様、ありがとうございました。
そうですね。KTVが比較的ユルめなのは同感です。


以前マニラに同行アテンドした友人が、エアフォース・ワンの尾根遺産に気にいられ、尾根遺産は彼の滞在中毎日、出勤前に彼の部屋に来てました。


このパターンだとペナはないのですが、バレていたら同様なんでしょうね。


泊まっていたエルミタとパラニャーケは遠いから助かったのかもしれません。

フィリピンのトピックは他のブログにお任せ状態だったので、先月下旬にマニラの名所【LAカフェ】(画像)が当局のガサ入れで営業停止になったことを、コメントいただくまで知りませんでした。不覚、、、


LAcafe3

私の初LAカフェは2003年のこと。当時はまだ、ファランが客層の主流でした。


フランス人と「ジダンとアンリはどちらが凄い選手か?」なんて語り合ったのが懐かしいです。

徐々に邦人のシェアが高まり、そして数年前からは韓国シェアが圧倒的になっていたと聞きます。


ミス・ユニバーサルにしても2004年あたりから、韓国人の団体がバスを連ねて来るようになり、セブ島は「英語留学」と称して遊び呆けている韓国人の若者で溢れています。


かつての日本人の姿は、ここ数年すっかり韓国人にとって代わられた感があります。


誤解のないようお断りしておきますが、私は決して差別論者ではありませんし、それどころか韓国男性を日本男児も見習うべきだとさえ思っています。


ただエドコンに入り浸りだった頃、娘たちから散々韓国人客の悪評を聞いていたので、それを思い出してしまいました。


殴られて鼻を骨折したとか、ホテルに行ったら大勢待ち構えていてマワされたとか。


何度かGOGO娘たちの住まい(数名で同居していることが多い)にもお邪魔しましたが、彼女たちの話題は当然のことながら、「昨日のお客はこうだった」とかになりますから。


GOGOの娘たちには『拒否権』があって、客の連れ出しに応じなくても良いのです。


だからお客が韓国人とわかるとペイバー(連れ出し)拒否をする娘が続出し、その結果、笑い話のようですが「日本人」を名乗る韓国人までいたのです。


話題を戻しましょう。


前にも書きましたが、ゲイランの道待娘は絶滅の危機に瀕しています。最盛期のゲイランに行かなかったことが、私は未だに残念でなりません。


ソウルの長安洞の床屋・トキバスなども以前の姿を取り戻すことはないでしょう。


無くなってから「行っておけばよかった」なんて後悔しないよう。


あるうちに 一度は行けよ 世界遺産

このページのトップヘ