アジアの尾根遺産【フィリピン分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、フィリピン関連記事だけを移転させました。

今回の記事、舞台はセブ島。「反省をこめて」転載後に今の所感を。2011年11月、私自身の体験です。

 

◎釣り上げたフィリピーナは

セブ島のディスコで拾った、24歳のKちゃん。トレドの出身、2歳の娘がいます。


セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。


3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に突如として音信不通に。


中絶を禁ずるカトリックですし、7ケ月目では中絶したくても遅すぎます。

かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

◎謎の?体位

セブ島では有名なラブホに到着。


ディスコはうるさく、あまり話せなかったので、一戦交える前に上のような身の上話を聞き、互いの感情が高ぶったまま戦闘開始。


Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。


正常位でひとつになったあと。ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。


太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。消えたその日本人に仕込まれたのか、、、


バックからの流れでうつ伏せにさせて、太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。


望み通り、その態勢のままFINISH。

 

◎まさか、の展開が

事前交渉ではショートだったのに戦闘終了後も、よもやま話は続きます。


初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、その話をしたあとはなんと言いますか、ハードルがグッと下がる気がします。


Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって私に寄り添ってきます。


『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』

なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに愚息がバスタオルを持ち上げ始めました。


最近はドーピングしなくてもFINISHできるようになった私ですが、ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。


しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの口元が ウフッ と動いた気が。


ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?

『いや、でもゴムは1ケしか持って来なかったから。』(セブのラブホにゴムの備え付けはありません)

・・・・・


返事のないまま、Kちゃんはバスタオルを捲りあげてF開始。
ウッ、、、ウマいじゃないか!


『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』


・・・・・


無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。

 philippines-2258606_640

◎今、ふりかえって

その後ずいぶん経ってから受けた検査でもHIVは陰性だったから、私はいいのですが。


もしかしたらKちゃんはもう一人、こんな私のDNAを受け継ぐ子を抱えて生活に四苦八苦しているかもしれません。


実は昨年、とてもお世話になった方から「HIVの陽性反応が出た」と聞きました。


メディアで読んだだけの「知識」と、実際に身の回りで起きた「現実」とでは申すまでもなく、インパクトが違います。


上のような記事を書いて、結果として読者の皆さんをそそのかしたわけで、そこは深く、深く反省しております。

前回に続き、磯仁様のアンヘレス体験談です。メインエリア以外の界隈を探索してみたら、思わぬ拾いものが・・・

 

◎プリメタ界隈のBARは格安

この界隈は大体がお昼頃から営業を始め、早いお店では何と夜8時に閉店だそう。

平日の昼過ぎに試しにこの界隈をホッピング。


ほとんどのBARではお客の飲み物がサンミゲルライトなら60ペソ又は80ペソと、フィールズ界隈に比べて激安でした。


一本飲んではチェックして、次のBARへと順に覗いて行きます。やはり同好の士も多いようで、先程のBARで見かけたお客が今度は次のBARに現れて、ということもしばしば。

◎54BAR

まだお昼過ぎながら、中央のステージでは10数名の娘がダンス中。横に付いたウェイトレスからさかんにペイバーを勧められます。2,200ペソ。


皆さん若く、ステージからアピールしてくる娘も多いのですが、如何せん、美形な娘はお腹がぽこんと出ていたり、逆にすらりとしたモデルのような体型の娘はお顔が

少々残念だったりと、なかなか選択が難しい状況。

結局、ナース服みたいな服を着ていた呼び込みの美形の娘をからかっただけで退店。

 

◎三軒茶屋?1軒目

Angeles-bar


写真右の「GARFIELDS LAST STAND」という店を小路に入った奥の二軒が、巷で言う三軒茶屋というお店らしいです。


どちらもオーナーは一緒だそう(正確には写真左の青い店も同オーナーだそう)。

その青いお店の前を通った際に、お店の前に居た若いお兄さんが奥にある2軒を勧めてくれたので出掛けた次第。


角を曲がったところで、店先の空き地の屋台にいた娘がこちらを見つけるや、何故か歓声を上げて走って来るとそのまま抱き付いて来て、無理矢理当方の腕を掴みながら手前の店へと引きずり込まれてしまいました。


お店の中は明るく、お客は他に誰も居らず。

娘も僅か4,5人だけ・・・というよりも年増のお姉さん方で、まるでサリサリの店番のオバサンがそのままお店の中にいる感じです。


唯一若そうでまともだったのがこの娘。ぴったりと横に座ると早速飲み物のおねだり。軽くお断りすると今度は上に行こうとのお誘い。


フェラは極上だと言いますが・・・明るい店内で見る娘の顔は、愛嬌はあるものの何とも地味で・・・。


すると娘はこちらのシャツに手を入れて乳首を摘んでグリグリしたり、ズボンの上からまさぐったりと仕掛けて来ます。


ちなみにお値段はショートで1,600ペソだそう。

しかし他も見たかったので、ここでチェックしてすぐに隣のお店へ。

 

◎三軒茶屋?2軒目

隣りのお店も同様に入った右側が小さなステージになっていて、ちょうど娘が3人ダンス中。


青色のボディコンを着ていて、皆さん先程のお店よりは若くてお顔もスタイルもイケています。


先客はファランが一人。取り敢えず飲み物を頼んでいると、奥から年老いたファランが出てきます。


すぐその後ろを付いて出て来た娘、このお店の中ではなかなかの容姿。お顔もスタイルもかなりイケてます。


娘はお客を見送ると、カウンターの中で早速うがいと歯磨き。うーん、どうやら先客のものを召し上がられたようで・・・残念。


他のお客が来たのを幸いにチェック。ビールは僅か60ペソでした。

 

◎三軒茶屋?3軒目

その足で2軒を紹介してくれたお店に戻ります。


中へ入ると、中央に大きなステージがある立派な店でしたが、ダンサーは僅か二人だけ。取り敢えずビールを頼みます。


するとダンサーの一人が「貴方が今日最初のお客だから、口開けに皆にドリンクを奢れ」とほざきますが、ダンサー二人の他にお兄さんが一人、さらにウェイトレスが4,5人って・・・。


取り敢えずリング・ザ・ベルは遠慮してビールが来るのを待ちます。

ビールを運んで来た娘の顔を見ておおっ、と思います。なかなかの好み、但し太目、それもかなり・・・・が、そのお顔が余りにも好みだったので、取り敢えず手を取って横に座らせます。


聞けばここでウェイトレスとして働き始めてまだ一週間だそう。

お年は27才だそうですが、フィリピーナは皆さん結構年よりも若く見えますね。


で、試しに聞いて見ると、何とこの娘は値段を知らず、ダンサー娘に聞いていました。ここはショートで1,800ペソだそう。

 

◎望外の名器!

それならとO.Kして、「このお店にヤリ部屋はあるのか?」と聞くと別のダンサー娘が「ある」と言って、その娘に教えています。


その娘の先導で部屋へ・・・って、何と建屋の奥を進んで行くと、先程の三軒茶屋のお店と中で繋がっているじゃありませんか!


一番奥の店に出て、階段を上がって2階へ。ヤリ部屋というよりも、ただの空き部屋でした。


娘とお互い顔を見合わせて、「ここでするの?」という感じでしたが、部屋の中には古びたソファが二つと、一応水浴び場のようなところもあったので、ここですることに。


お互い服を脱いで、そこだけ水で流しますが、気付くと石鹸は無いしタオルも無し。一体先客はどうしていたのか???取り敢えず水で洗って、持参のハンカチで拭いてからソファに座ります。


娘に「ちゃんと洗った?」と聞かれ頷くと、娘はさっそく目の前にしゃがんでそれをぱっくりと咥えてくれます。


ゆっくりと、それをいつくしむかのような上下動。同時にこちらも娘のたわわな胸を弄ります。


充分になったところで娘の顔を導いて乳首舐めをして貰います。

その間、持参のもので準備をして、まずは娘にソファに仰向けに寝てもらい、こちらが上になってゆっくりと中へ。


中は既に潤っていて、熱くて気持ち良く、こちらがゆっくりと前後するのに合わせて襞がぎゅっと包んで絡み付いて来る感じ。


これは!


すぐにこちらも気持ち良くなってしまいます。


何度かの抽送を繰り返しただけで、根元にむず痒さを感じたと思ったら、あっという間に絶頂に達してしまいました!


こちらのドクッドクッという律動に合わせるように、娘も腰を前後に打ち付けてきます!いやあ、気持ち良かった!


かなり太目ながらあそこは物凄い名器でした。


しばらく余韻に耽った後で、再度お互い交代で水道の水でシャワー。簡単に清めてから着替えてバイバイです。


再び迷路のような道を通って外へ出ます。外はまだ明るく、強い日差しが斜めから降り注いでいます。


こうやってお手軽に遊べるのもアンヘレスの魅力なのでしょうか。

今回の磯仁様レポートはアンヘレス。定番のGOGOだけがヌキ処ではないようで。

 

◎ぶらりと立ち寄った店で

午前中にする事も無いのでマッサージでもと思い入店。

マッカーサー・ハイウェイ側からウォーキングストリートに入って、すぐ右手にあるマッサージ屋。店構えからしてまずまずまともだったので。


受付カウンターにはオバサンが一人、横にマッサージ嬢と思しき25才程の娘が一人。

ウェルカムで迎えられ、メニュー表を見ながらオバサンの説明を聞き、取り敢えずボディマッサージ1Hを選択、料金は400ペソでした。

そこにいたマッサージ嬢が担当らしく、すぐに左側のマッサージ室に案内されます。

入りがけにオバサンが「ハッピーになるよ」って???

 

◎隣の客は

部屋はマッサージ台が並んでおり、カーテンで仕切るタイプの狭いスペースでした。

どうやら先客が隣にいるようで、何やら音楽がガンガン鳴っていましたが、その担当のマッサージ嬢とお客が英語で話しているのが丸聞こえです。どうやらファランのようです。


さて、着替えも渡されないので服を脱いでパンツ一丁になっていると娘が登場、うつ伏せから施術を開始します。

ゆっくりと揉んでもらっていると、ふと隣りの会話が止んでしーんとした後、しばらくしてお互いがフフフッと笑っている・・・って何なんだ??と思いながらもマッサージに集中。


歩き疲れていた為か、やっぱりマッサージは気持ち良いな・・と半ば夢うつつの頃、どうやらお隣さんは施術が終わったようで、と同時に音楽も鳴り止みます。

どうやらスマホで音楽を鳴らしていたようです。お隣りがいなくなると途端に静寂に包まれます。

 

◎いきなりの襲来

と、ここで別の尾根遺産が部屋に入ってくるや、担当のマッサージ嬢と何やら話すといきなり、当方のパンツをズリ下げあそこを掴みシゴき始めるじゃないですか!

そして日本語で「ちん☆ん食べる!」だって!


こちらはうつ伏せでしたので何がなんだか・・・するとその娘は「キャハハハー」と雄たけびをあげながら部屋を出て行きましたよ。

今のは一体何だったんだ?と思っていると、マッサージ嬢が「今度は仰向けになって」と。


そう言いながら嬢はそこを指差してさっそくオプションの提示。あらら、真面目なマッサージだと思っていたのに。

受付のオバサンの言った意味が判りました。どうやらここはその手のお店だったようで・・・まあ嫌いじゃないですが。

 angeles-massage

◎値段交渉

さて娘、こちらが「いくらなの?」と聞くとHJで1,000ペソだそう。

「えーっ、高い!」と思わず言って「口ならいくら?」と聞くと、「自分は出来ない」と。

だってさっきちん☆ん食べるっていったじゃない?と返すと娘、「あれは別の娘」と言いながらその娘を呼びだします。


で、やって来た娘、お顔がエロくて真っ赤に塗った口紅がいかにも、という好きそうな顔!そして言い値が何と「3,000ペソ」だって!

高い!


ついでに聞いてみると☆番なら5,000ペソとこれまたビックリ!

「そこらのBARでも2,500ペソで全部出来るよ」と言うも娘は「BARの娘とは違う!」だって。

よって口と本番は却下して、エロい唇の娘には退出して貰います。


で、こちらのマッサージ嬢、「どうする?」と言うので「要らない」と言うも、「もうこんなじゃない!」と先っぽから先走り汁が出ているのを指差します。

うーん、見透かされちゃいました。


そこで再交渉の結果、娘から「マッサージ代込みで1,000ペソオンリー」との提示で了承。先客のファランもこれだったのですね。

 

◎そしてフィニッシュへ

話が決まると早速娘はオイルをそこに塗りたくってシゴき始めます。

ならばとこちらも嬢へのボディタッチを試みますが、嬢も心得ているのか、こちらの腰に近いところにいるのでどうにも触れません。


そうこうしているうちに嬢の手の動きが早くなってあっけなくフィニッシュ。嬢は最後の律動が終わるまでゆっくりと上下動を繰り返してくれます。まあこれはこれで気持ち良かったです。


終えた後はタオルで丁寧に拭ってくれました。これにてマッサージは終了。受付にて1,000ペソ支払ってお店を後にします。

見ると先程のエロ娘の他にもう一人若い娘が。ここに住んでいるのか?娘はパジャマ姿でした。


三人ともちょっとブサイクではありましたが、昼間に抜きたい向きには手頃かとも思います。

薄手のカーテン一枚の仕切りだけで、向こうのお客に気を遣いながらの行為もなんだか淫靡な楽しさを感じるかも知れません。

 

◎管理人の補足

ちん☆ん食べる!はフィリピンでよく耳にするんですが、アレを聞くと私は萎えるんですよねぇ~日本人スレの象徴のように思えて。


他の東南アジア各地の夜遊びスポットで聞いたこと、ないんですがバンコクあたりならあるんでしょうか。

≪mas様のコメント≫
すみません。
 「チンチン食べる!」この言葉をアンヘレスで最初に教えた本人ですw


2010年1月~行くバー全てで日本語で「こんにちは」をこう言うんだ、そしたら日本人は喜ぶからと言いまくりました。


その後、数年間それを言い続けたらあっという間にこの日本語がアンヘレスに広まりました。


ウソのようなほんとの話です。証人は私の友人しかいませんけど。

磯仁様 申し訳ありませんでした。w


≪管理人の返信≫
mas様、コメントありがとうございます。


「チンチン食べる」はもう20世紀の終わり頃にはマニラで広がっていたように思いますが、アンヘでは知られていなかったんですかね。


≪mas様の再コメント≫
そうでしたか。
もしマニラで広がっていたのでしたら私と同じ発想の人がいたんですねw


私は1998年に初めてアンヘレスとマニラ(EDSA)に行きました。
(ちなみにマニラでも日本語は通じませんでした)

アンヘレスは現在のように東洋人は居りませんでした。

バーで見かけることもほとんどありませんでしたね。

欧米人、オーストラリアンばっかり。
懐かしいですね。


≪管理人の返信≫
そうですか、もうアンヘ歴が20年にもなるのですね!


私の初アンヘは2004年でしたが、まだ当時でもアンヘは退役白人が昼間から飲んでいる田舎街、という印象でした。


その頃はLAカフェでもまだ、東洋人は少数派でしたよね。
韓国人が多数、押しかけてくるようになってからマニラの様相も変わったように感じます。

このページのトップヘ