アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

セブ/マクタン島には何軒かビキニバーがありますけど、そのうち日本人経営のお店は『アジアン王』で散々紹介されていますから、今さら私がレポするまでもないでしょう。


そこでタクシーに「◎◎」と「☆☆」以外のビキニバーに行ってくれ! とリクエスト。


cebu-2658246_640

到着した1軒目は、夜だからよく見えないものの、相当に年季の入った風情の建物。


おそるおそる扉を開けたら、、、、、お客はゼロ。

扉付近に座っていたフィリピーナに、飛びつかれてしまいました。


腕にしがみついてきたものの、バストがあまりに貧弱で(涙

「こりゃ、明らかにハズレだな」とは思いましたが、それでも 「レポしなければ!」 という使命感で?促されるまま、小さなステージの真ん前に着席。

当然誰ひとり踊ってなんかいません。


しがみついてくる尾根遺産以外のスタッフは、ドヒマだからでしょう、私の登場にも全く関心がないようで、尾根遺産たちの控え室で化粧しているのが丸見えだし、ボーイは地蔵のように座ったまま動こうともしません。


飲み物のオーダーもしないうちから『ねぇ、VIPルームに行きましょ?』とのお誘い。

いくら客が珍しくても、それは焦り過ぎだろうに。。。。


「別冊:夜の歩き方 セブ島&マニラ」にマクタン島のビキニバーはどこでも、VIPルームで×××が可能だと運転手が言ってた、とあります。


そうそう、「別冊:夜の歩き方」には、モノ申したいこともいくつかあるのですが、、、
他人様の批判は自粛すると宣言しておりますので、割愛します。


とりあえず、100Pのサンミゲル・ライトを注文し、尾根遺産からの聞き取り調査スタート。レディース・ドリンクは250P。VIPルームの使用料は1,200P。

稼働している尾根遺産は6名。

・今日はお客がいない(平日)が、週末はにぎやかだ。 (←自己申告です)

・ローカル以外に、韓国人客はけっこう来店する。

・ステージには順番に、ひとりづつ踊るが、要望があれば、全員をステージに並ばせて選べる。


以上の情報を聞き出している間にも「VIPルームで×××しましょ?」のお誘いが2度、3度。

サカリのついたネコじゃあるまいに。


過剰営業に閉口し、早々に退散しました。(つづきは次回)

今日はM様から頂戴しました、マニラ夜遊び情報です。

manila-2256321_640

マニラに行ってきたので、情報をフィードバックさせて頂きます。


①マカティ

ブルゴスは基本的には昼間しか行きませんでしたが、全体として寂しい雰囲気でした。

一番北側にある「Wow wow wow」という店は、日曜日は終日ハッピーアワーで、LD120、BF1,500でした。


ドン・ペドロ(注:既に閉店)は定点観測的に時間をずらして覗いたのですが、レベルはいまいちでした。


KTVは、土曜日の夜12時ごろに日本橋亭グループのUPSTAGEに行きましたが、客で一杯で盛り上がっていました。


ちなみに平日は、90分500Pですが、土日は食べ放題の食事付で90分1,000Pです。

DSCN1011


②置屋(CASA)

「オトコの夜遊びガイド」の地図を参考に、日曜日の15時頃、ヒル・プヤット通りの二差路からEに向かって歩きましたが、赤い扉は見つからず、きょろきょろしていたら、おじさんに呼び止められました。


扉が黒く塗られていたので気がつかなかったようです。


名刺をもらって中に入ると、中に10人くらいいましたが、年齢は高めでした。


金額を確認したところ、前と同じと言われたので、試しに2,000Pかと言ったところ、2,500Pだと言われました。

コミッションなしであれば、2,500Pまでは簡単に下がるようです。


その後、Cへ歩いて行きましたが、目標の建物についたものの、人がおらず入れなかったのですが、ようやく外から人が来て中に入れました。


人数は5人、値段は2,500Pとのことでした。

両方とも自力で行くのは無理だと思います。写真が大変参考になりました。


③マラテ

LAカフェは夕方4時頃行ったところ、かなり人数がいました。個人的には、昼間の方が明るくて見やすいので好きです。


日本橋亭グループのHANATABAというKTVに行ったのですが、落ち着いた雰囲気で女性のレベルも高く、気に入りました。


ステージでの生演奏もあるようなので、今度は遅めの時間に行ってみようと思います。料金は90分500Pでした。


ハイアットの前の日本橋亭のあるビルに、YOKOという高級店がオープンすると聞いたので行ってみたのですが、10月中旬までオープン延期でした。

manila-1703413_640

M様、こちらこそいつもありがとうございます。


アジア各地(今年だけで何ケ国目でしたっけ?)を飛び回られて、その精力的な活動ぶりには、ただただ感嘆するばかりです。

Eの赤色扉が黒くなっていたとは、、、ご足労をおかけしました。


LAカフェには私も先週、やはり午後4時前後に行きました。


あまり混雑していない、あのくらいの時間帯が私は好きで、今回は24歳、カビテから週2ペースで来ているという尾根遺産を釣り上げて楽しみました。


日本橋亭グループさん、さすがにキレイどころを揃えているようで。

YOKOは6月までにOPENと聞いていたんですが、延びてたんですね。


今回は磯仁様からいただいた、マニラ/エルミタのローカル・カラオケに関するレポートを。

manila-2791498_640

≪ KIMURA RESUTAURANT&KTV ≫
 
滞在中2日目、3日目と訪問しました。時間は共に夜8時半過ぎ。


場所はLAカフェからダイアモンドホテル方向へ向かって2,3軒先にあります。とても小さな入口(軒先)ですので、注意しないと見逃してしまいます。


ここは事前の下調べで訪れた方の評判が良かったのと、オーナーさんのブログを読んで、事前にここのオーナーさん(在フィリピンの日本人)にメールでいくつか問い合わせたところ、懇切丁寧に教えて下さったので、迷い無く訪問しました。


実はマニラ滞在中に時間を持て余したらどうしようと思い、こちらを考えていたのですが、当方にとってはぴったりでした。


こちらは比人向けのローカル・カラオケです。一階は主にフィリピン人向け、二階は日本人用と思いきや、一階が一杯なら二階にもフィリピン人が多く訪れます。


初日は安全の為ホテルからタクシーで訪問。LAカフェの近くで車が止まると早速人が群がって来ます。タクシーを降りてまっすぐここへ、そこでやっとポン引き達は諦めて踵を返します。


ガードマンに扉を開けてもらうと中から「いらっしゃいませー」の大合唱。中は薄暗く、でも、とても混んでます。迎えてくれた娘に導かれて二階へ。二階はソファ席です(一階はプラスティックのイス席)。


オーナーさんを呼んでもらいごあいさつ。60才を超えた優しい方です。


まずはご一献でビールで乾杯。女の子にショーアップしてもらい、二人選んで席に付いてもらいます。オーナーさんからのリクエストの娘も加わり、結局深夜まで飲んでしまいました。


ここの良いところは飲み物が安いのと、ひとつ注文する度にお客が伝票を確認、サインすることです。たくさん飲んでたくさん食べ、飲ませても、えっ?と言う位の金額で収まります。


帰りは強面の男性スタッフに同乗してもらい、ホテルまでタクシーで帰還です。とても明朗、安心、安全です。


ここが気に入った理由は、何と言っても女の子が擦れていない、この一点に尽きます。


当方、日本やフィリピンにていくつもの比パブ、カラオケに入ったこともありますが、多くの娘は擦れていて、その口のきき方や所作に少なからず不愉快な思いをしたことも多々ありました。

(逆にその中で擦れてない娘に当たった時ほどうれしいことはなかったですが。)


その点でここはお奨めです。ほとんどの娘は地方から出てきて初めての夜のお勤めがここで、話せるのはフィリピン語、またはビサヤ語等地方語、英語のみで日本語を話せる娘はごくごく少々です。

しかも日本語をしゃべる娘も擦れていない。昔フィリピン・パブで純情そうな娘に当たった頃の懐かしい思い出を甦らせてくれるところです。


翌日も訪問。二階は誰もいなかったので、満席だった一階に席を設けてもらい、昨日付いてくれた娘を呼んで飲みます。

回りは比人のグループだらけですが問題ありません。飲んでカラオケ歌って騒いでいるのを見るとこちらも元気になります。


時々後ろのピノイからちょっかい出されましたが、これもご愛嬌かと。また、一階は二階に比べて飲み物等割安でした。


結論として、女の子の連れ出し等一切無い健全なカラオケですが、お奨めです。特に日本人でしたら大歓迎されます。



*2011年の体験談です。

このページのトップヘ