アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

今回はブログの過去記事ではなく、「地球の遊び方」にかつて投稿したマニラ・マカティ地区の夜遊びレポートです。

DSCN1005

マニラに通い始めた頃に何度か訪れたブルゴスでしたが、数年ぶりに再訪してみました。

懐かしい通りの変遷を感じながら歩いてみようと、新宿ラーメン付近でタクシーを降りました。予想に反して、「変わってないなぁ」という印象でした。


歩き始めて間もなく、かなり美形の尾根遺産が近寄ってきました。

おっ!ベイ・カフェでもなかなか見つからないようなハイレベルです。

年齢は見た感じ22~24歳、以前はこのブルゴス界隈のGOGOで働いていたと。こんな美形が【道待娘】だとは。

言い値はP1,500、近くのラブホなら3時間でP380だそうですが、ホテル代は込みでいい、と。

おいしそうな尾根遺産が割安でいただけるなら、と気持ちがグラつきましたが、目的地が別にあったので後ろ髪を引かれながらバイバイ。


界隈をひとまわりし、ほとんどの店が健在?なことを確認。ひと気の少ないカラヤアン通りで一服していました。(喫煙派の私は、だからマカティが嫌いです。)

ふと見ると、遠くに色っぽい衣装の尾根遺産が数人。どうやらお客の見送りに出てきた様子。男性がタクシーで去ると、建物内に戻っていきました。

 「あれ?あんな所にお店があったっけ?」と行ってみたら、そこはL&Bというホテル。道理で気がつかなかったわけです。入口に派手なネオンもありませんし。


どんな遊び場なのか、探りを入れてみました。扉を開けるとすぐ、さっきの尾根遺産たちが立ち話していました。どうやら韓国系カラオケのようです。

店内にいたママさんに尋ねたら、1時間で個室料金がP400、娘を1名つけるのにP500だと。この他に酒代が必要です。

良心的な邦人向けカラオケより割高ですが、個室に行くということは、何らかのオプションは交渉次第かな、と推測しました。

 「ホテルにテイクアウトは出来るの?」と聞いたらNoとは言わず「それは娘と直接話して。でも閉店する午前3時以降よ。」という回答でした。


この夜はMPドン・ペドロが最終目的だったので、カラオケはパスして退店。

マニラにはまだまだ(私にとって)未知の遊び場もあまた存在するのでしょう。

DSCN1009

≪追記2019≫
もともと私はマカティよりマラテ・エルミタが肌に合ったんですね。おまけにスモーカーなので、マカティを投宿先にすることはごく稀でした。

「オトコの夜遊びガイド」シリーズはご出張者様向けなこともあって、ある意味「仕事だから仕方なく」マカティに調査に赴いていました。

投稿の最後に登場したMPパラシオ・ドン・ペドロにしても、パラニャーケのMPと比較するとレベルの劣化は歴然でしたし。

オトコの夜遊びガイド改訂に関連して、プエルトガレラについてはGOODニュースとBADニュースが。


朗報としては、バタンガスまでのアクセスが改善されたこと。高速道路の全線開通で、これまでの半分、1時間前後で行けるように。


残念なのは、ディスコ(GOGO)が昨年秋に一斉値上げし、バーファインP1,500、尾根遺産にP1,500、総額5割増しになってしまいました。


DSCN0773

マニラ風俗では、エスコートについても収録しました。

(現行版には収録しておりません)

現地携帯でのやりとり(会話&SMS)をするので、多少の英語力が必要になりますが、サイト内の画像には、美形フィリピーナが何人も!


なかにはショートで1万ペソ超の尾根遺産もいて、彼女らは現役モデルだとか。


画像だけでなく、プロフィールも載っていたので一部を紹介します。


Pretty Nursing student, she's 21 years old with a 5ft 5-1/2 inches in height,
light complexion and a very curvy 35-24-35 body figure.
She's hot and want to give a good time. F


Pretty HRM student from one of those well known Universities.
She's 20 years old stands at 5ft 2 inches with a curvy 34-25-34 body figure.
Light complexion. F


末尾のFはP6,000を意味します。EEならP5,500です。アルファベットで、Aから何番目か、ですね。

3サイズがcm表記ではないのが、ちょっとわかりづらいですね。


どうです? ソソられませんか?

前回の続きです。


セブ島のディスコで拾った、自称24歳のKちゃん。彼女もトレドの出身、2歳の娘がいます。


セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。


3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に、突如として音信不通に。


中絶を禁ずるカソリック、という側面もありますし、7ケ月目では、中絶したくても遅すぎます。


かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

bay-1785356_640


フィリピンでは特に、この類のジャピーノ・ストーリーが多いですよね。

最近はコリアンが大挙進出して、コリピーノ問題も増加していると聞きますが。


そんな仕打ちを受けているフィリピーナが大勢いる一方、英BBCの調査では今年も、世界で一番日本が好きなのはフィリピン人、という結果が。


ジャピーノ問題に関しては、いろいろ思うところもありますが、ブログの路線から外れてしまうので今回は割愛します。


セブ島では有名なラブホに到着。


ディスコではうるさくて、あまり話が出来なかったので、一戦交える前に上のような身の上話を聞き、話の流れで互いの気持ちが高まったまま戦闘開始。


Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。


特徴的だったのは、正常位でひとつになったあと。


ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。

太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。それは消えたその日本人に仕込まれたのか、、、


バックからの流れで、うつ伏せにさせて太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、
ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。

望み通り、その態勢のままFINISH。


事前交渉ではショートだったのに、戦闘終了後も、よもやま話は続きます。


初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、その話をすると、なんと言いますか、尾根遺産のハードルがグッと下がる気がするんですね。


Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって私に寄り添ってきます。


『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに、愚息がバスタオルを持ち上げ始めちゃいました。


ご存じのように、最近はペネグラやカマグラ等でドーピングしなくてもFINISHできるようになった私ですが、ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。


しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの口元がウフッと動いた気が。


『ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?』

『いや、でも、、、コンちゃんは1ケしか持って来なかったから。』
(セブのラブホにコンちゃんの備え付けはありません)


『・・・・・』


返事のないまま、Kちゃんは私のバスタオルを捲りあげてF開始。


ウッ、、、ウマいじゃないか!


『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』


『・・・・・』


無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。。。

このページのトップヘ